○前橋市迷惑駐車等の防止に関する条例施行規則

平成8年6月13日

規則第19号

(重点地域の告示)

第2条 条例第6条第5項に定める迷惑駐車等防止重点地域(以下「重点地域」という。)の指定又は解除の告示については、前橋市公告式条例(昭和25年前橋市条例第283号)第4条の規定を準用する。この場合において、同条中「規程」とあるのは、「告示」と読み替えるものとする。

(地域住民)

第3条 条例第6条第2項に規定する地域住民は、次のとおりとする。

(1) 重点地域の全部又は一部をその区域に含む自治会の代表者

(2) 重点地域の全部又は一部をその区域に含む商店会等の代表者

(3) その他市長が必要と認めるもの

(関係行政機関)

第4条 条例第6条第2項及び第7条第2項に規定する関係行政機関は、次のとおりとする。

(1) 重点地域の道路を管理する道路管理者

(2) その他市長が必要と認めるもの

(助言活動員)

第5条 市長は、次に掲げる措置の実施を警備業法(昭和47年法律第117号)の規定による警備業者の認定を受けた者に委託することができる。

(1) 条例第7条第1項各号に掲げる措置

(2) 条例第8条の規定による警察署長に対する違法駐車の取締りの要請

2 前項の規定による委託を受けた者は、警備員等の検定に関する規則(昭和61年国家公安委員会規則第5号)の規定による交通誘導警備の検定合格証を有する警備員を配置し、当該業務を遂行するものとする。

3 前項の規定により第1項に規定する措置を行う者を、前橋市迷惑駐車等防止助言活動員(以下「助言活動員」という。)と呼称する。

4 助言活動員は、措置を行うに際し、その身分を記した腕章(様式)を左上腕部に着用しなければならない。

(補則)

第6条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成8年7月1日から施行する。

画像

前橋市迷惑駐車等の防止に関する条例施行規則

平成8年6月13日 規則第19号

(平成8年6月13日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 市民生活/第5節 交通安全
沿革情報
平成8年6月13日 規則第19号