○前橋市公共物使用等に関する条例施行規則

昭和59年3月31日

規則第17号

(許可の申請)

第1条 前橋市公共物使用等に関する条例(昭和59年前橋市条例第12号。以下「条例」という。)第4条の規定による行為の許可を受けようとする者は、次の各号に掲げる行為の区分に応じ、当該各号に定める許可申請書に市長が必要と認める書類を添付して市長に提出しなければならない。

(1) 条例第4条第1号から第3号までに規定する行為(次号に掲げる行為を除く。) 公共物使用(工作物設置・敷地占用・流水引用)許可申請書

(2) 道路、水路等の改良工事 公共物改良工事施行許可申請書

(3) 条例第4条第4号に規定する行為 公共物の生産物採取許可申請書

(4) 条例第4条第5号に規定する行為 廃液等流入許可申請書

(平22規則6・一部改正)

(工事の着手)

第2条 条例第4条の許可を受けた者は、工事に着手しようとするときは、あらかじめ公共物使用等工事着手届を市長に提出しなければならない。

(平22規則6・追加)

(許可期間の更新)

第3条 許可を受けた者が、条例第6条の規定による許可期間を更新しようとする場合においては、当該許可期間の満了する日の1か月前までに公共物使用等許可期間更新許可申請書を市長に提出して許可を受けなければならない。

(平22規則6・旧第2条繰下・一部改正)

(権利義務の移転)

第4条 条例第7条の規定により、権利義務を他人に移転しようとする者及び相続により承継しようとする者は、公共物使用等権利義務移転・承継許可申請書を市長に提出しなければならない。

(平22規則6・旧第3条繰下・一部改正)

(完成の届出)

第5条 条例第8条の規定による届出は、工作物の完成した日から14日以内に公共物使用等工事完了届を市長に提出しなければならない。

(平22規則6・旧第4条繰下・一部改正)

(許可事項の変更)

第6条 許可を受けた者が、条例第9条の規定により変更の許可を受けようとする場合においては、公共物使用等許可事項変更許可申請書を市長に提出しなければならない。

(平22規則6・旧第5条繰下・一部改正)

(廃止の届出)

第7条 条例第4条の許可を受けた者は、公共物の使用等を廃止しようとするときは、あらかじめ公共物使用等廃止届を市長に提出しなければならない。

(平22規則6・追加)

(原状回復)

第8条 許可を受けた者は、条例第14条の規定により原状回復した場合においては、使用の終了又は廃止の日から14日以内に公共物使用等原状回復届を市長に提出しなければならない。

(平22規則6・旧第6条繰下・一部改正)

(書類の様式)

第9条 次に掲げる書類の様式は、別に定める。

(1) 公共物使用(工作物設置・敷地占用・流水引用)許可申請書

(2) 公共物改良工事施行許可申請書

(3) 公共物の生産物採取許可申請書

(4) 廃液等流入許可申請書

(5) 公共物使用等工事着手届

(6) 公共物使用等許可期間更新許可申請書

(7) 公共物使用等権利義務移転・承継許可申請書

(8) 公共物使用等工事完了届

(9) 公共物使用等許可事項変更許可申請書

(10) 公共物使用等廃止届

(11) 公共物使用等原状回復届

(平22規則6・追加)

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

(平22規則6・旧第7条繰下)

附 則

1 この規則は、昭和59年4月1日から施行する。

2 この規則施行の際現に改正前の前橋市道路占用及び堤塘、用悪水路等使用規則(昭和30年前橋市規則第7号。以下「改正前の規則」という。)の規定により市長に対してしている許可の申請その他の手続は、それぞれこの規則の各相当規定により市長に対してした許可の申請その他の手続とみなす。

3 改正前の規則による様式は、当分の間適宜補正して使用することができる。

附 則(平成14年3月29日規則第25号)

1 この規則は、平成14年4月1日から施行する。

2 この規則の施行前に改正前の前橋市聴聞及び弁明の機会の付与に関する規則等の規定により調製した様式についは、残存するものに限り、当分の間使用することができる。

附 則(平成22年2月24日規則第6号)

1 この規則は、平成22年4月1日から施行する。

2 この規則の施行前に改正前の前橋市公共物使用等に関する条例施行規則の規定により調製された様式は、残存するものに限り、当分の間使用することができる。

前橋市公共物使用等に関する条例施行規則

昭和59年3月31日 規則第17号

(平成22年4月1日施行)