○前橋市営競輪制裁審議会の議事に関する規程

昭和43年5月1日

告示第53号

(趣旨)

第1条 この告示は、前橋市自転車競走実施規則(昭和37年前橋市規則第29号。以下「規則」という。)第57条第3項の規定に基づき、前橋市営競輪制裁審議会(以下「審議会」という。)の議事に関し必要な事項を定めるものとする。

(会議の招集等)

第2条 審議会の会議(以下「会議」という。)は、次の各号のいずれかに該当する場合に会長が招集する。

(1) 審判委員から会議の開催について請求があった場合

(2) 競輪に参加した選手から会議の開催について請求があった場合

(3) その他会長が必要があると認めた場合

2 前項第1号及び第2号に規定する会議の開催の請求をしようとする者は、次の各号に掲げる事項を記載した書面を会長に提出しなければならない。

(1) 請求する者の役職名及び氏名

(2) 請求する理由

(会議の議長)

第3条 会長は、会議の議長となる。

2 会長に事故あるときは、規則で定める副委員長がその職務を行う。

(会議)

第4条 会議は、委員の3分の2以上が出席しなければ開催することができない。

2 会議の議事は、会議に出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(請求者の出席等)

第5条 会議の開催を請求した者は、会議に出席し、議長の許可を得て発言することができる。

2 会議の開催を請求した者が、審議会の委員であるときは、採決に加わることができない。

(通知)

第6条 会長は、会議の議決事項を速やかに市長、日本自転車振興会、会議の開催を請求した者その他利害関係人に書面で通知するものとする。

(議事録)

第7条 会長は、会議の議事録を調製し、会議で指名した議事録署名人とともに、これに署名しなければならない。

(書記)

第8条 審議会に書記1名を置く。

2 書記は、会長の命を受け審議会の庶務に従事しなければならない。

附 則

1 この告示は、公表の日から施行する。

2 前橋市自転車競走制裁審議会規程(昭和25年前橋市規程第448号)は、廃止する。

前橋市営競輪制裁審議会の議事に関する規程

昭和43年5月1日 告示第53号

(昭和43年5月1日施行)

体系情報
第10編 産業経済/第5章 公営事業
沿革情報
昭和43年5月1日 告示第53号