○前橋市文化財施設の設置及び管理に関する条例

平成16年9月15日

条例第33号

(設置)

第1条 歴史資料、民俗資料、考古資料その他の有形の文化的所産(以下「文化財」という。)を収集し、保存し、及び展示し、並びにその活用を図ることにより、郷土の歴史と文化に対する市民の知識と理解を深め、もって市民文化の向上並びに教育及び学術の発展に寄与するため、本市に文化財施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 文化財施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

前橋市粕川歴史民俗資料館

前橋市粕川町膳48番地1

前橋市粕川出土文化財管理センター

前橋市粕川町膳89番地

前橋市総社歴史資料館

前橋市総社町総社1584番地1

(平28条例56・一部改正)

(管理)

第3条 文化財施設は、前橋市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が管理及び運営を行う。

(職員)

第4条 文化財施設に館長その他の必要な職員を置く。

(事業)

第5条 文化財施設は、次に掲げる事業を行う。

(1) 文化財の収集、保存、調査及び研究に関すること。

(2) 文化財の展示及び活用に関すること。

(3) その他文化財施設の設置の目的を達成するために必要な事業

(入館の拒否等)

第6条 教育委員会は、文化財施設の入館者が次の各号のいずれかに該当するときは、当該入館者に対し、入館を拒み、又は退館を命ずることができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 施設又は文化財を損傷し、又は滅失するおそれがあると認められるとき。

(3) その他文化財施設の管理上支障があると認められるとき。

(賠償責任)

第7条 文化財施設の入館者は、施設又は文化財を損傷し、又は滅失したときは、これを原状に回復しなければならない。ただし、原状に回復することができないときは、教育委員会の認定する額を賠償しなければならない。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、平成16年12月5日から施行する。

附 則(平成28年9月13日条例第56号)

この条例は、平成28年10月1日から施行する。

前橋市文化財施設の設置及び管理に関する条例

平成16年9月15日 条例第33号

(平成28年10月1日施行)

体系情報
第7編 育/第5章 文化財
沿革情報
平成16年9月15日 条例第33号
平成28年9月13日 条例第56号