○前橋市庁舎管理規則

昭和34年3月9日

規則第8号

(目的)

第1条 この規則は、市庁舎の管理に関して、必要な事項を定めることにより市庁舎の維持管理を図り、もって業務の適正かつ円滑な遂行を確保することを目的とする。

(平22規則53・一部改正)

(定義)

第2条 この規則で「市庁舎」とは、本市の事務又は事業の用に供する建物、その敷地及びこれらに属する従物(直接公共の用に供するものを除く。)で市長の管理に属するものをいう。

(平22規則53・全改)

(市庁舎への立入等)

第3条 陳情、参観その他の目的で、集合して市庁舎内に立ち入ろうとする者は、あらかじめ立入の目的、日時、所要時間、参加人員並びに責任者の住所及び氏名を市長に申し出て指示を受けなければならない。

(使用の制限)

第3条の2 市庁舎は、市が共催又は後援する共進会、展示会等の行事で市長の承認を得て使用する場合のほか、集団で使用してはならない。

(平22規則53・一部改正)

(行商等の禁止)

第4条 何人も市庁舎内で行商又はこれに類する行為(以下「行商」という。)をしてはならない。ただし、特に市長の許可を受けた場合は、この限りでない。

(平22規則53・一部改正)

(時間外の市庁舎内への立入)

第5条 執務時間外に市庁舎内に立ち入ろうとする者は、目的、所要時間、住所及び氏名を当直員に申し出て指示を受けなければならない。

(掲示物等)

第6条 市庁舎内に、はり紙若しくははり札を掲示し、又は掲示板、たて札若しくはたて看板等を掲出しようとする者は、見本又はひな形若しくは図面を添え、掲示又は掲出の目的、種類、方法、期間並びに責任者の住所及び氏名を記載した申請書を提出し、市長の許可を受けなければならない。ただし、市職員組合が、市長の定めた掲示場に、正当なる組合活動のために掲出するものは、この限りでない。

(平22規則53・一部改正)

(禁止行為)

第7条 市庁舎において、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 執務の妨害となる行為

(2) 正当な理由なく凶器その他危険を及ぼすおそれのある物品を持ち込む行為

(3) 示威若しくはけん騒にわたり、又は市庁舎内の秩序を乱す行為

(4) 通行の妨害となる行為

(5) 職員等に面会を強要し、又は乱暴な言動をする行為

(6) 市庁舎に用務のない者が駐停車する行為

(7) 所定の場所以外に駐停車する行為

(8) 前各号に定めるもののほか、市庁舎を管理する上で、市長が不適当と認める行為

(平22規則53・全改、平31規則35・一部改正)

(市庁舎内の立入禁止等)

第8条 次の各号のいずれかに該当する場合は、市長は市庁舎内に立ち入ることを禁止し、又は退去を命じ、若しくはその使用又は立入りの承認又は許可を取り消すことができる。

(1) 第3条の指示又は許可若しくは第4条の許可を受けないで当該行為をしたとき又は事実が内容と相違したとき。

(2) 前条の規定に違反したとき。

(3) 市庁舎内での行動が法令その他の規定に違反したとき。

(平22規則53・一部改正)

(掲示物等の撤去)

第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当する掲示物又は掲出物を当該職員をして撤去させるものとする。

(1) 第6条の許可を受けない物件

(2) 許可申請の事項と相違して掲示若しくは掲出した物件

(平22規則53・一部改正)

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

(平31規則35・追加)

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和40年12月16日規則第43号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年7月8日規則第53号)

この規則は、平成22年8月1日から施行する。

附 則(平成31年3月29日規則第35号)

この規則は、平成31年4月1日から施行する。

前橋市庁舎管理規則

昭和34年3月9日 規則第8号

(平成31年4月1日施行)