○黒部市立公民館条例

平成18年3月31日

黒部市条例第172号

(趣旨)

第1条 この条例は、社会教育法(昭和24年法律第207号。以下「法」という。)第24条の規定に基づき、黒部市立公民館(以下「公民館」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 公民館の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(職員)

第3条 公民館に、館長その他必要な職員を置くことができる。

2 館長は、黒部市教育委員会の命を受け、館の事務をつかさどり、所属職員を指揮監督する。

(休館日)

第4条 公民館の休館日は、次のとおりとする。ただし、館長は、特に必要があると認めるときは、休館日以外の日に休館し、又は休館日に開館することができる。

名称

休館日

黒部市立中央公民館

(1) 月曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)の翌日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

黒部市立生地公民館

(1) 毎週1回(公民館長の定める日)

(2) 休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

黒部市立石田公民館

黒部市立田家公民館

黒部市立東布施公民館

黒部市立荻生公民館

黒部市立若栗公民館

黒部市立大布施公民館

黒部市立村椿公民館

黒部市立三日市公民館

黒部市立前沢公民館

黒部市立宇奈月公民館

黒部市立音沢公民館

黒部市立内山公民館

黒部市立愛本公民館

黒部市立下立公民館

黒部市立浦山公民館

(開館時間)

第5条 公民館の開館時間は、午前8時30分から午後10時までとする。ただし、館長は、特に必要があると認めるときは、これを臨時に変更することができる。

(利用の申込み)

第6条 公民館を利用しようとする者は、利用日前3日までに利用申込書を館長に提出しなければならない。ただし、館長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(利用の制限)

第7条 館長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、公民館を利用させてはならない。

(1) 法第20条の規定による公民館の目的に反するとき。

(2) 法第23条の規定による公民館の運営方針に抵触するおそれがあるとき。

(3) 公民館の施設、附属設備及び備品(以下「施設等」という。)を損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、公民館の管理上支障があるとき。

(特別の設備等の制限)

第8条 利用者は、公民館を利用するに当たって特別の設備をし、又は備付けの物品以外の物品を利用しようとするときは、あらかじめ館長の承認を受けなければならない。

(利用の取消し等)

第9条 館長は、公民館の利用者(以下「利用者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、利用を取り消し、利用を制限し、又は退去を命ずることができる。

(1) 申請をした目的以外に利用したとき。

(2) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、館長が必要と認めたとき。

2 前項の措置によって利用者に損害が生じても、市はその賠償の責めを負わない。

(使用料)

第10条 黒部市立中央公民館及び黒部市立宇奈月公民館において設置目的以外の利用をする場合には、利用者は黒部市立中央公民館にあっては別表第2に、黒部市立宇奈月公民館にあっては別表第3に定める額の使用料を前納しなければならない。ただし、市長は、特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を免除することができる。

(平18条例208・平22条例9・一部改正)

(減免の取消し)

第11条 前条ただし書の規定により、使用料の減免を受けた者が次の各号のいずれかに該当すると市長が認めた場合には、使用料の減免の取消しを命ずることができる。

(1) 法令の規定に違反して利用しようとし、又は利用したとき。

(2) 利用目的が申請書の記載内容に違反したとき。

(3) 利用に関して係員の指示に違反し、又は利用上の遵守すべき事項に違反する行為があったとき。

(使用料の不還付)

第12条 既納の使用料は還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 利用者の責め帰することができない理由により、施設等を利用できなかったとき。

(2) 利用者から当該利用の取消し又は変更の申出があり、館長が相当の理由があると認めたとき。

(原状回復の義務)

第13条 利用者は、施設等の利用を終了したとき(第9条の規定により利用を取り消されたときを含む。)は、速やかに当該施設等を原状に回復しなければならない。

(損害賠償の義務)

第14条 利用者は、故意又は過失により施設等を損傷し、又は滅失したときは、直ちにこれを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(運営審議会)

第15条 法第29条第1項の規定に基づき、公民館に黒部市公民館運営審議会(以下「運営審議会」という。)を置く。

2 運営審議会の委員は、次に掲げる者のうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 学校教育及び社会教育の関係者

(2) 家庭教育の向上に資する活動を行う者

(3) 学識経験を有する者

3 運営審議会は、委員16人以内をもって組織する。

4 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(平24条例15・一部改正)

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

(平22条例9・旧第16条繰下、平25条例69・旧第17条繰上)

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の黒部市立公民館条例(平成元年黒部市条例第5号)又は宇奈月町公民館条例(昭和55年宇奈月町条例第18号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年6月23日条例第208号)

この条例は、平成18年7月1日から施行する。

附 則(平成19年9月26日条例第27号)

この条例は、平成19年10月1日から施行する。

附 則(平成20年9月29日条例第29号)

この条例は、平成20年11月1日から施行する。

附 則(平成21年12月21日条例第30号)

この条例は、平成22年1月1日から施行する。

附 則(平成22年3月25日条例第9号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月22日条例第15号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成24年12月18日条例第39号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年12月17日条例第69号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月19日条例第18号)

この条例は、平成27年3月22日から施行する。

附 則(平成30年6月25日条例第21号)

この条例は、平成30年8月5日から施行する。

別表第1(第2条関係)

(平18条例208・平19条例27・平20条例29・平21条例30・平22条例9・平24条例39・平27条例18・平30条例21・一部改正)

名称

位置

黒部市立中央公民館

黒部市宇奈月町浦山2100番地2

黒部市立生地公民館

黒部市生地中区361番地

黒部市立石田公民館

黒部市岡165番地1

黒部市立田家公民館

黒部市田家新16番地

黒部市立東布施公民館

黒部市釈迦堂923番地

黒部市立荻生公民館

黒部市荻生2716番地

黒部市立若栗公民館

黒部市若栗1180番地1

黒部市立大布施公民館

黒部市金屋64番地

黒部市立村椿公民館

黒部市吉田4260番地2

黒部市立三日市公民館

黒部市三日市1349番地

黒部市立前沢公民館

黒部市前沢27番地1

黒部市立宇奈月公民館

黒部市宇奈月温泉643番地

黒部市立音沢公民館

黒部市宇奈月町音澤1422番地2

黒部市立内山公民館

黒部市宇奈月町内山1260番地

黒部市立愛本公民館

黒部市宇奈月町愛本新2076番地

黒部市立下立公民館

黒部市宇奈月町下立3118番地

黒部市立浦山公民館

黒部市宇奈月町浦山1012番地

別表第2(第10条関係)

(平25条例69・全改)

館名

室名

午前

9時~12時

午後

12時~17時

夜間

17時~22時

黒部市立中央公民館

ホール

4,320円

6,480円

10,800円

会議室

720円

1,020円

1,540円

調理室

2,050円

2,570円

3,080円

研修室

1,020円

1,540円

2,050円

和室

1,020円

1,540円

2,050円

視聴覚室

2,050円

2,570円

3,080円

備考

1 冷暖房を利用した場合の使用料の額は、当該利用時間帯の使用料に100分の140を乗じて得た額とする。

2 利用時間を超過した場合の使用料の額は、1時間につき、当該利用時間帯の使用料に100分の20を乗じて得た額とする。

別表第3(第10条関係)

(平25条例69・全改)

館名

室名

午前

9時~12時

午後

12時~17時

夜間

17時~22時

黒部市立宇奈月公民館

研修室

2,460円

3,700円

6,170円

料理研修室

1,230円

1,850円

3,080円

老人いこい室

1,230円

1,850円

3,080円

大集会ホール

9,770円

12,960円

25,920円

中集会ホール(ステージを含む。)

4,620円

5,650円

12,340円

中集会ホール(ステージを除く。)

3,600円

4,620円

9,250円

備考

1 冷暖房を利用した場合の使用料の額は、当該利用時間帯の使用料に100分の140を乗じて得た額とする。

2 利用者が公民館の燃料を利用する場合は、実費を徴収する。

3 土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日の使用料の額は、当該利用時間帯の使用料に100分の120を乗じて得た額とする。

4 ホール及び研修室の利用で前日に準備する場合の使用料の額は、当該利用時間帯の使用料に100分の20を乗じて得た額とする。

5 庁用備品を庁外持出し利用の場合の使用料の額は、1日につき、机1脚200円、椅子1脚100円とする。

黒部市立公民館条例

平成18年3月31日 条例第172号

(平成30年8月5日施行)

体系情報
第12編 育/第3章 生涯教育
沿革情報
平成18年3月31日 条例第172号
平成18年6月23日 条例第208号
平成19年9月26日 条例第27号
平成20年9月29日 条例第29号
平成21年12月21日 条例第30号
平成22年3月25日 条例第9号
平成24年3月22日 条例第15号
平成24年12月18日 条例第39号
平成25年12月17日 条例第69号
平成27年3月19日 条例第18号
平成30年6月25日 条例第21号