○黒部市印鑑条例施行規則

平成18年3月31日

黒部市規則第38号

(趣旨)

第1条 この規則は、黒部市印鑑条例(平成18年黒部市条例第82号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(印鑑登録申請書等)

第2条 条例第3条の規定による印鑑登録の申請は、印鑑登録申請書(様式第1号)によってするものとする。

(登録申請の確認の照会書等)

第3条 条例第4条第2項の規定による照会は、照会書(様式第2号)によってするものとし、その回答書の様式は、様式第3号とする。

(回答書の提出期間)

第4条 条例第4条第2項に規定する規則で定める期間は、照会書の発送の日から起算して30日以内とする。

(免許証等の要件)

第5条 条例第4条第3項第1号に規定する官公署の発行した免許証、許可書又は身分証明書は、写真が貼布されており、かつ、次の要件を備えたものとする。

(1) 写真に浮出プレス又は職印若しくは割印による契印があること。

(2) 発行後5年以内であること。

(登録申請者の保証)

第6条 条例第4条第3項第2号に規定する本人であることの保証は、印鑑登録申請書の保証書欄にするものとする。

2 前項の保証書に押印する印鑑は、登録を受けている印鑑でなければならない。この場合において、当該印鑑が本市以外で登録されているものであるときは、発行後3月以内の印鑑登録証明書又は印鑑証明書を添えなければならない。

(印鑑登録証明の特例)

第7条 条例第13条第2項に規定する印鑑登録証明書は、登録している印鑑を提出させ、印鑑登録原票に登録してある印影に相違ない旨を記載するほか、条例第13条第1項に規定する印鑑登録証明書に準じて作成するものとする。

(令3規則33・一部改正)

(印鑑登録原票)

第8条 条例第6条に規定する印鑑登録原票の様式は、様式第4号とする。

(印鑑登録証)

第9条 条例第7条に規定する印鑑登録証の様式は、様式第5号とする。

(印鑑登録証再交付申請書等)

第10条 条例第8条に規定する印鑑登録証の再交付の申請は、印鑑登録証再交付申請書(様式第6号)によりするものとする。

(印鑑登録証亡失届)

第11条 条例第9条に規定する印鑑登録証亡失届の様式は、様式第6号とする。

(印鑑登録廃止申請書等)

第12条 条例第10条第1項に規定する印鑑登録廃止申請書及び同条第2項に規定する登録印鑑亡失届の様式は、様式第6号とする。

(印鑑登録証明書)

第13条 条例第11条第1項に規定する印鑑登録証明書の様式は、様式第7号とする。

(多機能端末機による印鑑登録証明書)

第14条 条例第12条に規定する印鑑登録証明書の様式は、様式第7号の2とする。

(令3規則33・追加)

(印鑑登録証明書交付申請書)

第15条 条例第11条第1項に規定する印鑑登録証明書交付申請書の様式は、様式第8号とする。

(令3規則33・旧第14条繰下)

(登録番号の変更通知書)

第16条 条例第15条に規定する登録番号の変更の通知は、印鑑登録番号変更通知書(様式第9号)によりするものとする。

(令3規則33・旧第15条繰下・一部改正)

(印鑑登録の抹消通知書)

第17条 条例第16条に規定する印鑑登録抹消の通知は、印鑑登録抹消通知書(様式第10号)によりするものとする。

(令3規則33・旧第16条繰下・一部改正)

(文書の保存期間)

第18条 印鑑に関する文書の保存期間は、次のとおりとする。

(1) 抹消された印鑑登録原票 5年

(2) 抹消された印鑑登録原票を除く書類 2年

(平27規則15・旧第17条繰下、令3規則33・旧第20条繰上・旧第17条繰下)

(その他)

第19条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

(平27規則15・旧第18条繰下、令3規則33・旧第21条繰上・旧第18条繰下)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の黒部市印鑑条例施行規則(昭和53年黒部市規則第11号)又は宇奈月町印鑑条例施行規則(昭和59年宇奈月町規則第2号)の規定により登録を受けている印鑑に係る印鑑登録原票、印鑑登録票、印鑑登録証及び印鑑登録手帳については、なおその効力を有する。

(平成24年7月9日規則第19号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成27年2月27日規則第15号)

この規則は、平成27年3月1日から施行する。

(令和元年10月15日規則第32号)

1 この規則は、令和元年11月5日から施行する。

2 この規則の施行の際、改正前の黒部市印鑑条例施行規則様式第1号、様式第4号、様式第6号及び様式第7号による用紙で現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができるものとする。

(令和3年3月31日規則第14号)

(施行期日)

1 この規則は、令和3年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正前のそれぞれの規則に定める様式による用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

(令和3年12月21日規則第33号)

この規則は、公布の日から施行する。ただし、第2条の規定は、令和4年3月1日から施行する。

(令元規則32・全改、令3規則14・一部改正)

画像

(令3規則14・一部改正)

画像

画像

(令元規則32・全改、令3規則33・一部改正)

画像

画像

(令元規則32・全改、令3規則14・一部改正)

画像

(令元規則32・全改)

画像

(令3規則33・追加)

画像

(令3規則33・一部改正)

画像

(令3規則33・一部改正)

画像

(令3規則33・一部改正)

画像

黒部市印鑑条例施行規則

平成18年3月31日 規則第38号

(令和4年3月1日施行)

体系情報
第8編 民/第1章 住民・印鑑
沿革情報
平成18年3月31日 規則第38号
平成24年7月9日 規則第19号
平成27年2月27日 規則第15号
令和元年10月15日 規則第32号
令和3年3月31日 規則第14号
令和3年12月21日 規則第33号