○黒部市美術館条例

平成18年3月31日

黒部市条例第176号

(設置)

第1条 市民の美術に関する知識及び教養の向上を図り、市民文化の発展に寄与するため、美術館を設置する。

(名称及び位置)

第2条 美術館の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 黒部市美術館

(2) 位置 黒部市堀切1035番地

(事業)

第3条 黒部市美術館(以下「美術館」という。)は、次の事業を行う。

(1) 美術品及び美術に関する資料(以下「美術品等」という。)の収集、保管、展示及び供用

(2) 美術に関する専門的な調査研究及び知識の普及に資するために必要な事業

(3) 前2号に掲げるもののほか、黒部市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が必要と認める事業

(指定管理者による管理)

第4条 教育委員会は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって教育委員会が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に美術館の管理を行わせるものとする。

(平25条例47・追加)

(指定管理者が行う業務)

第5条 前条の規定により指定管理者に行わせる管理の業務は、次のとおりとする。

(1) 第3条に規定する事業(美術品の収集に関することを除く。)の実施に関すること。

(2) 美術館の施設及び附属設備等の維持管理に関する業務

(3) 第9条第1項及び第10条第3項に規定する観覧料及び特別観覧料の徴収に関する業務

(4) 第10条第1項及び第11条第1項に規定する特別観覧の許可及び許可の取消し等に関する業務

(5) 前各号に掲げるもののほか、美術館の管理に関し教育委員会が必要と認める業務

(平25条例47・追加)

(職員)

第6条 美術館に館長その他必要な職員を置く。

(平25条例47・旧第4条繰下)

(休館日)

第7条 美術館の休館日は、次のとおりとする。ただし、指定管理者は、特に必要があると認めるときは、教育委員会の承認を得て、休館日以外の日に休館し、又は休館日に開館することができる。

(1) 月曜日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)に当たるときは、その週の水曜日とする。)

(2) 休日の翌日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日

(平25条例47・旧第5条繰下・一部改正)

(開館時間)

第8条 美術館の開館時間は、午前9時30分から午後4時30分までとする。ただし、入館できる時間は、午後4時までとする。

2 指定管理者は、特に必要があると認めるときは、教育委員会の承認を得て、前項の開館時間を臨時に変更することができる。

(平25条例47・旧第6条繰下・一部改正)

(観覧料)

第9条 美術品等を観覧しようとする者は、指定管理者に別表第1に定める美術館の利用に係る料金(以下「観覧料」という。)を納付しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、指定管理者は、特に必要な場合は、1,000円の範囲内においてあらかじめ教育委員会の承認を受けて、その都度観覧料を定めることができる。

3 観覧料は、指定管理者がその収入として収受する。

(平25条例47・旧第7条繰下・一部改正)

(特別観覧)

第10条 学術研究等のため、美術品等の撮影、模写、模造又は熟覧(以下「特別観覧」という。)をしようとする者は、指定管理者の許可を受けなければならない。

2 前項の許可には、美術品等の管理のため必要な範囲内で条件を付することができる。

3 第1項の許可を受けた者は、指定管理者に別表第2に定める美術館の利用に係る料金(以下「特別観覧料」という。)を納付しなければならない。

4 特別観覧料は、指定管理者がその収入として収受する。

(平25条例47・旧第8条繰下・一部改正)

(特別観覧の許可の取消し等)

第11条 指定管理者は、特別観覧の許可を受けた者(以下「特別観覧者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、特別観覧の許可の条件を変更し、特別観覧を停止し、又は特別観覧の許可を取り消すことができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく教育委員会規則の規定に違反したとき。

(2) 許可された特別観覧の目的に違反したとき。

(3) 特別観覧の許可の条件に違反したとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、指定管理者が管理上支障があると認めるとき。

2 前項の措置によって特別観覧者に損害が生じても、市及び指定管理者は、その賠償の責めを負わない。

(平25条例47・旧第9条繰下・一部改正)

(観覧料等の減免)

第12条 指定管理者は、教育委員会規則で定めるところにより、観覧料及び特別観覧料(以下「観覧料等」という。)を減額し、又は免除することができる。

(平25条例47・旧第10条繰下・一部改正)

(観覧料等の不還付)

第13条 既納の観覧料等は、還付しない。ただし、指定管理者が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(平25条例47・旧第11条繰下・一部改正)

(入館の拒否及び制限)

第14条 指定管理者は、美術館に入館しようとする者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、入館を拒否することができる。

(1) 他の入館者に迷惑となる行為をするおそれがあるとき。

(2) 施設設備、美術品等を汚損し、又は損傷するおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、美術館の管理上支障があるとき。

(平25条例47・旧第12条繰下・一部改正)

(運営審議会)

第15条 博物館法(昭和26年法律第285号)第20条第1項の規定に基づき、美術館に黒部市美術館運営審議会(以下「審議会」という。)を設置する。

2 審議会の委員は、次に掲げる者のうちから教育委員会が任命する。

(1) 学校教育及び社会教育の関係者

(2) 家庭教育の向上に資する活動を行う者

(3) 学識経験を有する者

3 審議会は、委員10人以内で組織する。

4 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

5 委員は、再任されることができる。

(平24条例17・一部改正、平25条例47・旧第13条繰下)

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

(平25条例47・旧第14条繰下)

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の黒部市美術館条例(平成5年黒部市条例第11号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成24年3月22日条例第17号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年9月20日条例第47号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月17日条例第72号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表第1(第9条関係)

(平25条例47・一部改正)

種別

区分

観覧料の額(1人1回につき)

個人

20人以上の団体

一般

200円

150円

高等学校の生徒、大学の学生及びこれらに準ずる者

150円

100円

備考 中学生以下及び団体引率者は、無料とする。

別表第2(第10条関係)

(平25条例72・全改)

区分

単位

金額

熟覧

1回1点につき

510円

複写又は模造

1回1点につき

1,020円

撮影

学術研究を目的とするもの

1回1点につき

510円

その他

1回1点につき

3,080円

備考

1 びょうぶは、1双を1点とする。

2 巻物は、1巻を1点とする。

3 小型のもので1組又は1箱となっているものは、1組又は1箱を1点とする。

4 多数のもので一そろい又は1組となっているものは、数量に応じて数点に分かつものとする。

黒部市美術館条例

平成18年3月31日 条例第176号

(平成26年4月1日施行)