○倶知安町旭ケ丘スキー場管理運営条例施行規則

平成15年9月29日

教委規則第18号

(目的)

第1条 この規則は、倶知安町旭ケ丘スキー場管理運営条例(平成5年倶知安町条例第26号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(使用期間及び使用時間の変更等)

第1条の2 教育委員会は、条例別表第1に定める倶知安町旭ケ丘スキー場(以下この条において「スキー場」という。)の使用期間及び使用時間を、その年の積雪状況その他の事情により、これを臨時に変更することができる。

2 スキー場の休場日は、1月1日及び毎週の月曜日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に定める休日(1月1日を除く。)に当たるときは、その翌日)とする。ただし、場長が必要と認めたときは、臨時に開場し、又は開場日を休場日とすることができる。

3 場長は、気象条件、安全確保その他の理由により必要があると認めたときは、スキー場の施設の使用を制限し、若しくは中止し、又はスキー場の使用時間を臨時に変更することができる。

(使用の申請)

第2条 条例第5条第1項の規定により使用の許可を受けようとする者は、あらかじめ倶知安町旭ケ丘スキー場使用申請書(別記様式第1号)を場長に提出しなければならない。ただし、場長が申請書の提出について必要がないと認めたときは、この限りでない。

2 場長は、前項の規定による申請を受け、その使用を許可したときは、倶知安町旭ケ丘スキー場使用許可書(別記様式第2号次条において「使用許可書」という。)を交付するものとする。

(使用の変更等)

第3条 前条の許可を受けた者が、その許可を受けた事項を変更しようとするときは、あらかじめ使用許可書を場長に提出し、承認を受けなければならない。

2 許可を受けた者が使用を取り消すときは、使用許可書を場長に返還しなければならない。

(特別設備の許可)

第4条 条例第5条の2に定める特別の設備をしようとする者は、倶知安町旭ケ丘スキー場特別設備許可申請書(別記様式第3号)を場長に提出し、その許可を得なければならない。

(使用料の減免)

第5条 条例第7条の規定により使用料を減免できる場合及び割合は、次のとおりとする。

(1) 町内の小学校、中学校及び高等学校が、教育課程に基づくスキー授業を行うとき。 10割

(2) 倶知安町又は教育委員会が他の団体と共催する事業を行うとき。 10割

(3) 前2号に定めるもののほか、教育委員会が特に必要と認めたとき。 教育委員会が定める割合

2 前項の規定により使用料の減免を受けようとする者は、倶知安町旭ケ丘スキー場使用料減免申請書(別記様式第4号)を提出し、場長の承認を受けなければならない。

3 場長は、使用料の減免の可否を決定したときは、倶知安町旭ケ丘スキー場使用料減免承認(不承認)通知書(別記様式第5号)によりその旨を申請者に通知するものとする。

(使用料の還付)

第6条 条例第8条の規定により使用料を還付できる場合は、次のとおりとする。

(1) 事前に使用の取消し、又は変更の申し出があって、これについて、相当の理由があると認められるとき。

(2) 使用者の責めに帰することのできない理由により、使用が不能となったとき。

第7条 この規則の施行に関し必要な事項は、教育長が定める。

附 則

この規則は、平成15年10月1から施行する。

附 則(平成15年12月25日教委規則第21号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年12月13日教委規則第6号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年4月1日教委規則第1号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像画像

画像

画像

画像

倶知安町旭ケ丘スキー場管理運営条例施行規則

平成15年9月29日 教育委員会規則第18号

(平成28年4月1日施行)