○前橋市公平委員会処務規程

昭和42年8月18日

公平委員会訓令甲第1号

公平委員会

(趣旨)

第1条 この訓令は、別に定めるもののほか、前橋市公平委員会(以下「委員会」という。)の事務処理に関し必要な事項を定めるものとする。

(事務職員)

第2条 委員会に書記長、書記その他の職員を置く。

2 書記長は、委員会の命を受けて委員会の事務を処理し、所属職員を指揮監督する。

3 職員は、上司の命を受けて事務に従事する。

4 書記長に事故があるときは、上席の職員がその職務を代理する。

(専決)

第3条 書記長は、次の事項を専決することができる。

(1) 職員の出張に関する事項

(2) 職員の時間外勤務命令に関する事項

(3) 職員の休暇に関する事項

(4) 定例又は軽易な報告、照会及び通知に関する事項

(5) 各種資料の収集に関する事項

(6) 物品の保管に関する事項

(7) 情報公開に係る処理に関する事項

(8) 個人情報の保護に係る処理に関する事項

(9) その他軽易な事項

(昭56公平委訓令甲1・平10公平委訓令甲1・一部改正)

(公印)

第4条 委員会及び委員長の公印は、次のとおりとし、書記長がこれを保管する。

名称

寸法

書体

ひな形

使用区分

前橋市公平委員会印

方24ミリメートル

れい書

画像

委員会名をもってする文書用

前橋市公平委員会委員長印

方18ミリメートル

れい書

画像

委員長名をもってする文書用

(定数)

第5条 事務職員の定数は、前橋市職員定数条例(昭和35年前橋市条例第3号)の定めるところによる。

(規程の準用)

第6条 事務職員の服務等に関しては、前橋市諸規程を準用する。

(昭56公平委訓令甲1・一部改正)

(委任)

第7条 法令及びこの訓令に定めるもののほか、委員会の事務処理及び事務職員についての必要な事項は、委員会が別に定める。

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(昭和56年4月13日公平委訓令甲第1号)

この訓令は、公布の日から施行し、昭和56年4月1日から適用する。

附 則(平成10年3月31日公平委訓令甲第1号)

この訓令は、平成10年4月1日から施行する。

前橋市公平委員会処務規程

昭和42年8月18日 公平委員会訓令甲第1号

(平成10年3月31日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第5章 公平委員会
沿革情報
昭和42年8月18日 公平委員会訓令甲第1号
昭和56年4月13日 公平委員会訓令甲第1号
平成10年3月31日 公平委員会訓令甲第1号