○公開口頭審理の傍聴に関する規則

昭和54年11月1日

公平委員会規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第50条第1項の規定による公開口頭審理(以下「口頭審理」という。)の傍聴に関し、必要な事項を定めるものとする。

(平19公平委規則4・一部改正)

(傍聴の手続)

第2条 口頭審理を傍聴しようとする者は、公平委員会の定める用紙に自己の住所、氏名を記入し、委員長の命を受けた係員の指示に従い、所定の傍聴席に着席しなければならない。

2 委員長は、必要により傍聴券を発行し、傍聴人の数を制限することができる。なお、傍聴券を発行したときは、傍聴券を持たない者は傍聴することができない。

(入場の禁止)

第3条 次の各号の一に該当する者は、傍聴席に入ることができない。

(1) 酒気を帯びていると認められる者

(2) 凶器の類その他人に危害を加え、又は迷惑を及ぼすおそれのある物品を携帯している者

(3) プラカード、のぼり、旗その他審理場に持ち込むことが不適当であると認める物品を携帯している者

(4) はち巻、たすき、腕章、ヘルメット、ゼッケンの類を着用し、又は携帯している者

(5) その他口頭審理の円滑な運営を妨げるおそれがあると認められる者

(傍聴人の守るべき事項)

第4条 傍聴人は、傍聴席にあるときは静粛を旨とし、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 口頭審理における発言に対して拍手その他の方法により賛否を表明しないこと。

(2) 放歌、談笑その他騒がしい行為をしないこと。

(3) 所定の傍聴席以外の場所に立ち入らないこと。

(4) 喫煙又は飲食をしないこと。

(5) 撮影、録音等を行わないこと。

(6) その他審理場の秩序を乱し、又は口頭審理の妨害となるような行為をしないこと。

(退場等の指示)

第5条 委員長は、傍聴人がこの規則に違反したときは注意を与え、なお改めないときは退場を命ずることができる。

(補則)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、公平委員会が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月29日公平委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

公開口頭審理の傍聴に関する規則

昭和54年11月1日 公平委員会規則第4号

(平成19年3月29日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第5章 公平委員会
沿革情報
昭和54年11月1日 公平委員会規則第4号
平成19年3月29日 公平委員会規則第4号