○倶知安町水道事業企業出納員事務委任規程

昭和43年2月1日

規程第9号

(趣旨)

第1条 地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第13条第2項の規定に基づき、管理者の権限に属する事務の一部を職員(企業出納員である職員に限る。以下「企業出納員」という。)に委任することについては、この規程の定めるところによる。

(委任事務)

第2条 管理者は、次に掲げる事務を企業出納員に委任する。

(1) 管理者名の預金から支払いのため、小切手を振り出すこと。

(2) 下水道使用料の収納事務の受託に関すること。

(3) 取引銀行間で預金を組み替えること。

(4) 借入金、料金その他の収納金を受領し、取引銀行へ管理者名をもって預金すること。

(5) 30万円以内の手持現金の保管に関すること。

(6) 投資有価証券の保管及び利息の受け入れに関すること。

(7) 保管有価証券の受け入れ及び返還に関すること。

(8) 貯蔵品その他物品の受け入れ及び払い出しに関すること。

(9) 諸預り金の保管及び返還に関すること。

附 則

この規程は、昭和43年4月1日から施行する。

附 則(昭和46年6月4日規程第9号)

この規程は、公布の日から施行し、昭和46年6月1日から適用する。

附 則(平成13年4月1日水道事業規程第2号)

この規程は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月29日水道事業規程第9号)

この規程は、平成17年3月29日から施行する。

倶知安町水道事業企業出納員事務委任規程

昭和43年2月1日 規程第9号

(平成17年3月29日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第2章
沿革情報
昭和43年2月1日 規程第9号
昭和46年6月4日 規程第9号
平成13年4月1日 水道事業規程第2号
平成17年3月29日 水道事業規程第9号