○前橋市都市計画事業特別融資資金の預託に関する条例

昭和49年3月30日

条例第28号

(目的)

第1条 この条例は、前橋市の都市計画事業及びこれに関連する事業により、建築物の移転又は除却を行い、みずから居住するための住宅の新築、増築若しくは改築をし、又は移転先の土地を購入するために必要な資金の融資の措置を講ずることにより、事業の円滑な促進を図ることを目的とする。

(昭53条例21・全改、平8条例8・一部改正)

(預託)

第2条 市長は、前条の目的を達成するための資金として、毎年度予算の範囲内で定める額を市長が指定する金融機関(以下「金融機関」という。)に預託する。

2 前項の規定による預託の条件は、市長と金融機関との契約に定めるところによる。

(平17条例18・一部改正)

(預託金の運用)

第3条 預託金の運用については、別に市長が定める。

(預託金の歳入繰入れ)

第4条 預託金は、預託を行った当該年度の一般歳入に繰り入れるものとする。

附 則

この条例は、昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年3月28日条例第21号)

この条例は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(平成8年5月7日条例第8号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年3月30日条例第18号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

前橋市都市計画事業特別融資資金の預託に関する条例

昭和49年3月30日 条例第28号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第11編 設/第5章 都市計画
沿革情報
昭和49年3月30日 条例第28号
昭和53年3月28日 条例第21号
平成8年5月7日 条例第8号
平成17年3月30日 条例第18号