○黒部市林道管理規程

平成18年3月31日

黒部市告示第79号

(趣旨)

第1条 この規程は、黒部市林道の管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(管理の範囲)

第2条 市長は、別表第1に掲げる林道(以下「林道」という。)を管理する。

(維持又は修繕)

第3条 市長は、林道を常時良好な状態に保つよう維持し、又は修繕し、もって交通に支障のないよう努める。

(道路標識等の設置)

第4条 市長は、林道の構造の保全及び交通の安全を図るため、必要な場所に道路標識その他の標識を設置する。

(通行の禁止又は制限)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、林道の構造を保全し、又は交通の危険を防止するため、区間を定めて林道の通行を禁止し、又は制限することができる。この場合において、林道の起点その他必要な場所にその旨を掲示するものとする。

(1) 林道の破損、欠壊その他の理由により交通が危険であると認められるとき。

(2) 林道に関する工事のため、やむを得ないと認められるとき。

2 市長は、林道の保全を害するおそれがあると認められる車両に対しては、その通行を禁じ、又は積載物の軽減、徐行その他通行の方法について必要な措置をすることを命ずることができるものとする。

(禁止行為)

第6条 何人も林道において、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) みだりに林道を損傷し、又は汚損すること。

(2) みだりに林道に木材、土石等の物件を放置し、その他林道の構造又は交通に支障を及ぼすおそれのある行為をすること。

2 市長は、前項の規定に違反した者に対し、必要な措置を講ずべきことを命ずることができる。

(占用の許可)

第7条 林道に次の各号のいずれかに該当する工作物又は施設を設け、継続して林道を占用しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(1) 林産物又は土石の集積場又は積載施設

(2) 工事用施設又は工事用材料置場

(3) 電柱又は電線

(4) 用排水路又は水管

(5) 前各号に掲げる施設に類する施設

2 前項の許可を受けようとする者は、次に掲げる事項を記載した林道占用許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(1) 林道占用の目的

(2) 林道占用の場所

(3) 林道占用の期間

(4) 工作物、物件又は施設の構造

(5) 工事の実施方法

(6) 工事の時期

(7) 林道の復旧方法

3 市長は、前項の申請書の提出があったときは、林道の敷地外に余地がないためにやむを得ないものであり、かつ、前項第2号から第7号までに掲げる事項について、別表第2に定める基準に適合する場合に限り、占用の許可をするものとする。

4 市長は、占用を許可したときは、林道占用許可書(様式第2号)を交付するものとする。この場合において、市長は、管理上必要な条件を付することができる。

5 第1項の規定による許可を受けた者(以下「占用者」という。)は、第2項各号に掲げる事項を変更しようとする場合においては、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

(原状回復)

第8条 占用者は、占用の期間が満了した場合、又は林道の占用を廃止した場合においては、占用施設を除去し、林道を原状に回復しなければならない。

2 市長は、占用者に対し、前項の規定により原状に回復させることが不適正と認めるときは、その措置について必要な指示を行うものとする。

(損害賠償)

第9条 林道を使用した者が故意又は過失により林道を損傷したときは、これによって生じた損害を賠償しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の黒部市林道管理規程(昭和49年黒部市告示第29号)又は宇奈月町林道管理規程(昭和53年宇奈月町要綱第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

別表第1(第2条関係)

番号

路線名

区間

1

別又嘉例沢線

福平字桂谷338番から宇奈月町栃屋字水上谷1番35まで

2

田籾線

田籾字島屋敷1197番から田籾字骨ケ平129番まで

3

池尻線

池尻字山越891番3から池尻字松倉129番1まで

4

与茂谷線

福平字苗代1511番から福平字与茂谷166番まで

5

杉谷線

笠破826番から田籾字大谷150番1まで

6

釈迦堂尾山線

釈迦堂字山越26番から尾中字大沢20番まで

7

別所中山線

別所字中の沢145番から石田野字大平まで

8

尾山線

尾山字山田割168番から尾中字大谷1番17まで

9

吉城寺線

吉城寺字大谷989番から吉城寺字二ツ谷1275番まで

10

南別所線

尾山字森尾割219番から尾山字南別所56番まで

11

前沢線

前沢字南690番2から宮沢字東山680番2まで

12

嘉例沢線

嘉例沢1531番から嘉例沢字柳原1番2まで

13

福平池尻線

福平字カツラ谷338番1から池尻字柳谷124番24まで

14

福平線

福平字苗代1044番から福平字水出337番1まで

15

内生谷線

内生谷字平均947番から三ケ山字非人谷5番1まで

16

阿弥陀堂1号線

阿弥陀堂字角地8番から阿弥陀堂字小屋野谷1番2まで

17

阿弥陀堂2号線

阿弥陀堂字角地30番から阿弥陀堂字小屋野谷23番まで

18

柳沢線

朴谷字屋敷割136番5から柳沢字南大平288番まで

19

阿古屋野線

阿古屋野字白林119番から阿古屋野字白林680番まで

20

田籾大谷線

田籾字猿橋478番から田籾字大内谷149番7まで

21

嘉例沢2号線

嘉例沢字木殿木59番から嘉例沢字峰平3番32まで

22

別又僧ケ岳線

福平字マゲン谷他12番から宇奈月温泉字大原5731番まで

23

越道音沢線

宇奈月町舟見明日音澤字朴ノ木谷2番Aの内から宇奈月町舟見明日音澤字金山谷12番2の内まで

24

中谷線

宇奈月町明日700番から宇奈月町明日字上高工10番まで

25

下立嘉例沢線

宇奈月町下立字大平林103番から宇奈月町下立字角雲谷1番1まで

26

明日線

宇奈月町明日字五十地825番から宇奈月町明日字下高工5番まで

27

仁王堂線

宇奈月町下立字上角内3284番、3285番から宇奈月町下立字茅尾1番1まで

28

仁王堂3号線

宇奈月町下立字岩ノ谷1番1から宇奈月町下立字霧ケ谷2番まで

29

青岩線

宇奈月町下立字吉原1167番から宇奈月町下立字吉原谷1番まで

30

青岩2号線

宇奈月町下立字小坂下1646番から宇奈月町下立字角雲谷1番1まで

31

氷解線

宇奈月町浦山字氷解37番から宇奈月町下立字山伏平2番まで

32

寺蔵線

宇奈月町浦山字寺沢9番から宇奈月町浦山字八名谷5番4まで

33

黒巣線

宇奈月町内山字大坊748番から宇奈月町内山字大坊5番まで

34

東中谷線

宇奈月町明日東中谷670番から宇奈月町明日字東中谷4番まで

35

柳又線

宇奈月町明日字上高工6番から宇奈月町明日字上高工7番まで

36

仁王堂2号線

宇奈月町下立字小ケ谷から宇奈月町下立字岩野まで

37

氷解本線

宇奈月町浦山字氷解37番から宇奈月町浦山字寺蔵26番まで

38

栃屋裏坂線

宇奈月町栃屋字象ケ口416番から宇奈月町栃屋字客谷39番まで

39

土山線

宇奈月町明日字胡麻堂澤1番6から宇奈月町土山147番まで

40

下立金毘羅線

宇奈月町下立字丸山2番1から宇奈月町下立字丸山3番31まで

別表第2(第7条関係)

林道占用許可基準

(施設の占用の場所)

第1 占用施設を地上に設ける場合においては、その占用施設の位置は、側溝より又は路端よりとしなければならない。

2 林道が交差し、接続し、若しくは屈曲する場所又は既設の待避所には、占用施設を設けてはならない。ただし、電線については、この限りでない。

(橋りょうにおける占用の場所)

第2 電柱、用排水路、導水管又は下水道を橋りょうにとりつける場合においては、その占用施設の位置は、橋げたの両側又は橋床の下としなければならない。

(占用の期間)

第3 占用の期間は、規程第7条第1項第1号及び第2号に係るものについては、6箇月以内とし、第3号から第5号までに係るものについては、1箇年以内とする。占用の期間が満了した場合において、これを更新しようとする場合の期間についても、また同様とする。

(占用施設の構造)

第4 占用施設の構造は、林道の構造又は交通に及ぼす支障を除去するために必要な措置が講ぜられていなければならない。

2 橋りょうにとりつける占用施設の構造は、橋の強度に影響を与えないものでなければならない。

3 林道上の建築限界は、次の各号に掲げるところによらなければならない。

(1) 有効高は、4.5メートルとすること。

(2) 有効幅員は、その林道の既定幅員とすること。

(3) 片勾配箇所の建築限界は、その勾配に応じ傾斜させること。

(工事の実施方法)

第5 占用に関する工事の実施方法は、次の各号に掲げるところによらなければならない。

(1) 林道の維持及び交通に支障を及ぼさないように必要な措置を講ずること。

(2) 工事現場には、さく又はおおいを設け、その他林道の交通の危険防止のために必要な措置を講ずること。

(工事の時期)

第6 工事は、交通に著しく支障を及ぼさない時期に行うものでなければならない。

2 前項の場合において、林道を横断して掘削する工事その他林道の交通を遮断する工事については、交通量の最も少ない時間に行うものでなければならない。

(復旧方法)

第7 占用のため林道を掘削した場合における林道の復旧方法は、次に掲げるところによらなければならない。

(1) 掘削土砂をそのまま埋めもどす場合においては、確実にしめ固めること。

(2) 掘削土砂をそのまま埋めもどすことが不適当である場合においては、土砂の補充又は入替えを行った後埋めもどすこと。

(3) 砂利道の表面仕上げを行う場合においては、路面を砂利及び土をもって掘削前の路面形にしめ固めること。

画像

画像

黒部市林道管理規程

平成18年3月31日 告示第79号

(平成18年3月31日施行)