○黒部市立学校等職員服務規則

平成18年3月31日

黒部市教育委員会規則第17号

(趣旨)

第1条 この規則は、黒部市教育委員会(以下「教育委員会」という。)の所管に属する学校その他の教育機関(以下「学校等」という。)に勤務する県費負担教職員(以下「職員」という。)の服務に関し必要な事項を定めるものとする。

(人事)

第2条 学校等の長(以下「所属長」という。)は、所属職員の任免その他の人事に関しては、意見を添えて教育委員会に具申するものとする。

(着任)

第3条 職員は、採用又は転任の日から7日以内に着任しなければならない。

2 前項の期間内に着任することができないときは、所属長にあっては教育長の、その他の職員にあっては所属長の許可を受けなければならない。

3 新たに採用された職員は、着任後7日以内に履歴書と給与個人調書を教育長に各3通提出しなければならない。

(住所、氏名等の変更)

第4条 職員は、本籍、住所又は氏名に変更があったときは、住所氏名変更届(様式第1号)により遅滞なく教育長に届け出なければならない。

(出勤及び退勤の記録等)

第5条 職員は、出勤し、及び退勤するときは、教育委員会が指定する方法により記録しなければならない。ただし、これにより難い特別の理由があると校長が認める場合は、この限りでない。

(令4教委規則4・全改)

(勤務時間の割振り等)

第6条 県職員及び県費負担教職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例(昭和26年富山県条例第73号)に基づき、職員の勤務時間については、次によるものとする。

(1) 所属長は、1日につき7時間45分の勤務時間の割振りを行う。

(2) 所属長は、休憩時間の割振りを行う。

2 所属長は、勤務時間の終始の時刻及び休憩時間を定めたときは、直ちに勤務時間等終始時刻届(様式第2号)により教育長に報告しなければならない。これを変更したときも同様とする。

(平18教委規則46・平21教委規則6・一部改正)

(遅刻、早退及び欠勤)

第7条 職員は、病気その他の事由により欠勤、遅刻又は早退しようとするときは、あらかじめ、所属長にあってはその職務を代理する職員に通知し、その他の職員にあっては所属長に届け出なければならない。

(外出)

第8条 職員は、勤務時間中に外出しようとするときは、所属長にあっては用件、行先その他必要と認める事項をその職務を代理する職員に連絡し、その他の職員にあっては所属長に届け出てその承認を受けなければならない。

(休暇)

第9条 職員は、休暇を得ようとするときは、所属長にあっては教育長に、その他の職員にあっては所属長に対し、あらかじめ次の表に掲げる区分に応ずる書類を提出しなければならない。この場合において、産前産後の休暇については医師の診断書又は助産師の証明書を、連続8日以上にわたる病気休暇及び連続14日以上にわたる介護休暇については医師の診断書を添えなければならない。

休暇の区分

提出書類

様式

年次休暇

年次休暇届

様式第3号

特別休暇

特別休暇願

様式第4号

病気休暇

病気休暇願

介護休暇

介護休暇願

2 女子職員は、産後8週間を経過しない期間において勤務に就こうとするときは、医師の診断書又は意見書を添えて校長に請求しなければならない。

(令2教委規則1・一部改正)

(育児休業)

第10条 職員は、地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)に基づき、育児休業の承認を得ようとするときは、校長の意見を添えて教育委員会に申請しなければならない。

(休職及び復職)

第11条 結核性疾患の療養のため休職を命ぜられた職員は、3箇月ごとに療養の現況を教育長を経て富山県教育委員会教育長(以下「県教育長」という。)に報告しなければならない。

2 休職者は、その疾患が治癒し復職しようとするときは、医師の診断書を添え教育長を経て、県教育長に提出しなければならない。

(出張及び旅行)

第12条 職員の出張は、所属長が命ずる。ただし、所属長の県外出張は、教育長が命ずる。

2 出張を命ぜられた職員は、病気その他の理由で予定の期日までに出張を終えることができないときは、直ちに出張命令者に連絡し、その指示を受けなければならない。

3 職員は、出張を終えたときは、直ちに出張命令者に復命しなければならない。

4 職員が宿泊を要する旅行をしようとするときは、旅行届(様式第5号)により、所属長にあっては教育長に、その他の職員にあっては所属長に届け出なければならない。

(兼職等)

第13条 職員は、他の職務を兼ね、又は他の事業若しくは事務に従事しようとするときは、兼職等の願(様式第6号)により所属長の意見を添えて教育長に願い出なければならない。

(事務の引継ぎ)

第14条 職員は、転任、勤務替、休職又は退職を命ぜられたときは、後任者又は所属長の指定する者に事務を引き継ぎ、事務引継報告書(様式第7号)により、連署して所属長にあっては教育長に、その他の職員にあっては所属長に報告しなければならない。

(非常の災害)

第15条 職員は、学校等又はその付近に火災その他の非常災害が発生したときは、直ちに出動して臨機の処置をとらなければならない。

(職員の勤務成績等)

第16条 所属長は、出勤簿その他勤務に関する帳票を整理し、勤務実績を明確にしておかなければならない。

2 職員の勤務成績の評定(以下「勤務評定」という。)は、富山県市町村立学校職員の勤務成績の評定に関する規則(昭和33年富山県教育委員会規則第6号。以下「県規則」という。)に基づき行う。

(報告)

第17条 所属長は、次に掲げる事項については、速やかに教育長に報告しなければならない。

(1) 非常災害の発生

(2) 職員の死亡

(3) 職員の免許状の失効又は失効の原因となる理由の発生

(4) 分限又は懲戒に該当すると認める職員の氏名及びその理由

(5) 前各号に掲げるもののほか、所属長において重要と認める事項

(その他)

第18条 この規則の施行に関し必要な事項は、教育長が定める。

この規則は、平成18年3月31日から施行する。

(平成18年8月29日教委規則第46号)

この規則は、平成18年9月1日から施行する。

(平成21年12月22日教委規則第6号)

この規則は、平成22年1月1日から施行する。

(令和2年3月26日教委規則第1号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

(令和4年11月24日教委規則第4号)

この規則は、令和5年1月1日から施行する。

画像

(平18教委規則46・一部改正)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

黒部市立学校等職員服務規則

平成18年3月31日 教育委員会規則第17号

(令和5年1月1日施行)