○前橋市赤城少年自然の家の設置及び管理に関する条例施行規則

平成18年12月1日

規則第65号

(利用時間)

第2条 赤城少年自然の家の利用時間は、次のとおりとする。

(1) 宿泊利用 利用を開始する日の午後1時30分から利用を終了する日の午後1時まで

(2) 休憩利用 午前10時から午後3時まで

2 前項の規定にかかわらず、前橋市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が特に必要があると認めるときは、利用時間を変更することができる。

(休所日)

第3条 教育委員会は、必要があると認めるときは、赤城少年自然の家の休所日を設けることができる。

(利用許可の申請)

第4条 条例第3条の規定により赤城少年自然の家の利用の許可(以下「利用許可」という。)を受けようとする者は、利用しようとする日の1週間前までに、前橋市赤城少年自然の家利用許可申請書を教育委員会に提出しなければならない。

(利用許可の手続)

第5条 教育委員会は、前条の規定による申請を適当と認めるときは、当該赤城少年自然の家利用許可申請書の写しに許可印を押印し、当該申請者に対し、交付するものとする。

(利用の変更及び取消し)

第6条 利用許可を受けた者は、当該利用許可を受けた事項を変更し、又は利用の取消しをしようとするときは、赤城少年自然の家利用変更・取消許可申請書を教育委員会に提出しなければならない。

2 教育委員会は、前項の規定による申請を適当と認めるときは、当該赤城少年自然の家利用変更・取消許可申請書の写しに許可印を押印し、当該申請者に対し、交付するものとする。

(使用料の納付)

第7条 条例第6条に規定する使用料は、利用を終了する時までに納付するものとする。ただし、市長が必要と認める場合は、この限りでない。

(平25規則68・一部改正)

(使用料の減免)

第8条 条例第8条の規定により使用料の減免を受けようとする者は、利用許可の申請の際、赤城少年自然の家使用料減免申請書を添えて教育委員会に提出しなければならない。

(遵守事項)

第9条 赤城少年自然の家の利用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けないで施設及びその敷地内において、物品の販売、宣伝、寄附の募集その他これらに類する行為をしないこと。

(2) 他人に危害を及ぼし、又は他人に迷惑となる行為をしないこと。

(3) 施設又は設備を損傷し、又は滅失するおそれのある行為をしないこと。

(4) 火災その他の災害の防止に万全を期すること。

(5) 指定した場所以外において、飲食又は喫煙をしないこと。

(6) その他管理上必要な指示に反する行為をしないこと。

(指定管理者による管理)

第10条 条例第11条第1項の規定により指定管理者に赤城少年自然の家の管理を行わせる場合における第2条から第6条までの規定の適用については、第2条中「前橋市教育委員会(以下「教育委員会」という。)」とあるのは「指定管理者」と、第3条から第6条までの規定中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」とする。

(書類の様式)

第11条 次に掲げる書類の様式は、教育委員会が別に定める。

(1) 赤城少年自然の家利用許可申請書

(2) 赤城少年自然の家利用変更・取消許可申請書

(3) 赤城少年自然の家使用料減免申請書

(教育委員会への委任)

第12条 この規則に定めるもののほか、条例第2条から第6条まで及び第8条の規定に基づく権限は、教育委員会に委任し、その他必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成25年11月27日規則第68号)

この規則は、公布の日から施行する。

前橋市赤城少年自然の家の設置及び管理に関する条例施行規則

平成18年12月1日 規則第65号

(平成25年11月27日施行)