○黒部市学校給食センター規則

平成18年3月31日

黒部市教育委員会規則第23号

(趣旨)

第1条 この規則は、黒部市学校給食センター条例(平成18年黒部市条例第169号)第4条の規定に基づき、黒部市学校給食センター(以下「給食センター」という。)の管理及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(給食の対象)

第2条 給食センターから給食を供する学校は、黒部市立学校設置条例(平成18年黒部市条例第167号)別表に掲げる黒部市立宇奈月小学校及び宇奈月中学校を除く小学校、中学校及び幼稚園(以下「学校等」という。)とする。

(休業日)

第3条 給食センターの休業日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 前2号に掲げるもののほか、学校等において休業又は休園を行う日

2 前項に定めるもののほか、やむを得ない事由があるときは、黒部市学校給食センター所長(以下「所長」という。)は、あらかじめ黒部市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に届け出て、休業することができる。

3 特に必要があると認める場合は、黒部市教育委員会教育長(以下「教育長」という。)は、第1項に規定する休業日に業務を行わせることができる。

(職務)

第4条 所長は、上司の命を受け、次の事項を掌理し、所属職員を指揮監督する。

(1) 職員の服務に関すること。

(2) 施設設備の保全に関すること。

(3) 給食の計画及び調理運搬に関すること。

(4) 給食用物資の調達及び保管並びにその経理に関すること。

(5) 諸帳簿及び各種統計の作成、報告及び保管に関すること。

(6) 文書の収受、発送及び編さん保存に関すること。

(7) 学校給食運営委員会に関すること。

(8) 前各号に掲げるもののほか、給食センターの管理及び運営に関すること。

2 職員は、所長の命を受け、事務又は業務に従事する。

(平19教委規則2・一部改正)

(決裁)

第5条 すべての事務は、決裁責任者の決裁を受けた後でなければ処理してはならない。

2 教育長の決裁を必要とする事案は、すべて教育部長に回議しなければならない。

(専決事項)

第6条 所長が専決できる事項は、次のとおりとする。

(1) 職員の分掌事務に関すること。

(2) 職員の出張命令(職員の県外出張及び宿泊を要する出張を除く。)及び時間外勤務並びに休日勤務の命令に関すること。

(3) 作業命令、日報及び日誌の検閲に関すること。

(4) 定例かつ軽易な事項と認められる申請、照会、回答及び通知などに関すること。

(5) 職員の勤務に関する願及び届出の処理に関すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、軽易と認められる事項に関すること。

2 所長は、前項の専決処分のできる事項についても重要又は異例と認められるもの若しくは疑義にわたるものは、その都度上司の決裁を受けなければならない。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が定める。

(平19教委規則2・旧第12条繰上)

附 則

この規則は、平成18年3月31日から施行する。

附 則(平成19年2月27日教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

黒部市学校給食センター規則

平成18年3月31日 教育委員会規則第23号

(平成19年2月27日施行)

体系情報
第12編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成18年3月31日 教育委員会規則第23号
平成19年2月27日 教育委員会規則第2号
平成30年3月27日 教育委員会規則第4号