○前橋市動物の愛護及び管理に関する規則

平成21年3月31日

規則第76号

(趣旨)

第1条 この規則は、動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号。以下「法」という。)、動物の愛護及び管理に関する法律施行規則(平成18年環境省令第1号。以下「省令」という。)及び前橋市動物の愛護及び管理に関する条例(平成20年前橋市条例第43号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(動物取扱責任者研修)

第2条 省令第10条第3項ただし書の規定により、動物取扱業者が、その選任したすべての動物取扱責任者に保健所長が通知した動物取扱責任者研修を受けさせることができない場合は、都道府県知事(地方自治法(昭和22年法律第67号)第252条の17の2第1項の規定により、都道府県知事が行う動物取扱責任者研修の実施の事務を市町村が処理する場合にあっては、当該市町村の長)が開催する動物取扱責任者研修を受けさせることをもってこれに代えることができるものとする。

(特定動物の飼養又は保管の許可の有効期間)

第3条 省令第14条の規定により保健所長が定める法第26条第1項の許可の有効期間は、特定動物の種類にかかわらず、5年とする。

(特定動物の飼養又は保管の許可の基準の特例)

第4条 省令第17条第1号ロただし書及びハただし書に規定する保健所長が認めた場合は、次のとおりとする。

(1) 博物館法(昭和26年法律第285号)第2条第1項に規定する博物館又は同法第29条の規定により博物館に相当する施設として文部科学大臣若しくは群馬県教育委員会の指定を受けた施設において、特定動物の飼養又は保管をする場合

(2) 公益社団法人日本動物園水族館協会の会員の施設(前号に掲げる施設に該当するものを除く。)において特定動物の飼養又は保管をする場合

(平25規則55・一部改正)

(犬・猫の引取り)

第5条 法第35条第1項の規定による犬又は猫の引取りの申請は、犬・猫引取申請書によるものとする。

2 法第35条第3項の規定による犬又は猫の引取りの申請は、犬・猫引取申請書(拾得者用)によるものとする。

(平25規則55・一部改正)

(係留義務の特例)

第6条 条例第9条第1項第4号の市規則で定める場合は、次のとおりとする。ただし、人の生命又は財産を侵害し、又は侵害するおそれがあるときは、この限りでない。

(1) 飼い犬を制御できる者の管理の下で興行、展示、曲芸、競技その他これらに類する催しのために飼い犬を使用する場合

(2) 飼い犬を制御できる者の管理の下で野猿等の野生鳥獣による農林水産物の被害を防止するために飼い犬を使用する場合

(3) 飼い犬が生後91日未満である場合

(標識の交付及び掲示の方法)

第7条 市長は、犬の飼い主に対し、狂犬病予防法(昭和25年法律第247号)第4条第2項の規定による犬の鑑札の交付又は同法第5条第2項の規定による注射済票の交付の際、条例第10条に規定する標識(様式第1号)を交付するものとする。

2 犬の飼い主は、条例第10条の規定により、飼い犬を飼養する施設の所在する住居の出入口等の外部から見やすい箇所に、前項の標識を掲示するものとする。

(収容犬の返還申請)

第8条 条例第11条第1項の規定により収容された犬の返還を求める者は、収容犬返還申請書を保健所長に提出しなければならない。

(動物愛護管理職員証)

第9条 条例第11条第2項(条例第17条第2項において準用する場合を含む。)の証明書は、動物愛護管理職員証(様式第2号)とする。

(野犬等の掃討の方法等)

第10条 条例第13条第1項の規定による野犬等の掃討は、日没から翌日の日の出までの間において、時間を限って、バルビツール酸系睡眠剤の薬品を含むえさを道路、空き地、広場、堤防その他適当な地表に置くことによって行うものとする。この場合において、当該薬品を含むえさの取扱いは、獣医師、薬剤師又は医師である職員が行わなければならない。

2 前項の規定により薬品を含むえさを置く場合には、当該えさごとに、それが野犬等の掃討に用いるえさである旨を表示した紙片を添えなければならない。

3 条例第13条第1項の規定による周知は、次の方法により行うものとする。

(1) 野犬等の掃討を実施する日の3日前までに、当該掃討を実施する区域内及びその近傍に居住する住民に対し、野犬等の掃討を実施する旨及びその時間等を文書で通知すること。

(2) 野犬等の掃討を実施する日の3日前から当該掃討を実施する日までの間、当該掃討を実施する区域内及びその近傍で公衆の見やすい場所に、野犬等の掃討を実施する旨を掲示すること。

(野犬等の掃討の中止)

第11条 前条の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当するときは、野犬等の掃討は行わないものとする。

(1) 人又は他の動物に被害を及ぼすおそれがあるとき。

(2) 残ったえさの回収が困難であるとき。

(3) 実施する区域の住民の十分な協力が得られないとき。

(4) 前3号に掲げる場合のほか、掃討を実施することが不適当であると認められるとき。

(事故発生時の届出)

第12条 条例第15条第1項の規定による届出は、特定動物事故発生届を保健所長に提出することにより行うものとする。

2 条例第15条第2項の規定による届出は、こう傷事故発生届によるものとする。

(書類の様式)

第13条 次に掲げる書類の様式は、別に定める。

(1) 犬・猫引取申請書

(2) 犬・猫引取申請書(拾得者用)

(3) 収容犬返還申請書

(4) 特定動物事故発生届

(5) こう傷事故発生届

(その他)

第14条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

1 この規則は、平成21年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の日(以下「施行日」という。)前に群馬県知事から交付された群馬県動物の愛護及び管理に関する条例施行規則(平成元年群馬県規則第5号。以下「県規則」という。)第4条に規定する飼い犬を飼養している旨の標識は、施行日から平成22年3月1日(当該標識に係る犬の飼い主に対し、市長が第7条第1項に規定する標識を交付したときは、当該交付の日の前日)までの間に限り、同項に規定する標識とみなす。

(平21規則105・一部改正)

3 勢多郡富士見村を廃し、その区域を前橋市に編入する日(以下この項において「編入日」という。)前に同村の区域内の犬の飼い主に対し、群馬県知事から交付された県規則第4条に規定する飼い犬を飼養している旨の標識は、編入日から平成22年3月1日(当該標識に係る犬の飼い主に対し、市長が第7条第1項に規定する標識を交付したときは、当該交付の日の前日)までの間に限り、同項に規定する標識とみなす。

(平21規則105・追加)

附 則(平成21年5月2日規則第105号)

この規則は、平成21年5月5日から施行する。

附 則(平成25年8月30日規則第55号)

この規則は、平成25年9月1日から施行する。ただし、第4条第2号の改正規定は、公布の日から施行する。

画像

画像

前橋市動物の愛護及び管理に関する規則

平成21年3月31日 規則第76号

(平成25年9月1日施行)