○黒部市保育所入所に関する規則

平成27年3月31日

黒部市規則第26号

(趣旨)

第1条 この規則は、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第24条第1項の規定に基づき保育所において保育の実施を行うにあたり、保育所入所に係る手続き等を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において使用する用語の定義は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「法」という。)で使用する用語の例による。

(入所)

第3条 法第20条第1項に規定する認定(以下「支給認定」という。)において、同法第19条第1項第2号又は第3号の事由による支給認定を受けている児童の保護者(以下「支給認定保護者」という。)は、保育所での保育の実施を希望する場合、入所申込みを行うことができる。

2 前項の申込みについては、保育所入所申込書(以下「申込書」という。様式第1号)を市長に提出しなければならない。

3 支給認定を受けていない児童の保護者が保育所での保育の実施を希望する場合は、支給認定の申請と入所申込みを同時に市長に提出することができる。

(入所審査及び選考)

第4条 市長は、一の保育所について、支給認定保護者から入所申込みがあった児童すべてが入所することにより、適切な保育の実施が困難となること、その他やむを得ない事由があると認めたときは、入所選考を行い、入所する児童を決定するものとする。

2 前項の入所選考は、市長が別に定める基準により行うものとする。

(入所承諾)

第5条 市長は、児童の入所承諾の決定を行ったときは、入所承諾書(様式第2号)により、支給認定保護者へ速やかに通知するものとする。

(保育所への通知)

第6条 市長は、入所承諾を行ったときは、当該児童が入所する保育所の長に通知するとともに、保育児童台帳を整備しなければならない。

(入所不承諾)

第7条 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、保育の実施を行わないことができる。

(1) 児童が支給認定を受けていることが確認できないとき。

(2) 前号に規定するもののほか、保育の実施が困難なとき。

2 市長は、前項の規定により保育の実施を行わない場合には、児童の保護者へ入所不承諾通知(様式第3号)により、入所を認められない旨、その理由等を通知するものとする。

(保育の実施解除)

第8条 市長は、保育の実施に係る児童が次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、保育の実施を解除するものとする。

(1) 保育実施期間満了前に支給認定を受けている者に該当しなくなったとき。

(2) 転出、又は死亡したとき。

(3) その他、保育所の運営に支障が生じると認める事由があるとき。

2 市長は、前項の規定により保育の実施を解除した場合には、保護者及び当該児童が入所している保育所へ解除通知書(様式第4号)により、保育の実施を解除する旨、その理由等を通知するものとする。

(届出)

第9条 保育の実施に係る児童の保護者は、次の各号のいずれかに該当するときは、速やかに、その旨を市長に届け出なければならない。

(1) 児童を保育所から退所させようとするとき。

(2) 疾病その他の事由により、児童に事故が生じたとき。

(3) 児童又は保護者が住所を異動したとき。

(4) その他、入所申込書の記載事項に変更があったとき。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日規則第20号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

(平28規則20・全改)

画像

(平28規則20・全改)

画像

黒部市保育所入所に関する規則

平成27年3月31日 規則第26号

(平成28年4月1日施行)