○前橋市奨学資金貸与条例施行規則

昭和44年3月28日

教育委員会規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、前橋市奨学資金貸与条例(昭和44年前橋市条例第22号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(申請手続)

第2条 条例第5条の規定により奨学金の貸与を受けようとする者は、奨学金貸与申請書及び奨学生調書を所属学校長を経由して前橋市教育委員会教育長(以下「教育長」という。)に提出しなければならない。

2 前項に規定する申請書等の提出時期については、教育長がその都度定める。

(平14教委規則5・平24教委規則9・一部改正)

(奨学金の貸与)

第3条 奨学金は、年を4期に区分し、原則としてそれぞれの期の最初の月に貸与する。

(保証人の変更)

第4条 条例第5条に規定する連帯保証人(以下「保証人」という。)を変更しようとするときは、教育長に届け出てその承認を受けなければならない。

2 教育長は、保証人が適当でないと認めるときは、これを変更させることができる。

(平24教委規則9・一部改正)

(審査委員会の組織)

第5条 前橋市奨学資金貸与審査委員会(以下「審査委員会」という。)の委員は、7人以内をもって組織し、市立学校長及び学識経験者のうちから教育長が委嘱する。

(平12教委規則17・平24教委規則9・一部改正)

(会長及び副会長)

第6条 審査委員会に、会長及び副会長各1人を置き、委員の互選によりこれを定める。

2 会長は、審査委員会を代表し、会務を総理する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(平24教委規則9・一部改正)

(委員の任期)

第7条 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 委員は、再任されることができる。

(平24教委規則9・一部改正)

(会議及び運営)

第8条 審査委員会の会議は、会長がこれを招集する。

2 会議は、委員の3分の2以上が出席し、出席委員の過半数により決し、可否同数のときは会長の決するところによる。

3 会議の庶務は、教育委員会事務局において処理する。

(校長の証明)

第9条 条例第8条第1号に規定する報告に当たっては、当該校長の証明書を添えなければならない。

(返還延期の申請)

第10条 条例第11条ただし書の規定により、返還の延期を希望する者は、教育長にその事実を証明する書類を添えて申請しなければならない。

2 教育長は、前項の規定による申請を審査し、返還の延期を決定したときは、申請者に延期許可書を交付するものとする。

(昭55教委規則6・追加、平24教委規則9・一部改正)

(返還の延期の期間)

第11条 条例第11条ただし書の規定により、返還を延期することのできる期間は、次のとおりとする。

(1) 条例第11条第1号に該当するときは、当該学校の修業年限

(2) 条例第11条第2号に該当するときは、1年以内。ただし、当該事由が継続するときは、延長することができる。

(昭55教委規則6・追加)

(奨学生の予定)

第12条 教育長は、中学校第3学年に在学する者で、高等学校等に進学を希望するもののうちから、奨学生予定者を定めることができる。

(昭55教委規則6・旧第10条繰下、平24教委規則9・一部改正)

(書類の様式)

第13条 次に掲げる書類の様式は、教育長が別に定める。

(1) 奨学金貸与申請書

(2) 奨学生調書

(平24教委規則9・追加)

(委任)

第14条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が別に定める。

(昭55教委規則6・旧第11条繰下、平24教委規則9・旧第13条繰下)

附 則

1 この規則は、昭和44年4月1日から施行する。

2 前橋市奨学資金予約奨学生採用規則(昭和34年前橋市教育委員会規則第2号)は、廃止する。

附 則(昭和55年3月27日教委規則第6号)

この規則は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(平成12年8月22日教委規則第17号)

この規則は、平成12年11月1日から施行する。

附 則(平成14年3月22日教委規則第5号)

1 この規則は、平成14年4月1日から施行する。

2 この規則施行の日前に改正前の前橋市行政手続条例の施行に関する前橋市教育委員会規則等の規定により調製した様式については、残存するものに限り、当分の間使用することができる。

附 則(平成24年11月20日教委規則第9号)

この規則は、平成24年11月20日から施行する。

前橋市奨学資金貸与条例施行規則

昭和44年3月28日 教育委員会規則第3号

(平成24年11月20日施行)