○倶知安町学校給食費徴収条例施行規則

平成20年3月31日

教委規則第5号

倶知安町学校給食費負担金条例施行規則(平成19年倶知安町教育委員会規則第4号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この規則は、倶知安町学校給食費徴収条例(平成20年倶知安町条例第14号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(給食の申込み)

第2条 給食の提供を受けようとする児童及び生徒(以下「児童等」という。)の保護者等は、学校給食申込書児童生徒用(別記様式第1号)を、給食の提供を受けようとする職員等は学校給食申込書(教職員用)(別記様式第1号の2)を、町長に提出しなければならない。

(学校給食費の額及び納入方法)

第2条の2 学校給食費の額は年額とし、学校給食実施基準(昭和29年文部省告示第90号)に定める児童又は生徒1回当たりの所要栄養量の基準で算定する。

2 前項の学校給食費の額の算出は、翌年度において徴収すべき学校給食費について、毎年教育委員会が行うものとする。

3 条例第4条の規定による学校給食費の納入は、各学校に現金で納入するもののほか、倶知安町の収納機関に預金口座を有する者は、口座振替で納入することができるものとする。

(学校給食費の日割算定)

第3条 学校給食費は、前条第3項の規定にかかわらず、日割計算によりこれを徴収することができる。

2 前項の日割計算は、学校給食費年額を年間給食予定回数で除した額に給食日数を乗じて算出するものとする。ただし、10円未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

3 学校給食費は、給食予定人員に含まれている場合には児童等が病気又は事故等のため欠席し、給食を受けなかった日についてもこれを徴収する。

4 前項の児童等が病気又は事故等のため欠席の届出のあったときは、当該欠席により給食を受けないこととなった日が引き続き5日を超えた場合(給食を実施しない日を除く。)の学校給食費は、当該給食を受けないこととなった日の翌々日から起算して当該給食を受けることとなった日の前日までの日数について、第2項に規定する日割計算により算出した金額を控除して徴収するものとする。

5 前項の場合において、欠席の届出が当該欠席により給食を受けないこととなる前々日までにあったときは、給食を受けない日の全ての日について第2項に規定する日割計算により算出した金額を控除して徴収するものとする。

(第3子以降の児童等の学校給食費の免除)

第3条の2 子育て世帯の負担軽減を図り、子育て支援に寄与するため、条例第4条の2の規定に基づき、第3子以降の児童等の学校給食費を保護者からの申請に基づき免除することができる。

2 前項に規定する第3子以降の児童等とは、保護者が養育し、生計を同じくする倶知安町立小学校又は中学校(以下「倶知安町立学校」という。)に在学している児童等のうち、その出生の早いものから順に数えて第3番目以降である児童等をいう。

3 第3子以降の児童等の学校給食費の免除の対象者は、次の各号のいずれにも該当する保護者とする。

(1) 倶知安町立学校に在学している児童等を養育している者

(2) 倶知安町の住民基本台帳に記録され、児童等と生計を同じくしている者

4 前項の規定に該当し、免除申請をしようとする保護者は、次に掲げる書類を教育委員会が定める期日までに提出しなければならない。

(1) 倶知安町学校給食費免除申請書(別記様式第2号)

(2) 教育委員会が特に必要と認める書類

5 町長は、前項の規定による申請を受理したときは、審査の上、免除の可否を決定し、倶知安町学校給食費免除決定(申請却下)通知書(別記様式第2号の2)により保護者に通知するものとする。

6 前項の規定により学校給食費の免除の決定を受けた保護者が免除を受けることができる期間は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定めるとおりとする。

(1) 年度毎に別に教育委員会が定める日までに第4項の申請手続が行われた場合 当該年度の4月分から当該年度の3月分まで

(2) 転入等により年度の途中で第4項の申請手続が行われた場合 転入等の異動の届出日から当該年度の3月分まで

7 第5項の規定により学校給食費の免除の決定を受けた保護者は、世帯の状況等に変更が生じたときは、倶知安町学校給食費免除状況変更届(別記様式第2号の3)により速やかに町長に届け出なければならない。

8 町長は、第5項の規定により学校給食費の免除の決定を受けた保護者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、学校給食費免除取消決定通知書(別記様式第2号の4)により免除を取り消し、免除した学校給食費に相当する額を請求することができる。

(1) 虚偽の申請をしたとき。

(2) 第3項の規定に該当しなくなったとき。

(給食費の納入方法及び日割算定)

第4条 条例第5条に規定する給食費の納入方法は、第2条第3項の規定を準用する。

2 給食費の日割計算は、第3条の規定を準用する。この場合において、「児童等」とあるのは「給食を受ける教職員及び倶知安町学校給食センターに従事する者」と、「欠席し」とあるのは「休暇の承認を受け」と、「欠席」とあるのは「休暇」と読み替えるものとする。

(学校長の職務)

第5条 倶知安町立学校の学校長(以下「学校長」という。)は、給食を実施する年度の4月30日(年度の途中で給食を受けることとなるものについては、当該月の末日)までに町長の発行する倶知安町学校給食費納入通知書兼領収書、学校給食費納入袋(別記様式第3号及び別記様式第3号の2)を給食を受ける児童等の保護者及び給食を受ける教職員に交付しなければならない。ただし、口座振替により学校給食費を納入する者については、倶知安町学校給食費納入通知書(別記様式第3号の3及び別記様式第3号の4)を交付するものとする。この場合において、給食を受ける教職員に交付する納入通知書等については、「学校給食費」とあるのは「給食費」と読み替えるものとする。

2 学校長は、学校給食費及び給食費(以下「給食費」という。)を受領したときは、学校給食費納入袋の領収印欄に領収印(別記様式第3号の5)を押印して納入者に交付するとともに、受領した給食費を当該学校の現金取扱員に引き継がなければならない。

3 学校長は、給食費を受領したときは、学校給食費収入原簿(別記様式第4号)に記録するとともに、学校給食費納入者名簿(別記様式第4号の2)により倶知安町学校給食センター(以下「給食センター」という。)の所長に報告しなければならない。

4 学校長は、給食費を現金で納入する者に対しては、学校給食費預金貯金口座振替依頼書(別記様式第5号)を交付して給食費を口座振替により納入するよう勧奨するものとする。

(現金取扱員の職務)

第6条 前条第2項の規定により学校長から現金の引継ぎを受けた現金取扱員は、当該給食費を納付(納入)(倶知安町財務規則(平成13年倶知安町規則第16号)別記様式第230号)により速やかに倶知安町の収納機関に払い込まなければならない。

(給食センターの処理)

第7条 給食センターの所長(以下「所長」という。)は、倶知安町学校給食センター設置条例施行規則(昭和45年倶知安町教育委員会規則第1号)第6条の3の規定により提出された給食人員報告書、給食人員異動報告書及び第5条第3項の規定により提出された学校給食費納入者名簿により、当月分の学校給食費未納者名簿(別記様式第6号)を翌月の10日(4月分は6月10日)までに作成し、給食費の未納者が在籍する学校の学校長に通知しなければならない。

2 所長は、前項の学校給食費未納者名簿により、未納者に対し未納学校給食費納入催告書(別記様式第7号)により、未納給食費の納入を催告しなければならない。

3 所長は、毎月15日(4月及び5月分は5月15日)までに前月分の学校給食費学校別調定一覧表(別記様式第8号)及び学校給食費収納状況表(別記様式第9号)を作成し、給食費の調定・収入状況を把握しておくものとする。

4 所長は、毎年度終了後、学校給食費収入状況調(別記様式第10号)を作成し、当該年度の給食費の収入状況を把握しておくものとする。

5 給食センターの職員に交付する納入通知書等については、第5条第1項の規定を準用する。この場合において、「倶知安町町立学校の学校長(以下「学校長」という。)」とあるのは「所長」と、「給食を受ける児童等の保護者及び給食を受ける教職員」とあるのは「給食センターの職員」と、「給食を受ける教職員に交付する納入通知書等」とあるのは「納入通知書等」と読み替えるものとする。

6 所長は、給食費を受領したときは、学校給食費納入袋の領収印欄に領収印を押印して納入者に交付するとともに、受領した給食費を現金取扱員に引き継がなければならない。

7 所長は、給食費を受領したときは、学校給食費収入原簿に記録しなければならない。

(試食の申出等)

第8条 条例第6条第1項の規定による試食の申出は、学校給食試食申出書(別記様式第11号)により行うものとする。

2 町長は、前項の申出があったときは、教育委員会の意見を参考にして給食を実施の有無を決定するものとする。

3 前項の規定により給食を実施することと決定したときは、試食承認通知書(別記様式第12号)により、給食を実施しないことと決定したときは、試食不承認通知書(別記様式第13号)により通知するものとする。

(実費の額の決定)

第9条 条例第6条第2項に規定する実費の額及び同項ただし書の規定により実費を徴収しない場合の決定は、試食費実費徴収伺書(別記様式第14号)により行うものとする。

(補則)

第10条 この規則に定めるもののほか、給食費の徴収事務に関し必要な事項は、教育委員会が定める。

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

(平成22年3月29日教委規則第2号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

(平成25年2月22日教委規則第1号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

(平成30年3月23日教委規則第3号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

(令和3年4月1日教委規則第1号)

この規則は、令和3年4月1日から施行する。

(令和4年3月24日教委規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は、令和4年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に提出されている改正前の各規則の規定に基づいて提出されている様式(次項において「旧様式」という。)は、改正後の各規則の規定による様式とみなす。

3 この規則の施行の際現にある旧様式については、当分の間、所要事項を調整して使用することができる。

画像画像

画像画像

画像

画像画像

画像

画像

画像画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

倶知安町学校給食費徴収条例施行規則

平成20年3月31日 教育委員会規則第5号

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成20年3月31日 教育委員会規則第5号
平成22年3月29日 教育委員会規則第2号
平成25年2月22日 教育委員会規則第1号
平成30年3月23日 教育委員会規則第3号
令和3年4月1日 教育委員会規則第1号
令和4年3月24日 教育委員会規則第2号