○黒部市歴史民俗資料館条例施行規則

平成18年3月31日

黒部市教育委員会規則第30号

(趣旨)

第1条 この規則は、黒部市歴史民俗資料館条例(平成18年黒部市条例第174号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(入館料の減免)

第2条 条例第8条の規定により入館料を減額し、又は免除することができる場合及びその額は市長が別に定める。

(減免申請)

第3条 前条の規定により入館料の減免を受けようとする者は、入館料減免申請書(別記様式)を市長に提出しなければならない。

(入館料の還付)

第4条 条例第9条ただし書の規定により入館料の全部又は一部を還付する場合は、次のとおりとする。

(1) 入館しようとする者の責めに帰することができない理由により入館することができなくなったとき。

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が特別の理由があると認めるとき。

(運営委員会)

第5条 条例第11条に規定する黒部市歴史民俗資料館運営委員会(以下「運営委員会」という。)に会長及び副会長を置き、委員の互選により定める。

2 会長は、会務を総理し、運営委員会を代表する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の宇奈月町歴史民俗資料館規則(平成5年宇奈月町教育委員会規則第4号)の規定によりなされた処分、手続きその他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

黒部市歴史民俗資料館条例施行規則

平成18年3月31日 教育委員会規則第30号

(平成18年3月31日施行)

体系情報
第12編 育/第3章 生涯教育
沿革情報
平成18年3月31日 教育委員会規則第30号