○黒部市宇奈月温泉スキー場条例施行規則

平成18年3月31日

黒部市規則第108号

(趣旨)

第1条 この規則は、黒部市宇奈月温泉スキー場条例(平成18年黒部市条例第151号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(供用期間)

第2条 スキー場の供用期間は、市長が鉄道事業法(昭和61年法律第92号)第37条の規定により届け出た開始日から休止日までとする。

(平24規則24・追加)

(休場日及び利用時間)

第3条 スキー場の休場日は、毎週火曜日及び水曜日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日を除く。)とする。ただし、市長は、特に必要があると認めるときは、休場日以外の日に休場し、又は休場日に開場することができる。

2 スキー場の利用時間は、午前8時から午後5時までとする。ただし、スキーリフトの利用時間は、午前8時30分から午後4時30分までとする。

3 前項の規定にかかわらず、市長は特に必要があると認めるときは、利用時間を変更することができる。

(平24規則24・追加)

(使用料の減免)

第4条 条例第7条の規定により使用料を減額し、又は免除することができる場合及びその割合は、次のとおりとする。

(1) 市が直接主催するとき 全額

(2) 市内の学校が教育上利用するとき 8割

(3) 市内の社会体育団体及び社会教育団体が利用するとき 5割

(4) 国又は県が主催するとき 5割

(5) 市が主催又は後援するとき 5割

(6) 市長が特に必要と認めるとき その都度市長が定める割合

2 前項の規定により使用料の減免を受けようとする者は、使用料減免申請書(別記様式)を利用日前3日までに市長へ提出しなければならない。

(平24規則24・旧第2条繰下・一部改正)

(利用者の遵守すべき事項)

第5条 黒部市宇奈月温泉スキー場(以下「スキー場」という。)を利用する者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 所定の場所以外へ立ち入らないこと。

(2) 承認を受けずにスキー場内において寄附の募集、物品の販売、飲食物等の提供、広告物の掲示、写真の撮影、録音等を行わないこと。

(3) スキー場の施設、附属設備及び備品を損傷し、又は滅失するおそれのある行為をしないこと。

(4) 騒音又は大声を発する等他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(5) 所定の場所以外で火気の使用、飲食又は喫煙をしないこと。

(6) 前各号に掲げるもののほか、管理上支障があると認める行為をしないこと。

(平24規則24・旧第3条繰下)

(入場の禁止)

第6条 市長は、スキー場内の秩序を乱し、若しくは他の入場者に迷惑を及ぼし、又はこれらのおそれのある者の入場を禁止し、又はその者の退場を命ずることができる。

(平24規則24・旧第4条繰下)

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

(平24規則24・旧第5条繰下)

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の宇奈月町宇奈月温泉スキー場設置及び管理に関する条例施行規則(平成7年宇奈月町規則第12号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成24年10月15日規則第24号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

黒部市宇奈月温泉スキー場条例施行規則

平成18年3月31日 規則第108号

(平成24年10月15日施行)