○前橋市敬老祝金条例

昭和58年3月19日

条例第8号

前橋市敬老年金条例(昭和33年前橋市条例第10号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この条例は、前橋市の住民である高齢者に対し、その長寿を祝福し敬老の意を表するため、敬老祝金(以下「祝金」という。)を贈与することを目的とする。

(受給資格)

第2条 祝金は、次の各号のいずれにも該当する者に贈与する。

(1) その年度の3月31日現在で満80歳、満88歳又は満100歳に到達する者であること。

(2) その年の9月1日現在で本市に居住し、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定により住民票に記載されていること。

(平8条例8・平9条例19・平10条例12・平17条例16・平24条例29・平29条例7・一部改正)

(祝金の額)

第3条 祝金の額は、次に定めるところによる。

(1) 満80歳又は満88歳の者 年額 1万円

(2) 満100歳の者 年額 10万円

(平8条例8・平10条例12・平17条例16・平22条例12・平29条例7・一部改正)

(贈与の時期)

第4条 祝金は、その年9月に贈るものとする。

(委任)

第5条 この条例の施行について必要な事項は、市規則で定める。

(平10条例12・旧第6条繰上)

附 則

(施行期日)

1 この条例は、昭和58年4月1日から施行する。

(平20条例48・一部改正)

(経過措置)

2 改正前の前橋市敬老年金条例の規定により敬老年金証書の交付を受け、年金を受ける権利を持っている者は、改正後の前橋市敬老祝金条例の規定による祝金の贈与を受けることができる者とみなす。

(平20条例48・一部改正)

(勢多郡富士見村の編入に伴う経過措置)

3 勢多郡富士見村を廃し、その区域を前橋市に編入する日(以下この項及び次項において「編入日」という。)以後に満100歳に到達する者として第2条の規定の適用を受ける者が編入日の前日に同村に居住していた場合(編入日において編入前の同村の区域に引き続き3年以上居住している場合に限る。)で、編入日以後引き続き本市に居住し、住民基本台帳法の規定により住民票に記載され、又は外国人登録法の規定により本市の外国人登録原票に登録されている場合における第3条第4号の規定の適用については、平成21年度に限り、同号中「5万円」とあるのは、「10万円」とする。

(平20条例48・追加)

4 平成21年4月1日から編入日の前日までの間に富士見村敬老祝金給付条例(平成6年富士見村条例第2号)の規定により一時祝金の支給を受けた者については、この条例の規定にかかわらず、平成21年度に限り、祝金を贈与しない。

(平20条例48・追加)

附 則(平成8年5月7日条例第8号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成9年3月31日条例第19号)

(施行期日)

1 この条例は、平成9年4月1日から施行する。ただし、第2条第2号の改正規定は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)前に生存していたならば満74歳以上となる者で、平成9年1月1日から同年3月31日までの間に死亡したものは、施行日から同年9月14日までの間に死亡した者とみなす。

附 則(平成10年3月26日条例第12号)

この条例は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月30日条例第16号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成20年12月12日条例第48号) 抄

(施行期日)

1 この条例は、平成21年5月5日から施行する。

附 則(平成22年3月29日条例第12号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年5月31日条例第29号)

この条例は、平成24年7月9日から施行する。

附 則(平成29年3月31日条例第7号)

この条例は、平成29年4月1日から施行する。

前橋市敬老祝金条例

昭和58年3月19日 条例第8号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
昭和58年3月19日 条例第8号
平成8年5月7日 条例第8号
平成9年3月31日 条例第19号
平成10年3月26日 条例第12号
平成17年3月30日 条例第16号
平成20年12月12日 条例第48号
平成22年3月29日 条例第12号
平成24年5月31日 条例第29号
平成29年3月31日 条例第7号