○釧路市新規就農者誘致条例

平成17年10月11日

釧路市条例第172号

(目的)

第1条 この条例は、釧路市の農業振興に資するため、新規就農者に対し助成を行い、もって新規就農者の誘致促進と経営の安定を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において「新規就農者」とは、市内において新たに農業経営を行う者のうち、心身ともに健康で近代的農業経営を維持管理する能力を有する者であって、次の各号のいずれにも該当するものをいう。

(1) 成年者で市内に住所を有するもの

(2) 農業経営基盤強化促進法(昭和55年法律第65号)第12条第1項の認定後1年以内のもの

(3) 農業若しくは農業関連業務の経験を2年以上有するもの又は農業実習受入れ農家で同等の研修を受けたもの

(認定の申請)

第3条 この条例により、新規就農者の認定を受けようとする者は、認定申請書を市長に提出しなければならない。

(認定)

第4条 市長は、前条の申請書の提出があったときは、これを調査し、及び審査して認定の可否を決定し、この結果を申請者に通知しなければならない。

(奨励金の交付)

第5条 市長は、この条例により、新規就農者の認定を受けた者に対し、新規就農奨励金(以下「奨励金」という。)100万円を交付する。

(奨励金の申請)

第6条 前条の規定により奨励金の交付を受けようとする新規就農者は、市長が別に定める申請書を指定期日までに提出しなければならない。

(受給者の義務)

第7条 奨励金の交付を受けた者は、営農資金及び営農に必要な研修等の資金として活用するよう努めなければならない。

(奨励金の返還)

第8条 市長は、奨励金の交付を受けた者が、次の各号のいずれかに該当するときは、奨励金の一部又は全部を返還させることができる。

(1) 新規就農者の認定の日から5年以内に離農し、又は市外に転出したとき。

(2) 偽りその他不正な手段により、奨励金の交付を受けたとき。

(3) この条例に定める事項に違反したとき。

(奨励金の返還免除)

第9条 市長は、特別の事情があると認めたときは、奨励金の返還を免除することができる。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月11日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の阿寒町新規就農者誘致条例(平成9年阿寒町条例第11号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(令和4年3月23日条例第5号)

(施行期日)

1 この条例は、令和4年4月1日から施行する。

(新規就農者の認定に関する経過措置)

2 改正後の第2条の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後の申請に係る新規就農者の認定について適用し、施行日前の申請に係る新規就農者の認定については、なお従前の例による。

(新規就農奨励金の返還に関する経過措置)

3 改正後の第8条の規定は、改正後の第2条に規定する新規就農者の認定を受けた者に交付した新規就農奨励金の返還について適用し、改正前の第2条に規定する新規就農者の認定を受けた者に交付した新規就農奨励金の返還については、なお従前の例による。

釧路市新規就農者誘致条例

平成17年10月11日 条例第172号

(令和4年4月1日施行)