○黒部市心身障害者介護手当支給条例

平成18年3月31日

黒部市条例第108号

(目的)

第1条 この条例は、心身に障害のある者を介護する者に介護手当(以下「手当」という。)を支給し、その生活の安定と福祉の増進を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において「障害者」とは、黒部市に住所を有し、次の各号のいずれかに該当する者をいう。

(1) 身体障害者手帳の交付を受けた者で、身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5に掲げる障害程度が2級以上の者

(2) 富山県療育手帳交付要綱(昭和49年富山県告示第165号)に基づき富山県療育手帳の交付を受けた者

(3) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項の規定に基づき精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者で、障害程度が1級の者

2 この条例において「保護者」とは、配偶者、親権を行う者、後見人その他の者で障害者と生計を一にし、現に障害者を介護する者をいう。

(受給資格)

第3条 保護者は、この条例の定めるところにより手当の支給を受けることができる。

2 保護者は、手当の支給を受けようとするときは、市長に申請し、支給の決定を受けなければならない。

3 手当は、申請を受理した日の属する月から資格を失った日の属する月まで支給する。

(支給額及び支給方法)

第4条 手当の支給額は、障害者1人につき年額2万円とし、毎年9月及び3月に支給する。ただし、富山県療育手帳の交付を受けた者で、障害程度がBと判定された者は、年額5,000円とする。

(受給権の消滅)

第5条 障害者又は保護者が次の各号のいずれかに該当するときは、受給権は消滅する。

(1) 本市に住所を有しなくなったとき。

(2) 障害者が死亡したとき。

(3) 保護者が保護者でなくなったとき。

(4) 障害者が障害者でなくなったとき。

(支給の停止及び返還)

第6条 市長は、この条例の規定に違反する等手当を支給するに適しないと認めたときは手当の支給を停止し、及び詐欺その他不正の行為により手当の支給を受けたと認めたときは支給した手当の全部又は一部を返還をさせることができる。

(譲渡の禁止)

第7条 手当の支給を受ける権利は、これを譲渡し、又は担保に供することができない。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の黒部市心身障害者介護手当支給条例(昭和46年黒部市条例第21号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

黒部市心身障害者介護手当支給条例

平成18年3月31日 条例第108号

(平成18年3月31日施行)