○黒部市農村多目的広場条例

平成18年3月31日

黒部市条例第134号

(設置)

第1条 市民の健康増進を確保するとともに、主食である米に関する知識や理解を広め、農業と観光を有機的に結び生産者と消費者の交流を図るため多目的広場を設置する。

(名称及び位置)

第2条 多目的広場の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 黒部市農村多目的広場

(2) 位置 黒部市宇奈月町下立685番地

(行為の制限)

第3条 黒部市農村多目的広場(以下「多目的広場」という。)において、次に掲げる行為をしようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(1) 行商、出店その他これらに類する行為をすること。

(2) 興業を行うこと。

(3) 競技会、集会その他これらに類する催しのために、多目的広場の全部又は一部を利用すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が多目的広場の管理上必要があると認める行為をすること。

2 前項の許可を受けようとする者は、行為の目的、行為の期間、行為の内容その他市長の指示する事項を記載した申請書を市長に提出しなければならない。

3 市長は、第1項の許可の申請に係る行為が多目的広場の管理上支障を及ぼさないと認められる場合に限り、許可を与えることができる。

4 市長は、第1項の許可に多目的広場の管理上必要な条件を付することができる。

(行為の許可の取消し等)

第4条 市長は、前条による許可を受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは、その許可を取り消し、又はその利用を制限することができる。

(1) 詐欺その他不正の行為により前条の規定による許可を受けたことが判明したとき。

(2) 許可の条件に違反したとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が多目的広場の管理上特に支障があると認めたとき。

(行為の禁止)

第5条 多目的広場においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 多目的広場の施設、附属設備(以下「施設等」という。)を損傷し、又は汚損すること。

(2) 指定された場所以外の場所に車等を乗り入れ、又は停めておくこと。

(3) 広告物を設置し、又は提示すること。

(4) 土砂、ごみその他汚物を捨てること。

(5) 他の使用者に迷惑を及ぼす行為をすること。

(6) 土地の形質を変更すること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、市長が管理上、支障があると認めたこと。

(利用の禁止又は制限)

第6条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、区域を定めて、多目的広場の利用を禁止し、又は制限することができる。

(1) 多目的広場の損壊その他の理由によりその利用が危険であると認められる場合

(2) 多目的広場に関する工事のためやむを得ないと認められる場合

(損害賠償の義務)

第7条 多目的広場の利用者は、故意又は過失により施設等を損傷し、又は滅失したときは、直ちにこれを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(平21条例8・旧第9条繰上)

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、多目的広場の管理に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(平21条例8・旧第10条繰上)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の規定にかかわらず、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)における多目的広場の管理及び運営については、なお合併前の宇奈月町農村多目的広場設置及び管理に関する条例(平成7年宇奈月町条例第9号)又は宇奈月町農村多目的広場管理規則(平成7年宇奈月町規則第11号)(以下「合併前の条例又は規則」という。)の例による。

3 施行の日の前日までに、合併前の条例又は規則によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成21年3月25日条例第8号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

黒部市農村多目的広場条例

平成18年3月31日 条例第134号

(平成21年4月1日施行)