○黒部市立学校体育施設の開放に関する規則

平成18年3月31日

黒部市教育委員会規則第37号

(目的)

第1条 この規則は、黒部市教育委員会(以下「教育委員会」という。)の管理する学校施設を学校教育に支障のない限り積極的に一般住民のスポーツ活動の利用に供することにより、心身の健全な発達を図り、もって明るい市民生活の形成に寄与することを目的とする。

(管理)

第2条 学校施設の開放に関する事務は、教育委員会が管理し、その責任を負う。

(運営委員会)

第3条 学校施設の開放を行う学校(以下「開放学校」という。)ごとに学校体育施設開放運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置くことができる。

2 運営委員会の委員は、次の各号に掲げる者のうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 開放学校の校長又は教頭

(2) 公民館長

(3) スポーツ推進委員

(4) 体育関係団体が推薦した者

(5) 前各号に掲げるもののほか、教育委員会が必要と認める者

3 運営委員会は、学校施設の開放の運営に関する次に掲げる事項を審議する。

(1) 事業全般にわたる企画及び運営

(2) 施設の使用及び開放日時の決定並びにプログラムの作成

(3) 備品、用具等の管理

(4) 前3号に掲げるもののほか、運営に関する必要事項

(平23教委規則5・一部改正)

(開放する施設)

第4条 開放学校において開放する体育施設(以下「開放施設」という。)は、体育館、グラウンドその他教育委員会が指定する施設とする。

(管理指導員)

第5条 開放学校に管理指導員を置くことができる。

2 管理指導員は、運営委員会の推薦に基づき教育委員会が委嘱する。

3 管理指導員は、開放施設を利用する者の活動指導及び危険防止に当たるものとする。

(利用者の範囲)

第6条 開放施設を利用できる者は、市内に在住し、又は在勤し、若しくは在学する者及び教育委員会に登録されている団体又はグループ(責任者が成人のものに限る。以下同じ。)とする。

2 登録を受けようとする団体又はグループは、黒部市立学校体育施設利用団体登録申請書(様式第1号)に団体員名簿を添えて教育委員会へ提出しなければならない。

(利用の許可)

第7条 開放施設を利用しようとする者は、黒部市立学校体育施設・夜間照明施設利用許可申請書(様式第2号)を教育委員会に提出して、黒部市立学校体育施設・夜間照明施設利用許可書(様式第3号)の交付を受けなければならない。

(利用許可の変更等)

第8条 利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が利用の許可事項を変更しようとするときは、教育委員会に届けなければならない。

(使用料)

第9条 利用者は、黒部市立小中学校グラウンド夜間照明施設条例(平成18年黒部市条例第180号)第3条に定める使用料を納付しなければならない。

(原状回復)

第10条 利用者は、利用を終了したときは、直ちに施設を原状に回復しなければならない。

(利用の制限)

第11条 開放施設の利用が次の各号のいずれかに該当するときは、利用を許可しない。

(1) 学校施設の開放の目的に反するとき。

(2) 開放施設を損傷するおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、管理上支障があると認められるとき。

2 利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、利用の許可を取り消し、又は利用を制限し、若しくは停止させることができる。

(1) 詐欺その他不正の行為により利用の許可を受けたとき。

(2) 認可を受けた目的以外に利用し、又はその全部若しくは一部を他の者に転貸し、又は譲渡したとき。

(損害賠償の義務)

第12条 利用者は、故意又は過失により開放施設を損傷し、又は滅失したときは、直ちにこれを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(その他)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、黒部市教育委員会教育長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の黒部市学校体育施設開放事業に関する規則(昭和58年黒部市教育委員会規則第5号)又は宇奈月町立小学校及び中学校の体育施設の開放に関する規則(昭和50年宇奈月町教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成23年12月22日教委規則第5号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

画像画像

画像

画像

黒部市立学校体育施設の開放に関する規則

平成18年3月31日 教育委員会規則第37号

(平成23年12月22日施行)