○前橋市社会教育指導員設置に関する規則

昭和47年5月27日

教育委員会規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は、本市における社会教育の振興及び充実を図るため、社会教育指導員の設置等に関し、必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 本市に前橋市社会教育指導員(以下「指導員」という。)を置く。

(任務)

第3条 指導員の任務は、次のとおりとする。

(1) 社会教育を行う各種の学級、講座の運営指導及び助言を行うものとする。

(2) 社会教育を行う各種団体の育成等に当たること。

(3) 行政機関、公民館等の行う行事又は事業に協力すること。

(4) 各種団体及び事業所の行う社会教育振興に関する行事又は事業について求めに応じ協力すること。

(昭52教委規則2・一部改正)

(指導員の数)

第4条 指導員の数は、11名以内とする。

(昭56教委規則10・昭57教委規則6・一部改正)

(任命)

第5条 指導員は、年齢65歳未満の健康かつ活動的である者で、次の各号の一に該当する者のうちから前橋市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が任命する。

(1) 社会教育主事の講習を修了した者

(2) 教育職員の普通免許状を有する者で、3年以上教育経験及び社会教育に関する識見と指導技術を身につけている者

(3) 前2号に掲げるもののほか、社会教育に関する学識経験を有する者

2 指導員は、非常勤とする。

(昭52教委規則2・全改)

(任期)

第6条 指導員の任期は、1年とする。ただし、指導員が欠けた場合においては、選任された当該指導員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 前項の指導員は、再任されることができる。

(昭56教委規則10・一部改正)

(服務)

第7条 指導員は、社会教育主事と密接に連絡し、協力しなければならない。

2 指導員は、その職務を遂行するに当たっては、法令、条例及び教育委員会の定める規則に従わなければならない。

3 指導員は、その職の信用を傷つけ、又は不名誉となるような行為をしてはならない。

(勤務)

第8条 指導員は、教育委員会の定める計画に基づき週30時間、第3条の任務を遂行するものとする。

(昭52教委規則2・平11教委規則2・一部改正)

(執務日誌)

第9条 指導員は、執務日誌(別記様式)に必要な事項を記載し、当月分を翌月5日までに教育長に提出しなければならない。

(研修)

第10条 指導員は、常にその職務を行ううえに必要な知識の修得につとめなければならない。

(委任)

第11条 この規則の施行に関し、必要な事項は、教育長が定める。

附 則

1 この規則は、昭和47年7月1日から施行する。

2 この規則の施行日において、指導員に委嘱された者の任期については、第6条第1項の規定にかかわらず昭和48年3月31日までとする。

附 則(昭和52年4月1日教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和56年3月28日教委規則第10号)

この規則は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年3月31日教委規則第6号)

この規則は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(平成11年3月30日教委規則第2号)

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

(昭52教委規則2・全改)

画像

前橋市社会教育指導員設置に関する規則

昭和47年5月27日 教育委員会規則第5号

(平成11年3月30日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和47年5月27日 教育委員会規則第5号
昭和52年4月1日 教育委員会規則第2号
昭和56年3月28日 教育委員会規則第10号
昭和57年3月31日 教育委員会規則第6号
平成11年3月30日 教育委員会規則第2号