○前橋市立の小学校、中学校及び特別支援学校における林間学校等実施規程

平成21年3月31日

教育委員会訓令甲第1号

事務局

各教育機関

前橋市立の小学校、中学校及び特別支援学校における臨海学校及び林間学校実施規程(昭和50年前橋市教育委員会訓令甲第2号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規程は、前橋市立小学校、中学校及び特別支援学校管理規則(昭和50年前橋市教育委員会規則第1号)第12条の規定により前橋市立の小学校、中学校及び特別支援学校における林間学校その他の自然の中で行う集団宿泊活動(以下「林間学校等」という。)の実施について必要な事項を定めるものとする。

(基準)

第2条 林間学校等の実施は、次の基準によるものとする。

(1) 小学校

 第5学年において、2泊3日以上の林間学校等を行うこととする。

 児童の参加率は、在籍数の90パーセント以上とする。

(2) 中学校

 第1学年又は第2学年において、2泊3日以上の林間学校等を行うこととする。

 生徒の参加率は、在籍数の90パーセント以上とする。

(3) 特別支援学校

 林間学校等は、必要に応じて、2泊3日を限度として行うことができる。

 児童生徒の参加率は、在籍数の90パーセント以上とする。

2 前項の規定にかかわらず、教育委員会が必要と認めるときは、次に掲げる林間学校等を行うことができる。

(1) 前項に掲げる以外の学年における1泊2日以上の林間学校等

(2) 前項に掲げる以外の学年の林間学校等を2泊3日以上とするため、1泊2日で行う前項に掲げる学年の林間学校等

(実施にあたっての留意点)

第3条 林間学校等を実施する場合には、児童生徒の豊かな人間性及び社会性をはぐくむため、次に掲げる事項に留意するものとする。

(1) 各学校における体験学習の系統性を踏まえ、実施学年の発達段階に適した学習内容とすること。

(2) 児童生徒が、事前学習で活動のねらい及びその意義を理解し、事後学習で体験の共有、振り返り等を行うことで、その後の生活及び学習に生かせるようにすること。

(3) 豊かな自然の中で行う活動であることから、ゆっくり、たっぷりと、その自然と触れ合うことのできる自然体験活動となるよう配慮すること。

(引率者)

第4条 林間学校等の引率者の数は、1学級に対し、1人又は2人の比率の範囲内とする。

(手続)

第5条 林間学校等を実施する場合には、小学校、中学校及び特別支援学校にあっては、教育委員会の承認を受けなければならない。

2 承認申請は、実施の日の20日前までに行うものとする。

附 則

1 この訓令は、公表の日から施行する。

2 この訓令の公表の日から平成22年3月31日までの間の第2条第1項の規定の適用については、「2泊3日以上」とあるのは「1泊2日以上」とする。

前橋市立の小学校、中学校及び特別支援学校における林間学校等実施規程

平成21年3月31日 教育委員会訓令甲第1号

(平成21年3月31日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成21年3月31日 教育委員会訓令甲第1号