○前橋市消防局の消防署の組織に関する規程

平成16年12月5日

消防本部訓令甲第1号

消防局

消防署

(趣旨)

第1条 この訓令は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第10条第2項の規定に基づき、中央消防署、東消防署、西消防署、南消防署及び北消防署(以下「消防署」という。)の組織について必要な事項を定めるものとする。

(平18消本訓令甲9・一部改正)

(署長)

第2条 消防署にそれぞれ消防署長(以下「署長」という。)を置き、消防司令長以上の階級にある者から消防局長が任命する。

(平21消本訓令甲2・一部改正)

(副署長等)

第3条 消防署に副署長を置く。

2 消防署に副参事を置くことができる。

3 副参事は消防司令長以上の階級の者から、副署長は消防司令以上の階級の者から消防局長が任命する。

4 副参事は、上司の命を受けて消防署の事務の企画、連絡調整事務及び特命事項を掌理し、署長に事故があるとき、又は署長が欠けたときは、その職務を代理する。

5 副署長は、上司の命を受け、署長を補佐し、署長に事故があるとき、又は署長が欠けたときは、その職務を代理する。

(平17消本訓令甲7・平18消本訓令甲1・平21消本訓令甲2・平23消防局訓令甲1・一部改正)

(消防分署の設置等)

第4条 消防署に消防分署を置き、その名称及び位置は、次のとおりとする。

消防署

名称

位置

中央消防署

千代田分署

前橋市千代田町一丁目1番21号

赤坂分署

前橋市上泉町1425番地2

東消防署

宮城分署

前橋市馬場町896番地

西消防署

利根分署

前橋市小相木町392番地1

南消防署

城南分署

前橋市二之宮町1150番地3

北消防署

白川分署

前橋市富士見町小沢191番地1

2 消防分署に分署長及び副分署長を置く。

3 分署長は消防司令以上の階級の者から、副分署長は消防司令補以上の階級の者から消防局長が任命する。

4 分署長は、上司の命を受け、消防分署の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

5 副分署長は、上司の命を受け、分署長を補佐し、分署長に事故があるときは、その職務を代理する。

(平18消本訓令甲1・平19消本訓令甲2・平21消本訓令甲2・平21消防局訓令甲9・平27消防局訓令甲1・令3消防局訓令甲4・一部改正)

(係及び中隊の設置等)

第5条 消防署に地域安全係、第一中隊及び第二中隊を置き、係に係長、中隊に中隊長及び中隊長代理を置く。ただし、中央消防署については、中隊長代理を置かないことができる。

2 係に副主幹を置くことができる。

3 中隊長は消防司令以上の階級の者から、係長及び中隊長代理は消防司令補以上の階級の者から、副主幹は消防士長以上の階級の者から消防局長が任命する。

4 係長及び中隊長は、上司の命を受け、所管の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

5 前項に規定する職務のほか、中央消防署に置く中隊長は、上司の命を受け、副署長を補佐し、副署長に事故があるときは、その職務を代理する。

6 中隊長代理は、上司の命を受け、中隊長を補佐し、中隊長に事故があるときは、その職務を代理する。

7 副主幹は、上司の命を受け、係長を補佐し、係の事務を処理する。

(平17消本訓令甲7・平18消本訓令甲1・平21消本訓令甲2・平23消防局訓令甲1・平27消防局訓令甲1・平28消防局訓令甲1・一部改正)

(指揮隊の設置等)

第5条の2 中隊に指揮隊を置き、指揮隊に指揮隊長及び指揮隊長代理を置く。

2 指揮隊に小隊長代理を置くことができる。

3 指揮隊長は消防司令以上の階級の者から、指揮隊長代理は消防司令補以上の階級の者から、小隊長代理は消防士長以上の階級の者から消防局長が任命する。

4 指揮隊長は、上司の命を受け、指揮隊の統括に充たる。

5 指揮隊長代理は、上司の命を受け、指揮隊長を補佐し、指揮隊長に事故があるときは、その職務を代理する。

6 指揮隊に置く小隊長代理は、上司の命を受け、指揮隊長を補佐し、消防署及び消防分署の事務を処理する。

(平18消本訓令甲1・追加、平20消本訓令甲1・平21消本訓令甲2・平23消防局訓令甲1・平27消防局訓令甲1・平28消防局訓令甲1・一部改正)

(小隊の設置等)

第6条 中隊及び消防分署に小隊を置き、小隊に小隊長を置く。

2 小隊に小隊長代理を置くことができる。

3 小隊長は消防司令補以上の階級の者から、小隊長代理は消防士長以上の階級の者から消防局長が任命する。

4 小隊長は、上司の命を受け、消防署又は消防分署の事務を分掌し、所属職員を指揮監督する。

5 小隊に置く小隊長代理は、上司の命を受け、小隊長を補佐し、消防署又は消防分署の事務を処理する。

(平18消本訓令甲1・平20消本訓令甲1・平21消本訓令甲2・平23消防局訓令甲1・一部改正)

(救急隊の設置等)

第7条 消防署及び千代田分署に救急隊、消防分署(千代田分署を除く。)に兼務救急隊を置き、救急隊に隊長を置く。

2 救急隊に小隊長代理を置くことができる。

3 消防署の救急隊は、第一中隊及び第二中隊に配属する。

4 兼務救急隊は、第一小隊及び第二小隊に配属する。

5 救急隊長は消防司令補以上の階級の者から、小隊長代理は消防士長以上の階級の者から消防局長が任命する。

6 救急隊長は、上司の命を受け、救急事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

7 救急隊に置く小隊長代理は、上司の命を受け、救急隊長を補佐し、救急事務を処理する。

(平18消本訓令甲1・平20消本訓令甲1・平21消本訓令甲2・平23消防局訓令甲1・平26消防局訓令甲1・一部改正)

(高度救助隊の設置等)

第8条 消防署のうち、中央消防署の中隊に高度救助隊、東消防署及び西消防署の中隊に救助小隊を置き、高度救助隊に高度救助隊長を置く。

2 高度救助隊に小隊長代理を置くことができる。

3 救助小隊は、第一小隊を兼務する。

4 高度救助隊長は消防司令補以上の階級の者から、小隊長代理は消防士長以上の階級の者から消防局長が任命する。

5 高度救助隊長は、上司の命を受け、救助事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

6 高度救助隊に置く小隊長代理は、上司の命を受け、高度救助隊長を補佐し、救助事務を処理する。

(平20消本訓令甲1・追加、平21消本訓令甲2・平23消防局訓令甲1・平28消防局訓令甲1・令3消防局訓令甲3・一部改正)

(消防署の事務)

第9条 消防署において処理する事務は、次のとおりとする。

(1) 消防組織法第1条に定める消防の任務に属する事務

(2) 消防法(昭和23年法律第186号)に基づく署長の権限に属する事務

(3) その他法令に基づいて行う消防の事務

(平20消本訓令甲1・旧第8条繰下)

この訓令は、平成16年12月5日から施行する。

(平成17年8月1日消本訓令甲第7号)

この訓令は、公表の日から施行する。

(平成18年3月22日消本訓令甲第1号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

(平成18年6月27日消本訓令甲第9号)

この訓令は、公表の日から施行する。

(平成19年3月13日消本訓令甲第2号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

(平成20年3月19日消本訓令甲第1号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

(平成21年3月31日消本訓令甲第2号)

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

(平成21年4月27日消防局訓令甲第9号)

この訓令は、平成21年5月5日から施行する。

(平成23年3月7日消防局訓令甲第1号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

(平成26年2月27日消防局訓令甲第1号)

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

(平成27年3月25日消防局訓令甲第1号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

(平成28年3月29日消防局訓令甲第1号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

(令和3年3月31日消防局訓令甲第3号)

この訓令は、令和3年4月1日から施行する。

(令和3年11月1日消防局訓令甲第4号)

この訓令は、令和3年11月1日から施行する。

前橋市消防局の消防署の組織に関する規程

平成16年12月5日 消防本部訓令甲第1号

(令和3年11月1日施行)

体系情報
第13編 防/第1章 消防本部・消防署
沿革情報
平成16年12月5日 消防本部訓令甲第1号
平成17年8月1日 消防本部訓令甲第7号
平成18年3月22日 消防本部訓令甲第1号
平成18年6月27日 消防本部訓令甲第9号
平成19年3月13日 消防本部訓令甲第2号
平成20年3月19日 消防本部訓令甲第1号
平成21年3月31日 消防本部訓令甲第2号
平成21年4月27日 消防局訓令甲第9号
平成23年3月7日 消防局訓令甲第1号
平成26年2月27日 消防局訓令甲第1号
平成27年3月25日 消防局訓令甲第1号
平成28年3月29日 消防局訓令甲第1号
令和3年3月31日 消防局訓令甲第3号
令和3年11月1日 消防局訓令甲第4号