○黒部市納骨堂条例

平成18年3月31日

黒部市条例第117号

(趣旨)

第1条 この条例は、納骨堂の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び設置)

第2条 納骨堂の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 黒部市納骨堂

(2) 位置 黒部市栗寺951番地1

(使用の許可)

第3条 黒部市納骨堂(以下「納骨堂」という。)に焼骨又は位牌を安置しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(拝観の承認)

第4条 黒部市納骨堂(以下「納骨堂」という。)を拝観しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(拝観の制限)

第5条 市長は、公益の維持管理上の必要及び施設保全に支障があると認めるときは、納骨堂の拝観を承認しないものとする。

(使用及び拝観者の義務)

第6条 第3条の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、市長が指示した事項に留意し、常に善良な使用者としての注意をもって使用しなければならない。

2 市長は、使用者及び第4条の規定により拝観の承認を受けた者(以下「拝観者」という。)が、この条例又はこの条例に基づく諸規定に違反したときは、許可若しくは承認を取り消し、若しくはその条件を変更し、又は退去を命ずることができる。

(使用権の承継)

第7条 納骨堂を使用する権利(以下「使用権」という。)は、相続人又は親族等で祖先の祭祀を主宰する者に限り、市長の承認を受けてこれを承継することができる。

(使用権の消滅)

第8条 次の各号のいずれかに該当するときは、使用権は消滅する。

(1) 使用者が死亡し、相続人又は親族若しくは縁故者等で祭祀を主宰する者がないとき。

(2) 使用者の住所が10年以上明らかでないとき。

(3) 使用者が使用を取り消したとき。

(使用権の譲渡禁止)

第9条 納骨堂の施設の使用権は、他人に転貸し、又は譲渡することができない。

(使用料の額)

第10条 永年使用料(以下「使用料」という。)は、別表に定める区分に従い、納入通知書により現金で使用者から徴収する。

2 既納の使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の事由があると認めるときは、その一部を還付することができる。

(平22条例6・一部改正)

(管理)

第11条 納骨堂は、常に良好な状態において管理し、その設置目的に応じて最も効率的に運用しなければならない。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の黒部市納骨堂条例(昭和44年黒部市条例第11号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成22年3月25日条例第6号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月17日条例第58号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第10条関係)

(平25条例58・全改)

使用区分

使用料

納骨堂

277,710円

分骨

15,420円

位牌1体

5,140円

黒部市納骨堂条例

平成18年3月31日 条例第117号

(平成26年4月1日施行)