○前橋市消防吏員被服等の貸与に関する規程

平成16年12月5日

消防本部訓令甲第13号

消防局

消防署

(目的)

第1条 この訓令は、前橋市消防吏員(以下「消防吏員」という。)の職務に必要な被服等の貸与について必要な事項を定めることを目的とする。

(貸与品の品目等)

第2条 消防吏員に貸与する被服等(以下「貸与品」という。)の品目、使用期間及び対象者は、別表第1及び別表第2のとおりとする。

2 消防局長は、貸与品について必要と認めるときは、その品目、使用期間又は対象者を変更することができる。

(平21消本訓令甲5・一部改正)

(使用期間の計算)

第3条 貸与品の使用期間は、支給された日の属する月から起算し、暦により計算する。

(貸与品の取扱い)

第4条 消防吏員は、貸与品を常に善良な注意をもって使用し、正常な状態において維持管理し、その補修は、自己の責任において行わなければならない。

(紛失等の届出)

第5条 消防吏員は、貸与品(使用期間の満了しないものに限る。次条において同じ。)を紛失し、又は使用に堪えない程度に損傷した場合は、速やかに消防局長に届け出なければならない。

(平21消本訓令甲5・一部改正)

(貸与品の返納)

第6条 消防吏員は、退職し、又は消防吏員としての身分を失ったときは、貸与品を速やかに消防局長に返納しなければならない。

(平21消本訓令甲5・一部改正)

(その他)

第7条 この訓令に定めるもののほか、被服等の貸与に関し必要な事項は、別に定める。

(平21消本訓令甲5・一部改正)

附 則

1 この訓令は、平成16年12月5日から施行する。

2 この訓令の施行の日の前日までに、前橋広域市町村圏振興整備組合消防吏員被服等の給与及び貸与に関する規則(平成11年前橋広域市町村圏振興整備組合規則第12号)の規定により貸与されていた被服等は、この訓令の規定に基づき貸与されたものとみなし、当分の間これを使用することができる。

附 則(平成21年3月31日消本訓令甲第5号)

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月25日消防局訓令甲第2号)

この訓令は、公表の日から施行する。

別表第1(第2条関係)

(平21消本訓令甲5・平26消防局訓令甲2・一部改正)

品目

使用期間

(年)

摘要

冬帽

4

 

夏帽

4

 

アポロキャップ

2

 

冬服

3

ズボン、スカート又はキュロットスカート

夏服(半袖)

4

ズボン、スカート又はキュロットスカート

夏服(長袖)

4

ズボン、スカート又はキュロットスカート

活動服

2

 

防寒衣

7

 

雨衣

8

 

ワイシャツ

1

 

Tシャツ(半袖)

2

 

Tシャツ(長袖)

2

 

ネクタイ

2

 

白手袋

2

 

革手袋

1

 

耐切創繊維手袋

1

 

ゴム長靴

4

 

編上靴

2

 

短靴

2

 

バンド

2

 

2穴バンド

5

 

冬救急服

3

 

冬救急ズボン

3

 

冬救急帽

3

 

盛夏救急服(半袖)

3

 

盛夏救急服(長袖)

3

 

盛夏救急ズボン

3

 

盛夏救急帽

3

 

救急バンド

3

 

救急服替襟

1

 

救助服

2

略帽付

防じんメガネ

4

 

別表第2(第2条関係)

(平26消防局訓令甲2・全改)

対象者

品目

全消防吏員

階級章、消防手帳、名札、警笛、保安帽、防火帽、防火衣、しころ、安全ベルト

消防局長

消防局長章

前橋市消防吏員被服等の貸与に関する規程

平成16年12月5日 消防本部訓令甲第13号

(平成26年3月25日施行)

体系情報
第13編 防/第1章 消防本部・消防署
沿革情報
平成16年12月5日 消防本部訓令甲第13号
平成21年3月31日 消防本部訓令甲第5号
平成26年3月25日 消防局訓令甲第2号