○前橋市会計管理者事務専決等規程

平成19年3月30日

訓令甲第8号

会計室

(趣旨)

第1条 この訓令は、会計管理者の権限に属する事務の専決及び代決に関し必要な事項を定めるものとする。

(会計室長の専決事項)

第2条 会計室長(以下「室長」という。)の専決事項は、次のとおりとする。

(1) 次に掲げる経費の支出負担行為の確認及び支出命令の審査をすること。

 報酬、給料、職員手当等、共済費、恩給、賃金及び旅費等の義務的経費

 光熱水費、通信運搬費等の定例的経費

 給食賄費、葬祭費及び出産育児一時金

 からまでに掲げるものを除くほか、1件500万円未満の経費

(2) 戻入命令の審査をすること。

(3) 精算命令の審査をすること。

(4) 過誤納還付金の還付命令の審査をすること。

(5) 歳入歳出外現金の払出命令の審査をすること。

(6) 軽易な報告書、申請書、届書及び通知書の処理に関すること。

(専決の制限)

第3条 室長は、前条に規定する専決事項であっても、次に掲げる事項については、専決してはならない。

(1) 異例に属する事項

(2) 先例になると認められる事項

(3) 紛争又はそのおそれのある事項

(4) 特に会計管理者から命じられた事項

(代決)

第4条 会計管理者の決裁を受ける事項について、会計管理者が不在のときは、室長がその事項を代決する。

2 前項の規定による代決については、室長が不在のときは室長補佐が、室長及び室長補佐が不在のときは係長が行うものとする。

3 室長の専決事項について、室長が不在のときは室長補佐が、室長及び室長補佐が不在のときは係長がその事項を代決する。

(代決の制限)

第5条 前条の場合であっても、あらかじめその処理について特に指示を受けたもの又は緊急やむを得ないもののほか、異例若しくは疑義のある事項又は新規の事項は、代決してはならない。

附 則

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

前橋市会計管理者事務専決等規程

平成19年3月30日 訓令甲第8号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第2節 代理・代決等
沿革情報
平成19年3月30日 訓令甲第8号