○黒部市高齢者及び身体障害者住宅整備資金貸付条例

平成18年3月31日

黒部市条例第100号

(目的)

第1条 この条例は、高齢者及び身体障害者(以下「高齢者等」という。)の快適な日常生活を営むための住宅整備に必要な資金(以下「資金」という。)の貸付けを行うことにより、高齢者等と家族との好ましい家族関係の維持に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 高齢者 満65歳以上の者

(2) 身体障害者 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定により身体障害者手帳の交付を受けた者で、身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5号に規定する障害の程度が1級から4級までの者及びこれに準ずる重度の障害がある者で、市長が認めた者

(貸付けの対象者)

第3条 資金の貸付けを受けることのできる者は、黒部市に住所を有する高齢者等又は高齢者等と同居する親族(以下「貸付対象者」という。)で、高齢者の専用居室等を整備することを真に必要とし、自力で整備を行うことが困難な者とする。

(貸付対象となる経費)

第4条 貸付けの対象となる経費は、貸付対象者が所有(貸付対象者の直系の尊属若しくは卑属又は配偶者が所有する住宅を含む。)し、かつ、居住する住宅について次に掲げる要件に該当する整備を行うために必要な経費とする。

(1) 高齢者等の専用居室の増築又は改築

(2) 手すりの取付け、段差の解消、便所、浴室等の改造その他高齢者等が日常生活を営むために快適性を確保するための設備の改造

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が認めた住宅の改造

(貸付金の額)

第5条 貸付金の額は、対象となった住宅1件につき200万円以内とし、住宅整備の種別ごとの貸付限度額は規則で定める。

(貸付けの条件)

第6条 資金の貸付けの条件は、規則の定めるところによる。

(貸付けの申請)

第7条 資金の貸付けを受けようとする者は、規則で定めるところにより、市長に申請しなければならない。

(貸付けの決定及び通知)

第8条 市長は、前条の申請があったときは、資金の貸付けの承認又は不承認及び貸付額を決定し、その結果を当該申請者に通知するものとする。

(工事の届出)

第9条 資金の貸付けの承認決定通知を受けた者は、増築、改築又は改造の工事に着手し、及び当該工事が完了したときは、その都度速やかに市長に届け出なければならない。

(資金の貸付け)

第10条 市長は、工事完了の届出があったときは、所定の検査を行い、貸付契約を締結し、資金を貸し付けるものとする。

(貸付決定の取消し等)

第11条 市長は、資金の貸付けを受けた者が、次の各号のいずれかに該当するときは、貸付承認決定を取り消し、又は貸付けを受けた資金の繰上償還をさせることができる。

(1) 詐欺その他不正の行為により貸付けを受けたとき。

(2) 故意に貸付けを受けた資金の償還を怠ったとき。

(3) 貸付けの目的を達成する見込みがないと認められるとき。

(償還方法の特例)

第12条 資金の貸付けを受けた者が、災害その他やむを得ない事情のため、貸付けを受けた資金の償還又は利子の支払が著しく困難になったと認められるときは、市長は、貸付けを受けた資金の償還又は利子の支払についての条件を変更することができる。

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の黒部市高齢者及び身体障害者住宅整備資金の貸付けに関する条例(平成6年黒部市条例第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

黒部市高齢者及び身体障害者住宅整備資金貸付条例

平成18年3月31日 条例第100号

(平成18年3月31日施行)