○黒部市戸籍事務取扱規程

平成18年3月31日

黒部市訓令第40号

本庁

出先機関

(趣旨)

第1条 この訓令は、黒部市における戸籍に関する事務の取扱いについて、戸籍法(昭和22年法律第224号。以下「法」という。)、戸籍法施行規則(昭和22年司法省令第94号)及び戸籍事務取扱準則(平成15年富山地方法務局長訓令第3号)に定めがあるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(本庁及び連絡所においての取扱事務)

第2条 戸籍の届出については、市民生活部市民環境課(以下「本庁舎」という。)及び総務企画部市民サービス課(以下「宇奈月市民サービスセンター」という。)で取り扱うものとする。

(平27訓令16・一部改正)

第3条 法第120条第1項に規定する証明その他戸籍に係る証明(以下「戸籍に係る証明等」という。)の交付は、本庁舎及び宇奈月市民サービスセンター並びに生地連絡所、石田連絡所、東布施連絡所及び中央公民館(以下「連絡所等」という。)において行うものとする。ただし、公用の請求に関する戸籍に係る証明等の交付については、本庁舎及び宇奈月市民サービスセンターにおいて行うものとする。

(平20訓令7・平27訓令16・一部改正)

第4条 専用端末機による戸籍に係る証明等の交付及び暗証番号に関する申請等については、本庁舎で取り扱うものとする。

(平27訓令2・追加、平27訓令16・一部改正)

(ファクシミリ装置による事務処理)

第5条 宇奈月市民サービスセンターで戸籍の届書が提出されたときは、宇奈月市民サービスセンターにおいて調査、照合のうえ受理し、戸籍の届書をファクシミリ装置により本庁舎へ送信し、本庁舎で受付帳に記載するものとする。

2 前項の規定により戸籍の届書が受理されたとき、宇奈月市民サービスセンターで戸籍の届書に受付年月日を記載し、速やかに書類送達票とともに本庁舎へ送付するものとする。本庁舎は、送付された戸籍の届書に受付番号を記載するものとする。

3 連絡所等に戸籍に係る証明等の交付申請書(以下「交付申請書」という。)が提出されたときは、交付申請書をファクシミリ装置により本庁舎又は宇奈月市民サービスセンターへ送信し、本庁舎又は宇奈月市民サービスセンターからファクシミリ装置により送信を受けた当該申請に係る書類に認証印又は証明印を押印して交付するものとする。

4 宇奈月市民サービスセンター及び連絡所等は、前項の規定による戸籍に係る証明等の交付件数及び手数料額を取りまとめ、翌月の5日まで市民生活部市民環境課長へ報告しなければならない。

(平27訓令2・旧第4条繰下、平27訓令16・一部改正)

(帳簿等の保管及び保存)

第6条 第1条に掲げる法令等で規定する帳簿及び書類綴りは、本庁舎において保管及び保存するものとする。

(平27訓令2・旧第5条繰下、平27訓令16・一部改正)

(帳簿等の廃棄)

第7条 戸籍に関する文書の廃棄は、本庁舎において行うものとする。

(平27訓令2・旧第6条繰下、平27訓令16・一部改正)

(他の官公署への報告)

第8条 市が他の官公署に対して行う報告、申請等は、本庁舎において行うものとする。

(平27訓令2・旧第7条繰下、平27訓令16・一部改正)

附 則

この訓令は、平成18年3月31日から施行する。

附 則(平成20年4月30日訓令第7号)

この訓令は、平成20年5月1日から施行する。

附 則(平成27年2月27日訓令第2号)

この訓令は、平成27年3月1日から施行する。

附 則(平成27年9月17日訓令第16号)

この訓令は、平成27年10月13日から施行する。

黒部市戸籍事務取扱規程

平成18年3月31日 訓令第40号

(平成27年10月13日施行)

体系情報
第8編 民/第1章 住民・印鑑
沿革情報
平成18年3月31日 訓令第40号
平成20年4月30日 訓令第7号
平成27年2月27日 訓令第2号
平成27年9月17日 訓令第16号