○前橋市水道局職員の事務服貸与に関する規程

昭和37年7月3日

水道部管理規程第7号

(趣旨)

第1条 前橋市水道局職員(以下「職員」という。)の服装を統一し、品位の保持と事務能率の向上を図るため、職員に対し、この規程の定めるところにより、事務服を貸与する。

(平26水管規程1・一部改正)

(貸与基準)

第2条 貸与する事務服の種類、被貸与者、数量及び貸与期間は、別表に定めるところによる。

2 公営企業管理者(以下「管理者」という。)は、職員の職務の内容により必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず、貸与することができる。この場合において、貸与品の種類、被貸与者、数量及び貸与期間は、そのつど定める。

(平4水管規程9・全改、平10水管規程14・平15水管規程3・一部改正)

(事務服の着用)

第3条 事務服の貸与を受けた職員は、勤務中原則としてこれを着用しなければならない。

(管理上の注意)

第4条 貸与品は、貸与を受けた職員が責任をもって管理し、売却、転貸、譲渡若しくは質入れ等の用に供し、又は改装してはならない。

2 貸与品の補修及び手入れに必要な費用は、貸与を受けた者が負担するものとする。

(平10水管規程14・一部改正)

(着用期間)

第5条 夏、冬の区別のある事務服の着用期間は、次のとおりとする。

(1) 夏服 6月1日から9月30日まで

(2) 冬服 10月1日から翌年5月31日まで

2 前項の期間は、気候によって変更することができる。

(貸与品の返納及び交付)

第6条 事務服の貸与を受けた職員が、退職、転職又は休職等によって事務服の貸与を必要としなくなったときは、その理由の生じた日から10日以内に洗濯のうえ、現品を返納しなければならない。ただし、管理者において返納品が使用に堪えないと認めたときは、この限りでない。

(平10水管規程14・一部改正)

(破損、亡失の届出及び弁償)

第7条 職員は、貸与された事務服が破損又は亡失により使用できなくなったときは、その理由を明らかにし、所属長を経て管理者に届け出なければならない。

2 管理者は、前項の破損又は亡失の原因が職員の故意又は著しい怠慢によるものと認めるときは、相当額を弁償させるものとする。

(平10水管規程14・一部改正)

(返納品の貸与)

第8条 新任者及び転職者には第6条の返納品を貸与することがある。この場合において、貸与期間は、返納者の貸与期間を除く残余期間とする。

(昭63水管規程15・一部改正)

(貸与品の予備保管及び交付)

第9条 貸与期間の満了した事務服は、その後、1年間、当該職員が予備として保管しなければならない。

(昭63水管規程15・一部改正)

(名札の表示)

第10条 職員は、その身分を明らかにするとともに、職員としての自覚を高めるため、胸部に所定の名札を着用しなければならない。

(昭62水管規程2・平10水管規程14・平14水管規程7・一部改正)

(その他)

第11条 この規程に定めるもののほか、職員の事務服貸与に関し必要な事項は、管理者が別に定める。

(平16水管規程11・追加)

附 則

(施行期日等)

1 この規程は、公布の日から施行し、昭和37年6月1日から適用する。

(平16水管規程11・一部改正)

(前橋市水道部職員被服貸与規則の廃止)

2 前橋市水道部職員被服貸与規則(昭和31年前橋市水道部管理規則第4号)は、廃止する。

(平16水管規程11・一部改正)

(経過措置)

3 この規程施行の際、従前の規則により現に貸与されている事務服については、この規程により貸与されたものとみなす。ただし、その使用(耐用)期間については、なお従前の例による。

(平16水管規程11・一部改正)

(勢多郡大胡町、宮城村及び粕川村の編入に伴う経過措置)

4 勢多郡大胡町、同郡宮城村及び同郡粕川村を廃し、その区域を前橋市に編入する日前にそれぞれの町村の職員であった者が、引き続き本市水道局の職員となった場合におけるこの規程の適用に関する経過措置は、管理者が別に定める。

(平16水管規程11・追加)

附 則(昭和38年4月1日水管規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和49年8月19日水管規程第5号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和55年9月12日水管規程第5号)

1 この規程は、昭和55年10月1日から施行する。

2 この規程施行の際、現に従前の規定により貸与されている第2種事務服(冬)については、この規程施行の日から昭和56年5月31日までの間は、この規程にかかわらず、引き続き着用することができる。

附 則(昭和58年9月21日水管規程第8号)

1 この規程は、昭和58年10月1日から施行する。

2 この規程施行の際、現に従前の規定により貸与されている第1種事務服(冬)については、この規程施行の日から昭和59年5月31日までの間は、この規程の規定にかかわらず、引き続き着用することができる。

附 則(昭和62年2月16日水管規程第2号)

この規程は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(昭和63年9月27日水管規程第15号)

この規程は、昭和63年10月1日から施行する。

附 則(平成4年4月13日水管規程第9号)

この規程は、公布の日から施行し、平成4年4月1日から適用する。

附 則(平成10年3月26日水管規程第8号)

この規程は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成10年6月1日水管規程第14号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成13年3月30日水管規程第10号)

この規程は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成13年9月19日水管規程第17号)

1 この規程は、平成13年10月1日から施行する。

2 この規程の施行の際現に改正前の前橋市水道局職員の事務服貸与に関する規程の規定により貸与されている第1種事務服及び第2種事務服については、この規程の施行の日から当分の間は、改正後の前橋市水道局職員の事務服貸与に関する規程の規定にかかわらず、引き続き着用することができる。

附 則(平成14年3月27日水管規程第7号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成15年3月28日水管規程第3号)

この規程は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成16年11月29日水管規程第11号)

この規程は、平成16年12月5日から施行する。

附 則(平成17年3月22日水管規程第3号)

この規程は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日水管規程第10号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月25日水管規程第1号)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年2月23日水管規程第1号)

この規程は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年1月4日水管規程第1号)

この規程は、公表日から施行する。

附 則(平成30年3月13日水管規程第3号)

この規程は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

(平19水管規程10・全改、平28水管規程1・平30水管規程1・平30水管規程3・一部改正)

名称

地色

種類

被貸与者

数量

貸与期間

備考

事務服

夏服

ベージュ色系

半袖上着又は長袖上着

ズボン

必要と認められる職員

1

2年

管理者が別に定める職員の貸与期間は4年、浄水課及び下水道施設課の水道技士は1年

冬服

ベージュ色系

長袖上着

ズボン

1

3年

作業帽子

黒色系

 

必要と認められる職員

1

2年

 

防寒服

緑色系

ハーフコート

必要と認められる職員

1

4年

 

第1種安全靴

黒色系

長編上靴

事務服貸与者のうち必要と認められる職員

1

3年

 

第2種安全靴

白色系

スニーカー

事務服貸与者のうち必要と認められる職員

1

3年

 

備考 女性職員に事務服のズボンを貸与する場合は、その地色を黒色系とすることができる。

前橋市水道局職員の事務服貸与に関する規程

昭和37年7月3日 水道部管理規程第7号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第12編 公営企業/第1章 則/第2節 人事・給与
沿革情報
昭和37年7月3日 水道部管理規程第7号
昭和38年4月1日 水道局管理規程第1号
昭和49年8月19日 水道局管理規程第5号
昭和55年9月12日 水道局管理規程第5号
昭和58年9月21日 水道局管理規程第8号
昭和62年2月16日 水道局管理規程第2号
昭和63年9月27日 水道局管理規程第15号
平成4年4月13日 水道局管理規程第9号
平成10年3月26日 水道局管理規程第8号
平成10年6月1日 水道局管理規程第14号
平成13年3月30日 水道局管理規程第10号
平成13年9月19日 水道局管理規程第17号
平成14年3月27日 水道局管理規程第7号
平成15年3月28日 水道局管理規程第3号
平成16年11月29日 水道局管理規程第11号
平成17年3月22日 水道局管理規程第3号
平成19年3月30日 水道局管理規程第10号
平成26年3月25日 水道局管理規程第1号
平成28年2月23日 水道局管理規程第1号
平成30年1月4日 水道局管理規程第1号
平成30年3月13日 水道局管理規程第3号