○黒部市高額療養費資金貸付規則

平成18年3月31日

黒部市規則第75号

(目的)

第1条 この規則は、国民健康保険法(昭和33年法律第192号)及び社会保険各法に定める被保険者又は組合員の被扶養者が高額療養費の支給対象となる療養を受けた場合、療養に必要な資金(以下「資金」という。)を貸し付けることにより、被保険者又は被扶養者の療養を確保し、もって生活の安定と福祉の増進を図ることを目的とする。

(貸付対象)

第2条 資金の貸付けを受けることができる者は、黒部市に住所を有する者で、次に掲げる要件を充たすものとする。

(1) 高額療養費の支払が困難な世帯の世帯主又は組合員

(2) 市民税、国民健康保険税及びその他の市税を滞納していない者。ただし、特別の事情があると認められる者を除く。

(貸付金の額)

第3条 貸付金は、高額療養費に相当する額以内の額とする。

(貸付期間及び利子)

第4条 貸付期間は、原則として3月以内とし、当該期間中は、無利子とする。

(貸付金の申請手続)

第5条 資金の貸付けを受けようとする者は、高額療養費貸付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 被保険者証又は組合員証

(2) 医療機関が発行する診療報酬請求書

(高額療養費の受領委任)

第6条 資金の貸付けを受けようとする者は、高額療養費の受領に関する権限を市長に委任するものとし、次に掲げる書類を市長に提出しなければならない。

(1) 高額療養費代理受領委任状(様式第2号)

(2) 健康保険(国民健康保険)高額療養費支給申請書(様式第3号)

(貸付けの決定及び通知)

第7条 市長は、第5条の申請があったときは、直ちに審査を行い、貸付けの承認又は不承認を決定し、高額療養費貸付承認(不承認)通知書(様式第4号)により、当該申請者に通知するものとする。

(借用書の提出)

第8条 前条の規定により貸付けの決定通知を受けた者(以下「借受人」という。)は、貸付金を借り受けるときに、高額療養費貸付金借用書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

(貸付金の支払方法)

第9条 貸付金は、借受人の申出により、現金支払又は口座振替の方法により支払うものとする。

(貸付金の償還等)

第10条 市長は、借受人から委任を受けて高額療養費の支払を受けたときは、直ちに当該貸付金の償還に充てるものとする。

2 支払を受けた高額療養費の額が、貸付金の額に満たない場合、又は貸付金の額を超える場合は、その不足する金額又は超過する金額については、別途精算するものとする。

(借用書の返還)

第11条 市長は、貸付金の償還が完了したときは、借用書及び委任状を返還するものとする。

(その他)

第12条 この規則に定めるもののほか、資金の貸付けに関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の黒部市高額療養費資金貸付規則(昭和53年黒部市規則第4号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

画像

黒部市高額療養費資金貸付規則

平成18年3月31日 規則第75号

(平成18年3月31日施行)