○前橋市支所及び出張所処務規則

昭和52年12月26日

規則第47号

(趣旨)

第1条 本市の支所(大胡支所、宮城支所、粕川支所及び富士見支所を除く。)及び出張所に関する事項については、別に定めがあるもののほか、この規則の定めるところによる。

(平16規則80・平21規則89・一部改正)

(分掌事務)

第2条 支所及び出張所の分掌する事務は、次のとおりとする。

(1) 支所

ア 市民への通知、伝達及び連絡に関すること。

イ 市税及び税外諸収入金並びに保管金等の収納に関すること。

ウ 原動機付自転車及び小型特殊自動車の新規登録、名義変更及び廃車に係る申告書の一部の受付に関すること。

エ 戸籍謄抄本及び各種証明書の交付に関すること。

オ 印鑑の登録(前橋市印鑑登録及び証明に関する条例(昭和49年前橋市条例第58号)第3条第1項の規定による申請に基づく登録のうち、同条例第4条第3項第1号に掲げるものの提示によって、同条第2項の規定による確認を省略することができるものに限る。)に関すること。

カ 戸籍の届出(出生、婚姻、死亡及び転籍の届出に限る。)の受理に関すること。

キ 住民異動届の一部の受付に関すること。

ク 個人番号の通知カードの紛失届及び再交付申請書の受付に関すること。

ケ 埋火葬の許可に関すること。

コ 自動車臨時運行の許可に関すること。

サ 国民健康保険、後期高齢者医療、福祉医療、児童手当、国民年金及び介護保険の各種届書及び申請書の受付等に関すること。

シ 身体障害者手帳の交付申請書、再交付申請書及び返還届の受付に関すること。

ス 公印の保管に関すること。

セ 職員の服務に関すること。

ソ 支所の財務に関すること。

(2) 出張所

ア 市民への通知、伝達及び連絡に関すること。

イ 市税及び税外諸収入金並びに保管金等の収納に関すること。

ウ 戸籍謄抄本及び各種証明書の交付に関すること。

エ 印鑑の登録(前橋市印鑑登録及び証明に関する条例第3条第1項の規定による申請に基づく登録のうち、同条例第4条第3項第1号に掲げるものの提示によって、同条第2項の規定による確認を省略することができるものに限る。)に関すること。

オ 住民異動届の一部の受付に関すること。

カ 国民健康保険、後期高齢者医療、福祉医療、児童手当及び介護保険の各種届書及び申請書の一部の受付に関すること。

キ 身体障害者手帳の住所変更の手続に関すること。

ク 公印の保管に関すること。

2 前項の規定にかかわらず、上川淵市民サービスセンター、桂萱市民サービスセンター、東市民サービスセンター、元総社市民サービスセンター及び南橘市民サービスセンター以外の出張所においては、同項第2号オからまでに規定する事務は行わないものとする。

(平17規則17・全改、平23規則49・平24規則58・平25規則64・平27規則39・平31規則15・一部改正)

(職及び職務)

第3条 支所に支所長、出張所に市民サービスセンター所長を置く。

2 支所及び出張所に副主幹を置くことができる。

3 支所長及び市民サービスセンター所長は、前条に規定する事務を処理するに当たっては、当該事務を所掌する課の長の命を受け、所管の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

(昭55規則27・昭58規則29・昭61規則10・平3規則6・一部改正、平14規則14・旧第4条繰上・一部改正、平23規則14・平23規則30・一部改正)

(専決事項)

第4条 支所長及び市民サービスセンター所長は、戸籍謄抄本及び各種証明書の交付に関する事項について専決することができる。ただし、重要又は異例と認めるものは、この限りでない。

(平17規則17・全改、平23規則30・一部改正)

(その他)

第5条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

(平14規則14・旧第6条繰上)

附 則

1 この規則は、昭和53年1月1日から施行する。

2 前橋市役所出張所処務規則(昭和29年前橋市規則第20号)は、廃止する。

附 則(昭和55年6月30日規則第27号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和56年8月1日規則第37号)

この規則は、昭和56年8月10日から施行する。

附 則(昭和57年11月29日規則第47号)

この規則は、昭和57年12月15日から施行する。

附 則(昭和58年11月22日規則第29号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和59年8月20日規則第32号)

この規則は、昭和59年9月5日から施行する。

附 則(昭和61年3月24日規則第10号) 抄

1 この規則は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年6月27日規則第24号)

この規則は、昭和62年7月10日から施行する。

附 則(昭和63年6月16日規則第22号)

この規則は、昭和63年7月1日から施行する。

附 則(平成3年3月26日規則第6号) 抄

(施行期日)

1 この規則は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成12年3月22日規則第1号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月29日規則第14号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成16年11月30日規則第80号) 抄

1 この規則は、平成16年12月5日から施行する。

附 則(平成17年3月30日規則第17号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成21年4月27日規則第89号)

この規則は、平成21年5月5日から施行する。

附 則(平成23年3月25日規則第14号) 抄

1 この規則は、平成23年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の日(以下「施行日」という。)の前日において主査の職(主査を冠する職を含む。以下同じ。)にある者が施行日以後に昇任するまでの間(昇任せず退職する場合は、その退職までの間)は、第1条の規定による改正後の前橋市事務分掌に関する規則(以下「改正後の事務分掌規則」という。)第5条、第2条の規定による改正後の前橋市職員の職の設置に関する規則(以下「改正後の職の設置規則」という。)第2条第1項及び第2項、第3条の規定による改正後の前橋市支所及び出張所処務規則(以下「改正後の支所出張所処務規則」という。)第3条第1項及び第2項、第4条の規定による改正後の前橋市保健所の組織等に関する規則(以下「改正後の保健所組織等規則」という。)第4条並びに第5条の規定による改正後の前橋工科大学処務規則(以下「改正後の工科大学処務規則」という。)第4条の規定にかかわらず主査の職を置くことができる。この場合において、改正後の事務分掌規則第5条第6項中「副主幹」とあるのは「副主幹又は主査」とし、改正後の職の設置規則第2条第1項第1号中「副主幹」とあるのは「副主幹 主査」と、同条第2項中「前項第3号」とあるのは「前項第2号又は第3号」と、「指導」とあるのは「主査又は指導」とし、改正後の支所出張所処務規則第3条第2項中「副主幹」とあるのは「副主幹又は主査」とし、改正後の保健所組織等規則第4条第5項中「副主幹」とあるのは「副主幹及び主査」とし、改正後の工科大学処務規則第4条第5項及び第5条第5項中「副主幹」とあるのは「副主幹及び主査」とする。

附 則(平成23年3月31日規則第30号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成23年9月27日規則第49号)

この規則は、平成23年10月3日から施行する。

附 則(平成24年9月20日規則第58号)

この規則は、平成24年10月1日から施行する。

附 則(平成25年10月17日規則第64号)

この規則は、平成25年12月1日から施行する。

附 則(平成27年8月6日規則第39号)

この規則は、平成27年10月1日から施行する。

附 則(平成31年3月14日規則第15号)

この規則は、公布の日から施行する。

前橋市支所及び出張所処務規則

昭和52年12月26日 規則第47号

(平成31年3月14日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第1節 事務分掌
沿革情報
昭和52年12月26日 規則第47号
昭和55年6月30日 規則第27号
昭和56年8月1日 規則第37号
昭和57年11月29日 規則第47号
昭和58年11月22日 規則第29号
昭和59年8月20日 規則第32号
昭和61年3月24日 規則第10号
昭和62年6月27日 規則第24号
昭和63年6月16日 規則第22号
平成3年3月26日 規則第6号
平成12年3月22日 規則第1号
平成14年3月29日 規則第14号
平成16年11月30日 規則第80号
平成17年3月30日 規則第17号
平成21年4月27日 規則第89号
平成23年3月25日 規則第14号
平成23年3月31日 規則第30号
平成23年9月27日 規則第49号
平成24年9月20日 規則第58号
平成25年10月17日 規則第64号
平成27年8月6日 規則第39号
平成31年3月14日 規則第15号