○前橋市水道局当直規程

平成19年3月30日

水道局管理規程第4号

(趣旨)

第1条 この規程は、水道局の当直に関し必要な事項を定めるものとする。

(当直の種別及び設置)

第2条 当直の種別は、宿直及び日直とする。

2 当直は、正規の勤務時間以外の時間並びに日曜日、土曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日及び年末年始の休日に置くものとする。

(当直の勤務時間)

第3条 当直の勤務時間は、次のとおりとする。

(1) 宿直 午後5時15分から翌日の午前8時30分まで

(2) 日直 午前8時30分から午後5時15分まで

2 前項の規定にかかわらず、同項各号に規定する時間を勤務しても次番者又は関係者に引継ぎが終らないときは、引き続き勤務しなければならない。

(当直員等)

第4条 当直は、委託するものとする。ただし、経営企画課長が緊急又は必要があると認めるときは、職員2人を当直員として配置することができる。

2 前項ただし書の規定により配置する当直員は、課長補佐級以下の職員とする。

(平20水管規程9・平23水管規程8・一部改正)

第5条から第7条まで 削除

(平20水管規程9)

(当直の任務)

第8条 当直員は、勤務中に生ずるすべての事務を処理しなければならない。

2 当直員は、配水管等の損傷その他重要な事件が発生したときは、速やかに経営企画課長に報告し、その指示に従わなければならない。

(平20水管規程9・平23水管規程8・一部改正)

(庁舎及び構内の取締り)

第9条 当直員は、庁舎内外の火災及び盗難の予防には特に注意を払わなければならない。

2 当直員は、庁舎若しくは構内に異状を認めたとき、又は近火その他の非常事態が発生したときは、臨機の処置を講ずるとともに、直ちに経営企画課長に報告し、その指示に従わなければならない。

(平20水管規程9・平23水管規程8・一部改正)

(文書及び物品等の取扱い)

第10条 当直員は、電報その他の文書又は物品等を収受したときにおいて、急を要するときは、直ちに名あて人に連絡し、その他のものは次番者又は関係者に引き継がなければならない。

(保管書類及び物品)

第11条 当直員は、勤務する前に次の書類及び物品を経営企画課長又は前番者から受け取り、勤務終了の際経営企画課長又は次番者に引き継ぐものとする。

(1) 当直日誌

(2) 職員録

(3) 当直保管の鍵

(4) 給水装置修繕材料及び修理用具

(5) その他必要な書類、物品等

(平23水管規程8・一部改正)

(当直日誌の記載)

第12条 当直員は、勤務中に取り扱った事務、外来者の氏名その他必要と認める事項をすべて当直日誌に記載するとともに、経営企画課長に報告しなければならない。

(平20水管規程9・平23水管規程8・一部改正)

第13条 削除

(平20水管規程9)

(その他)

第14条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

1 この規程は、平成19年4月1日から施行する。

2 前橋市水道局当直規程(昭和32年前橋市水道部管理規則第3号)は、廃止する。

附 則(平成20年10月9日水管規程第9号)

この規程は、平成20年10月9日から施行する。

附 則(平成23年3月31日水管規程第8号)

この規程は、平成23年4月1日から施行する。

前橋市水道局当直規程

平成19年3月30日 水道局管理規程第4号

(平成23年4月1日施行)