○前橋市文化財保護条例

昭和38年3月20日

条例第19号

(目的)

第1条 この条例は、文化財保護法(昭和25年法律第214号。以下「法」という。)第182条第2項の規定に基づき、法及び群馬県文化財保護条例(昭和51年群馬県条例第39号。以下「県条例」という。)の規定による指定を受けた文化財以外の文化財で前橋市(以下「市」という。)の区域内に存するもののうち市にとって重要なものについて、その保存及び活用のため必要な措置を講じ、もって市民の文化的向上に資するとともに、我が国文化の進歩に貢献することを目的とする。

(昭52条例52・全改、平17条例7・一部改正)

(定義)

第2条 この条例で「文化財」とは、法第2条第1項第1号から第4号までに掲げる有形文化財、無形文化財、民俗文化財及び記念物をいう。

(昭52条例52・平8条例8・一部改正)

(指定)

第3条 前橋市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、市の区域内に存する文化財(法及び県条例の規定により指定された文化財を除く。)のうち市にとって重要なものを前橋市指定重要文化財、前橋市指定重要無形文化財、前橋市指定重要有形民俗文化財、前橋市指定重要無形民俗文化財、前橋市指定史跡、前橋市指定名勝又は前橋市指定天然記念物に指定することができる。

(昭52条例52・全改、平8条例8・一部改正)

(解除)

第4条 教育委員会は、前条によって指定された文化財が市の区域内に存在しなくなった場合又はその価値を失った場合その他特別の事由があるときは、その指定を解除することができる。

(告示及び通知)

第5条 前2条の規定により指定し、又は解除したときは、教育委員会はその旨を告示し、所有者又は権原に基づく占有者に通知しなければならない。

(昭52条例52・全改)

(管理又は修理復旧等の責任)

第6条 第3条の規定によって指定された文化財の管理又は修理若しくは復旧は、所有者又は所有者に代わり当該指定された文化財の管理の責めに任ずべき者(以下「管理責任者」という。)が行うものとする。

(昭52条例52・追加)

(勧告)

第7条 教育委員会は、第3条によって指定された文化財の保存のため必要があると認めるときは、所有者又は管理責任者に対し、その管理又は修理若しくは復旧について勧告することができる。

(昭52条例52・旧第6条繰下)

(補助)

第8条 前条の管理又は修理若しくは復旧に多額の費用を要し、所有者又は管理責任者がその負担に堪えないと認める場合その他特別の事由があると認める場合は、市はその経費の一部に充てさせるため、予算の範囲内において所有者又は管理責任者に補助金を交付することができる。

2 前項の補助金を交付する場合、教育委員会はその補助の条件として管理又は修理に関し必要な事項を指示するとともに、必要があると認めるときは、当該管理又は修理について指揮監督することができる。

(昭52条例52・旧第7条繰下)

(文化財調査委員)

第9条 教育委員会に文化財調査委員(以下「委員」という。)を置く。

2 委員は、教育委員会の諮問に応じ、文化財の保存及び活用に関する事項を調査研究し、これらに関し教育委員会に意見を具申する。

(昭52条例52・旧第8条繰下)

(委員の定数及び委嘱)

第10条 委員の定数は5人以内とし、教育委員会がこれを委嘱する。ただし、必要に応じて臨時委員を委嘱することができる。

(昭42条例27・一部改正、昭52条例52・旧第9条繰下、平8条例8・一部改正)

(委員の任期)

第11条 委員の任期は、2年とする。ただし、再任をさまたげない。

2 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(昭44条例23・一部改正、昭52条例52・旧第10条繰下)

(委員の解嘱)

第12条 教育委員会は、委員が心身の故障のため職務の執行ができないと認めるとき、又は委員たるに適しない行為があるときは、これを解嘱することができる。

(昭52条例52・旧第11条繰下)

(委任)

第13条 この条例を実施するために必要な事項は、教育委員会規則で定める。

(昭44条例23・旧第13条繰上、昭52条例52・旧第12条繰下)

附 則

(施行期日)

1 この条例は、昭和38年4月1日から施行する。

(平16条例19・旧附則・一部改正)

(勢多郡大胡町、宮城村及び粕川村の編入に伴う経過措置)

2 勢多郡大胡町、同郡宮城村及び同郡粕川村を廃し、その区域を前橋市に編入する日前に大胡町文化財保護条例(昭和43年大胡町条例第3号)、宮城村文化財保護条例(昭和42年宮城村条例第13号)又は粕川村文化財保護条例(昭和40年粕川村条例第5号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(平16条例19・追加)

(勢多郡富士見村の編入に伴う経過措置)

3 勢多郡富士見村を廃し、その区域を前橋市に編入する日前に富士見村文化財保護条例(昭和42年富士見村条例第14号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(平20条例48・追加)

附 則(昭和42年3月24日条例第27号)

この条例は、昭和42年5月1日から施行する。

附 則(昭和44年3月31日条例第23号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和52年12月7日条例第52号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 この条例の施行の際現にこの条例による改正前の条例の規定によって指定されている前橋市指定重要文化財、前橋市指定重要無形文化財、前橋市指定重要民俗資料及び前橋市指定史跡は、この条例による改正後の条例の規定により指定されたものとみなす。

附 則(平成8年5月7日条例第8号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年9月15日条例第19号) 抄

(施行期日)

1 この条例は、平成16年12月5日から施行する。

附 則(平成17年3月16日条例第7号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成20年12月12日条例第48号) 抄

(施行期日)

1 この条例は、平成21年5月5日から施行する。

前橋市文化財保護条例

昭和38年3月20日 条例第19号

(平成21年5月5日施行)