○黒部市宇奈月温泉スキー場条例

平成18年3月31日

黒部市条例第151号

(設置)

第1条 自然の中での健康増進及び市民のスポーツ及びレクリエーション活動を推進するとともに、観光の振興を図るため、スキー場を設置する。

(名称及び位置)

第2条 スキー場の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 黒部市宇奈月温泉スキー場

(2) 位置 黒部市宇奈月温泉字大原地内

(職員)

第3条 黒部市宇奈月温泉スキー場(以下「スキー場」という。)に場長及び必要な職員を置くことができる。

(供用期間並びに休場日及び利用時間)

第4条 スキー場の供用期間並びに休場日及び利用時間は、規則で定める。

(平24条例29・全改)

(使用料)

第5条 スキーリフト(3号リフトに限る。)の利用者は、別表に定める額の使用料を納めなければならない。

(平24条例29・旧第7条繰上・一部改正)

(使用料の徴収)

第6条 使用料は、利用前に市長の発行する利用券により徴収する。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(平24条例29・旧第8条繰上)

(使用料の減免)

第7条 市長は、特別の理由があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(平24条例29・旧第9条繰上)

(使用料の還付)

第8条 既納の使用料は、還付しない。ただし、利用者の責めに帰することができない理由により利用することができなくなったときは、この限りでない。

(平24条例29・旧第10条繰上)

(利用の禁止又は制限)

第9条 市長は、スキー場の損壊その他の理由により、その利用が危険であると認められる場合又は施設の工事のためやむを得ないと認められる場合においては、区域を定めてスキー場の利用を禁止し、又は制限することができる。

(平24条例29・旧第11条繰上)

(損害賠償の義務)

第10条 利用者は、故意又は過失によりスキー場の施設、附属設備及び備品を損傷し、又は滅失したときは、直ちにこれを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(平24条例29・旧第12条繰上)

(管理)

第11条 スキー場は、常に良好な状態において管理し、その設置目的に応じて最も効率的に運用しなければならない。

(平24条例29・旧第13条繰上)

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(平24条例29・旧第14条繰上)

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の宇奈月町宇奈月温泉スキー場設置及び管理に関する条例(平成7年宇奈月町条例第20号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年11月21日条例第35号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年9月24日条例第29号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年12月17日条例第66号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第5条関係)

(平25条例66・全改)

利用券種別

対象

金額

1日券

高校生以上

1,540円

中学生以下

1,020円

半日券

高校生以上

1,020円

中学生以下

510円

シーズン券

高校生以上

7,190円

中学生以下

4,110円

備考

1 利用券の通用期間は、1日券及び半日券にあっては、交付を受けた当日限りとし、シーズン券にあっては、交付を受けたスキーシーズン中とする。

2 半日券の利用時間は、利用開始時から午後1時まで又は正午から利用終了時までとする。

黒部市宇奈月温泉スキー場条例

平成18年3月31日 条例第151号

(平成26年4月1日施行)