○前橋市化製場等に関する法律施行細則

平成21年3月31日

規則第65号

(趣旨)

第1条 この規則は、化製場等に関する法律(昭和23年法律第140号。以下「法」という。)、化製場等に関する法律施行令(昭和31年政令第285号)及び化製場等に関する法律施行規則(昭和23年厚生省令第30号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(死亡獣畜取扱場以外における処理の許可基準)

第2条 法第2条第2項ただし書の許可は、死亡獣畜取扱場まで運搬することが極めて困難な場合その他死亡獣畜取扱場において処理することができない正当な理由がある場合であって、死亡獣畜の解体、埋却又は焼却をする場所が次の各号のいずれにも該当していると認めるときに限り行うものとする。

(1) 人家、河川又は道路に近接していないこと。

(2) 飲料水が汚染されるおそれがないこと。

(3) 日常人が接近する場所にあっては、人に著しく不快の念を起こさせるおそれがないこと。

(4) 他人の所有に属する場所にあっては、その所有者又は管理者の承諾があること。

(死亡獣畜取扱場以外における処理の許可申請)

第3条 法第2条第2項ただし書の許可を受けようとする者は、死亡獣畜取扱場外取扱許可申請書に次に掲げる書類を添付して、保健所長に提出しなければならない。

(1) 当該施設又は区域の周辺100メートル以内の状況を明らかにした図面

(2) 死亡獣畜を取り扱う施設又は区域が他人の所有に属するものである場合は、その所有者又は管理者の承諾書

(3) 当該獣畜又は死亡獣畜を診断し、又は検案した獣医師の診断書又は検案書

(化製場等の設置の許可申請)

第4条 法第3条第1項(法第8条において準用する場合を含む。)の規定により化製場等の設置の許可を受けようとする者は、化製場等設置許可申請書を市長に提出しなければならない。

(申請書記載事項の変更等の届出)

第5条 化製場等の設置の許可を受けた者は、法第3条第2項(法第8条において準用する場合を含む。)の規定により当該化製場等の構造設備若しくは死亡獣畜取扱場の区域を変更しようとする場合又は前条の化製場等設置許可申請書に記載した事項を変更しようとする場合は、化製場等変更届を市長に提出しなければならない。

2 化製場等の設置の許可を受けた者は、当該化製場等の経営を停止し、若しくは廃止し、又は経営を停止した後に再開したときは、その事実が発生した日から起算して10日以内に化製場等経営停止等届により、市長に届け出なければならない。

(公衆衛生上害を生ずるおそれのある場所の指定)

第6条 法第4条第3号の規定により、公衆衛生上害を生ずるおそれのある場所を次のとおり指定する。ただし、市長が公衆衛生上支障がないと認めたときは、この限りでない。

(1) 病院、学校、公園、風致地区、名所旧跡その他多くの人が集まる場所から300メートル以内の場所

(2) 鉄道又は交通が頻繁な道路から300メートル以内の場所

(動物の飼養又は収容の許可区域の指定)

第7条 法第9条第1項の規定により区域を指定したとき、及び区域の変更又は指定の取消しをしたときは、その旨を告示する。

(動物の飼養又は収容の許可の申請)

第8条 法第9条第1項の規定により動物の飼養又は収容の許可を受けようとする者は、動物飼養・収容許可申請書を保健所長に提出しなければならない。

2 保健所長は、前項に規定する許可をしたときは、動物飼養・収容許可証を申請者に交付するものとする。

(動物の飼養又は収容の届出)

第9条 法第9条第4項の規定による届出は、動物飼養・収容施設届によるものとする。

2 保健所長は、前項の届出をした者に、動物飼養・収容届済証を交付するものとする。

(動物の飼養又は収容許可申請書記載事項変更届等)

第10条 法第9条第1項又は第4項の規定により動物の飼養又は収容の許可を受け、又は許可を受けたとみなされた者は、第8条第1項の動物飼養・収容許可申請書又は前条第1項の動物飼養・収容施設届に記載した事項(動物の種類及び数を除く。)を変更したとき、又は動物の飼養若しくは収容を停止し、再開し、若しくは廃止したときは、その事実が発生した日から起算して10日以内に、動物飼養・収容廃止等届を保健所長に提出しなければならない。この場合において、動物の飼養又は収容を廃止したときは、動物飼養・収容許可証又は動物飼養・収容届済証を添付しなければならない。

(動物飼養・収容許可証等の掲示)

第11条 法第9条第1項の規定により動物の飼養又は収容の許可を受けた者は保健所長の交付する動物飼養・収容許可証を、法第9条第4項の規定により動物の飼養又は収容の届出をした者は保健所長の交付する動物飼養・収容届済証を当該施設の見やすい場所に掲示しなければならない。

(業務報告等)

第12条 化製場等の設置者又は管理者は、死亡獣畜等(死亡獣畜並びに獣畜、魚介類及び鳥類の肉、皮、骨、臓器等をいう。以下同じ。)の処理状況を業務日誌に毎日記載するとともに、毎月の死亡獣畜等の処理状況等を翌月の10日までに、死亡獣畜等処理報告書により保健所長に報告しなければならない。

2 化製場等の設置者又は管理者は、前項の業務日誌を1年間保管しなければならない。

(書類の様式)

第13条 次に掲げる書類の様式は、別に定める。

(1) 死亡獣畜取扱場外取扱許可申請書

(2) 化製場等設置許可申請書

(3) 化製場等変更届

(4) 化製場等経営停止等届

(5) 動物飼養・収容許可申請書

(6) 動物飼養・収容許可証

(7) 動物飼養・収容施設届

(8) 動物飼養・収容届済証

(9) 動物飼養・収容廃止等届

(10) 業務日誌(化製場及び法第8条に規定する施設用)

(11) 業務日誌(死亡獣畜取扱場用)

(12) 死亡獣畜等処理報告書

(その他)

第14条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

1 この規則は、平成21年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の日前に群馬県化製場等に関する法律施行細則(昭和59年群馬県規則第68号。以下「県規則」という。)第12条の規定により交付された動物飼養・収容許可証は第8条第2項に規定する動物飼養・収容許可証と、県規則第12条の規定により交付された動物飼養・収容届出済証は第9条第2項に規定する動物飼養・収容届出済証とみなす。

3 勢多郡富士見村を廃し、その区域を前橋市に編入する日前に同村の区域内において、法第9条第1項の規定による許可を受けた者に対し、県規則第12条の規定により交付された動物飼養・収容許可証は第8条第2項に規定する動物飼養・収容許可証と、法第9条第4項の規定による届出をした者に対し、県規則第12条の規定により交付された動物飼養・収容届出済証は第9条第2項に規定する動物飼養・収容届出済証とみなす。

(平21規則102・追加)

附 則(平成21年5月5日規則第102号)

この規則は、平成21年5月5日から施行する。

前橋市化製場等に関する法律施行細則

平成21年3月31日 規則第65号

(平成21年5月5日施行)