○前橋市水道局職員の職の設置に関する規程

平成19年3月30日

水道局管理規程第7号

(趣旨)

第1条 この規程前橋市職員定数条例(昭和35年前橋市条例第3号)第2条に定める公営企業の職員(以下「職員」という。)の職の設置に関し、必要な事項を定めるものとする。

(職員の職)

第2条 職員の職は、次のとおりとする。

(1) 局長、参事、課長、副参事、課長補佐、主幹、係長、副主幹、主任、主事、技師、薬剤師、技士長、技士長補佐

(2) 水道技士

(3) 専門員

(4) 嘱託員

2 前項第2号に掲げる職については、相当高度な知識及び経験を有する者に対し、それぞれの職に指導を冠することができる。

3 第1項第2号に掲げる職については、相当の知識及び経験を有する者に対し、それぞれの職に主任を冠することができる。

(平23水管規程5・平26水管規程6・平27水管規程4・平28水管規程13・平29水管規程4・一部改正)

附 則

1 この規程は、平成19年4月1日から施行する。

2 前橋市水道局職員の名称及び職名に関する規程(昭和40年前橋市水道局管理規程第4号)は廃止する。

附 則(平成23年3月30日水管規程第5号) 抄

1 この規程は、平成23年4月1日から施行する。

2 この規程の施行の日(以下「施行日」という。)の前日において主査の職にある者が施行日以後に昇任するまでの間(昇任せず退職する場合は、その退職までの間)は、第1条の規定による改正後の前橋市水道局事務分掌規程(以下「改正後の事務分掌規程」という。)第4条及び第2条の規定による改正後の前橋市水道局職員の職の設置に関する規程(以下「改正後の職の設置規程」という。)第2条第1項の規定にかかわらず、前橋市水道局に主査の職を置くことができる。この場合において、改正後の事務分掌規程第4条第4項中「副主幹」とあるのは「副主幹又は主査」とし、改正後の職の設置規程第2条第1項第1号中「副主幹」とあるのは「副主幹、主査」とする。

附 則(平成26年3月27日水管規程第6号)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月27日水管規程第4号)

この規程は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日水管規程第13号)

この規程は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日水管規程第4号)

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

前橋市水道局職員の職の設置に関する規程

平成19年3月30日 水道局管理規程第7号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第12編 公営企業/第1章 則/第2節 人事・給与
沿革情報
平成19年3月30日 水道局管理規程第7号
平成23年3月30日 水道局管理規程第5号
平成26年3月27日 水道局管理規程第6号
平成27年3月27日 水道局管理規程第4号
平成28年3月31日 水道局管理規程第13号
平成29年3月31日 水道局管理規程第4号