○黒部市歴史民俗資料館条例

平成18年3月31日

黒部市条例第174号

(設置)

第1条 市民の文化の向上と生涯学習の振興を図り、豊かな教育文化のまちづくりに寄与するため、歴史民俗資料館を設置する。

(名称及び位置)

第2条 歴史民俗資料館の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 黒部市歴史民俗資料館

(2) 位置 黒部市宇奈月町下立682番地

2 黒部市歴史民俗資料館(以下「資料館」という。)及び黒部市立図書館条例(平成18年黒部市条例第173号)第2条に規定する黒部市立図書館宇奈月館を「うなづき友学館」と総称する。

(事業)

第3条 資料館は、次の事業を行う。

(1) 歴史、民俗、芸能、産業、自然科学等に関する調査研究並びに資料の収集、保管及び展示に関する事業

(2) 前号に掲げるもののほか、黒部市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が必要と認める事業

(職員)

第4条 資料館に館長ほか必要な職員を置く。

(休館日)

第5条 資料館の休館日は、次のとおりとする。ただし、教育委員会は、特に必要があると認めるときは、休館日以外の日に休館し、又は休館日に開館することができる。

(1) 月曜日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)に当たるときは、水曜日とする。)

(2) 休日の翌日(その日が土曜日又は日曜日に当たるときは、火曜日とする。)

(3) 毎月の末日

(4) 12月29日から翌年1月4日までの日

(開館時間)

第6条 資料館の開館時間は、午前9時から午後6時までとする。ただし、教育委員会は、特に必要があると認めるときは、これを臨時に変更することができる。

(入館料)

第7条 資料館を利用しようとする者は、別表に定める入館料を納付しなければならない。

(入館料の減免)

第8条 市長は、特別の理由があると認めるときは、入館料を減額し、又は免除することができる。

(入館料の不還付)

第9条 既納の入館料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(利用の拒否及び制限)

第10条 教育委員会は、資料館に入館しようとする者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、入館を拒否することができる。

(1) その利用が資料館の設置の目的に反するとき。

(2) その利用が資料館の秩序又は風紀を乱すおそれがあるとき。

(3) その利用が資料館の施設、附属設備及び備品を損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、資料館の管理上支障があるとき。

(運営委員会)

第11条 資料館に黒部市歴史民俗資料館運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

2 運営委員会の委員(以下「委員」という。)の数は10人以内とする。

3 委員は、歴史、民俗及び文化に関し広く、かつ、高い識見を有する者のうちから教育委員会が委嘱する。

4 委員の任期は2年とする。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(平20条例13・一部改正)

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の宇奈月町立図書館・歴史民俗資料館の設置及び管理に関する条例(平成5年宇奈月町条例第14号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年3月21日条例第13号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

別表(第7条関係)

区分

高校生・一般

小・中学生

入館料

個人

300円

無料

団体(15人以上)

270円

黒部市歴史民俗資料館条例

平成18年3月31日 条例第174号

(平成20年4月1日施行)