○前橋市水道局職員労働安全衛生管理規程

昭和63年3月28日

水道局管理規程第4号

(趣旨)

第1条 この規程は、職場における職員の安全と健康の確保及び快適な作業環境形成の促進に関し必要な事項を定めるものとする。

(所属長の責務)

第2条 所属長は、常に所属職員の安全及び衛生に留意し必要な措置を講じるとともに、総括安全衛生管理者から職員の安全及び衛生について指示があったときは、適切な措置を講じなければならない。

(職員の責務)

第3条 職員は、安全衛生について、総括安全衛生管理者、安全管理者及び衛生管理者の指導及び指示に従い安全衛生に関する事業等に積極的に協力するよう努めなければならない。

(総括安全衛生管理者)

第4条 水道局に総括安全衛生管理者を置くことができるものとし、水道局長をもって充てる。

(平3水管規程12・平6水管規程9・平12水管規程8・平15水管規程3・平28水管規程5・一部改正)

(総括安全衛生管理者の職務)

第5条 総括安全衛生管理者は、安全管理者及び衛生管理者を指揮するとともに、次の業務を総括管理する。

(1) 職員の危険又は健康障害を防止するための措置に関すること。

(2) 職員の安全又は衛生のための教育に関すること。

(3) 健康診断の実施その他健康管理に関すること。

(4) 公務災害の原因の調査及び再発防止に関すること。

(5) その他公営企業管理者が認める職員の安全及び衛生に関すること。

(平15水管規程3・一部改正)

(安全管理者)

第6条 水道局に安全管理者を置くものとし、総括安全衛生管理者が選任する。

(安全管理者の職務)

第7条 安全管理者は、第5条各号に掲げる事項のうち安全に係わる事項を管理する。

2 安全管理者は、作業場等を巡視し、設備及び作業方法等に危険のおそれがあるときは、その危険を防止するため、必要な措置を講じなければならない。

(衛生管理者)

第8条 水道局に衛生管理者を置くものとし、総括安全衛生管理者が選任する。

(衛生管理者の職務)

第9条 衛生管理者は、第5条各号に掲げる事項のうち衛生に係わる事項を管理する。

2 衛生管理者は、作業場等を巡視し、設備及び作業方法又は衛生状態に有害のおそれがあるときは、職員の健康障害を防止するために必要な措置を講じなければならない。

(安全衛生推進者)

第10条 水道局に、必要により安全管理者及び衛生管理者を補佐するための安全衛生推進者を置くことができる。

2 安全衛生推進者は、総括安全衛生管理者が選任する。

(平28水管規程5・全改)

(産業医)

第11条 職員の健康管理について適切な措置を講ずるため必要に応じて産業医を置くものとする。

(平26水管規程10・一部改正)

(産業医の職務)

第12条 産業医は、第5条各号に掲げる事項のうち医学に係わる専門的知識を必要とするもの及び医学的措置に係わる事項を行う。

2 産業医は、前項に掲げる事項について、公営企業管理者若しくは総括安全衛生管理者に対して勧告し、又は衛生管理者に対して指導し、若しくは助言することができる。

(平15水管規程3・一部改正)

(作業主任者)

第13条 総括安全衛生管理者は、必要に応じて作業主任者を選任することができる。

(作業主任者の職務)

第14条 作業主任者は、所属長の指揮の下に、労働安全衛生法施行令(昭和47年政令第318号)第6条に規定する作業に従事する職員の指揮その他厚生労働省令の定める事項を行う。

(平12水管規程19・一部改正)

(健康診断の実施)

第15条 公営企業管理者は、職員の健康管理のため、前橋市職員健康管理規程(昭和49年前橋市訓令甲第4号)に基づき、健康診断を実施する。ただし、特別定期健康診断は、別表第1に掲げる業務に従事する職員を対象とし、特定化学物質等取扱業務従事者は、その回数を、1年につき少なくとも1回とする。

2 特定化学物質等取扱業務従事は、前項に定めるほか、別表第2に掲げる検査を、6月につき少なくとも1回(既往歴及び業務歴の調査、自覚症状及び他覚症状の有無の検査、血圧の測定、尿検査については、1年につき1回)行うものとする。

(平3水管規程12・全改、平15水管規程3・一部改正)

(安全衛生委員会の設置及び組織)

第16条 職員の安全及び衛生に関する事項を調査審議するため、安全衛生委員会(以下「委員会」という。)を置き、別表第3の者をもって組織する。

(委員会の所掌事務)

第17条 委員会は、次の各号に掲げる事項を調査審議し、公営企業管理者に報告するものとする。

(1) 職員の危険又は健康障害を防止するため基本となるべき対策に関すること。

(2) 公務災害の原因及び再発防止対策に関すること。

(3) 職員の安全衛生教育その他安全衛生に関する知識の普及に関すること。

(4) その他安全衛生上必要なこと。

(平15水管規程3・一部改正)

(委員長)

第18条 委員会に委員長を置き、水道局長をもって充てる。

2 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

3 委員長に事故あるときは、委員長があらかじめ指名した委員がその職務を代理する。

(平3水管規程12・平6水管規程9・平12水管規程8・平15水管規程3・平28水管規程5・一部改正)

(委員会の運営)

第19条 委員会は、委員長が招集し、委員長がその議長となる。

2 委員会は、毎月1回以上開催するものとする。

3 委員会は、委員の過半数が出席しなければ開くことができない。ただし、緊急の議事があるときは、この限りではない。

4 委員会の議事は、出席委員の話し合いでこれを決する。

5 委員長が必要と認めるときは、委員以外の者を出席させ、その意見を聞くことができる。

(委員会の庶務)

第20条 委員会の庶務は、経営企画課で処理する。

(平23水管規程8・一部改正)

附 則

この規程は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(昭和63年9月26日水管規程第12号)

この規程は、昭和63年10月1日から施行する。

附 則(平成3年3月29日水管規程第12号)

この規程は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成4年6月26日水管規程第11号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成6年3月30日水管規程第9号)

この規程は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成12年3月30日水管規程第8号)

この規程は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成12年12月19日水管規程第19号)

この規程は、平成13年1月6日から施行する。

附 則(平成15年3月28日水管規程第3号)

この規程は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月30日水管規程第8号)

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日水管規程第8号)

この規程は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成26年10月31日水管規程第10号)

この規程は、平成26年11月1日から施行する。

附 則(平成28年3月29日水管規程第5号)

この規程は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月20日水管規程第6号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

別表第1(第15条関係)

(平3水管規程12・全改)

1 特定業務(深夜業等労働安全衛生規則第13条の業務)

2 特定化学物質等取扱業務(塩素等)

3 その他管理者が必要と認める業務

別表第2(第15条関係)

(平3水管規程12・全改)

1 既往歴及び業務歴の調査

2 自覚症状及び他覚症状の有無の検査

3 血圧の測定

4 尿検査(糖、蛋白、潜血、ウロビリノーゲン、沈渣)

5 歯科検診

6 耳鼻科検診(鼻粘膜、咽頭)

7 眼科診察(視力測定を含む。)

8 視野検査

9 肺機能検査

10 握力の測定

11 血液検査(比重、赤血球数、白血球数)

別表第3(第16条関係)

(平26水管規程10・全改、平28水管規程5・平31水管規程6・一部改正)

安全衛生委員会組織

委員長

水道局長

委員

産業医

安全管理者及び衛生管理者

経営企画課長

水道整備課長

浄水課長

下水道整備課長

下水道施設課長

水道局職員労働組合推薦委員7人

前橋市水道局職員労働安全衛生管理規程

昭和63年3月28日 水道局管理規程第4号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第12編 公営企業/第1章 則/第2節 人事・給与
沿革情報
昭和63年3月28日 水道局管理規程第4号
昭和63年9月26日 水道局管理規程第12号
平成3年3月29日 水道局管理規程第12号
平成4年6月26日 水道局管理規程第11号
平成6年3月30日 水道局管理規程第9号
平成12年3月30日 水道局管理規程第8号
平成12年12月19日 水道局管理規程第19号
平成15年3月28日 水道局管理規程第3号
平成21年3月30日 水道局管理規程第8号
平成23年3月31日 水道局管理規程第8号
平成26年10月31日 水道局管理規程第10号
平成28年3月29日 水道局管理規程第5号
平成31年3月20日 水道局管理規程第6号