○黒部市宮野墓地条例

平成18年3月31日

黒部市条例第115号

(趣旨)

第1条 この条例は、宮野墓地公園内の墓地の設置、管理及び使用に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 墓地の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 黒部市宮野墓地

(2) 位置 黒部市宮野地内及び栗寺地内

(使用許可)

第3条 黒部市宮野墓地(以下「墓地」という。)を使用しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

2 前項の許可には、墓地の管理上必要な条件を付すことができる。

(使用料)

第4条 前条の規定により墓地の使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)のうち、本市に住所を有する者の使用料は別表に定める額とし、本市に住所を有しない者の使用料は、当該額の130パーセント以内で規則で定める額とする。

2 使用料は、永代使用料とし、使用許可の際に全額を徴収する。

3 既納の使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の事由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(使用権の承継等)

第5条 墓地を使用する権利(以下「使用権」という。)は、相続人又は親族等で祖先の祭祀をつかさどる者に限り、市長の承認を受けてこれを承継することができる。

2 使用権は、前項に規定する者以外に転貸し、又は譲渡することができない。

(使用権の消滅)

第6条 次の各号のいずれかに該当するときは、使用権は消滅する。

(1) 使用者が死亡し、その相続人又は親族等で祖先の祭祀をつかさどる者がないとき。

(2) 使用者の住所が10年以上明らかでないとき。

2 市長は、前項の規定により使用権が消滅したときは、墳墓その他の設備を他の場所に改葬し、又は移転することができる。

(届出)

第7条 使用者は、住所、氏名等に変更を生じたときは、直ちに市長に届け出なければならない。

(使用許可の取消し)

第8条 市長は、使用者が次の各号のいずれかに該当したときは、使用許可を取り消すことができる。

(1) この条例に違反したとき。

(2) 詐欺その他不正の行為により使用許可を受けたとき。

(使用墓地の返還)

第9条 使用者は、墓地を使用する必要がなくなったとき又は前条の規定により使用の許可を取り消されたときは、当該墓地を原状に回復し、返還しなければならない。

2 市長は、使用者が前項の義務を履行しないときは、墓地を原状に回復し、その費用を使用者から徴収することができる。

(使用料の減免)

第10条 市長は、公益上その他特別の事由があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の黒部市宮野墓地条例(昭和59年黒部市条例第23号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

別表(第4条関係)

種別

面積

使用料

A型

12m2

480,000円

B型

9m2

360,000円

C型

6m2

240,000円

黒部市宮野墓地条例

平成18年3月31日 条例第115号

(平成18年3月31日施行)