○前橋市景観条例等施行規則

平成22年3月29日

規則第22号

(趣旨)

第1条 この規則は、景観法(平成16年法律第110号。以下「法」という。)、景観法施行規則(平成16年国土交通省令第100号。以下「省令」という。)及び前橋市景観条例(平成22年前橋市条例第15号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則における用語の意義は、条例の例による。

(工作物)

第3条 条例第2条第2号に規定する市規則で定める工作物は、次に掲げるものとする。

(1) 門、垣、花壇、さく、擁壁その他これらに類するもの

(2) 高架水槽、冷却塔その他これらに類するもの

(3) 煙突、排気塔その他これらに類するもの

(4) 記念塔、装飾塔その他これらに類するもの

(5) 鉄筋コンクリート造、金属製又は木製の柱その他これらに類するもの(架空電線路用のもの、電気事業法(昭和39年法律第170号)第2条第1項第10号に規定する電気事業者及び同項第12号に規定する卸供給事業者が設置する保安通信設備用のもの並びに電気通信事業法(昭和59年法律第86号)第2条第1項第5号に規定する電気通信事業者が設置する電気通信用のものを除く。)

(6) 石油、ガス、穀物、飼料その他これらに類するものを貯蔵する施設

(7) 立体駐車場又は立体駐輪場(建築物に該当するものを除く。)

(8) コンクリートプラント、クラッシャープラントその他これらに類するもの

(9) 汚物処理場、ごみ焼却場その他の処理施設

(10) 前各号に定めるもののほか、市長が指定し、告示したもの

(景観づくり市民団体の認定要件)

第4条 条例第8条第1項第4号に規定する市規則で定める要件は、次のとおりとする。

(1) 団体の構成員の数が10人以上であること。

(2) 団体の構成員の過半数が市内に住所を有する者であること。

(3) 次に掲げる事項を規定する規約が定められていること。

 名称

 目的及び活動の内容

 事務所の所在地

 役員の定数、任期、職務の分担及び選任に関する事項

 構成員に関する事項

 会議に関する事項

 会計に関する事項

(認定の申請)

第5条 条例第8条第2項の規定による申請は、景観づくり市民団体認定申請書に次に掲げる書類を添付して、市長に提出することにより行うものとする。

(1) 規約

(2) 代表者及び構成員の氏名及び住所を記載した書類

(3) その他市長が必要があると認める書類

(認定の通知)

第6条 市長は、前条の規定による申請があったときは、速やかにその適否を決定し、景観づくり市民団体認定(不認定)通知書により、当該団体の代表者に通知するものとする。

(変更の届出)

第7条 条例第8条第3項の規定による届出は、景観づくり市民団体変更届出書を市長に提出することにより行うものとする。

(認定の取消しの通知)

第8条 市長は、条例第9条第1項の規定により景観づくり市民団体の認定を取り消したときは、景観づくり市民団体認定取消通知書により、当該団体の代表者に通知するものとする。

(重点地区景観計画に規定する事項)

第9条 条例第10条第2項に規定する市規則で定める事項は、次のとおりとする。

(1) 名称

(2) 区域

(3) 景観形成の方針

(4) その他市長が必要があると認める事項

(行為の届出)

第10条 省令第1条第1項に規定する届出書は、景観計画区域内行為届出書とする。

2 省令第1条第1項の規定により提出する書類は、正副2通とする。

3 省令第1条第1項の規定による届出書の提出は、当該届出に係る行為について建築確認(建築基準法(昭和25年法律第201号)第6条第1項及び同法第6条の2第1項に規定する確認をいう。以下同じ。)の申請を行おうとする日(当該手続を要しない行為である場合にあっては、当該行為に着手しようとする日)の30日前までに行うものとする。

4 省令第1条第1項の規定により景観計画区域内行為届出書に添付する図書のうち、第14条の規定により行為届出事前協議書に添付して提出したものについては、その添付を省略することができる。

5 法第16条第2項の規定による届出は、景観計画区域内行為変更届出書を市長に提出することにより行うものとする。

6 法第16条第5項の規定による通知は、建築基準法第18条第2項の規定による通知を行おうとする日(当該手続を要しない行為である場合にあっては、当該行為に着手しようとする日)の30日前までに、景観計画区域内行為通知書を市長に提出することにより行うものとする。

(行為の完了の届出)

第11条 法第16条第1項の規定による届出又は同条第5項の規定による通知をした者は、当該届出又は通知に係る行為を完了したときは、速やかに景観計画区域内行為完了届出書に次に掲げる書類を添付して、市長に提出しなければならない。

(1) 建築物、工作物又は広告物に係る行為の完了にあっては、当該建築物、工作物又は広告物を2方向以上から撮影した写真及びその敷地の写真

(2) 開発行為の完了にあっては、当該開発行為の区域の写真

(3) その他市長が必要があると認める書類

(図書)

第12条 条例第13条に規定する市規則で定める図書は、別表の左欄に掲げる行為の区分に応じ、同表の右欄に掲げるものとする。

(事前協議の対象となる行為)

第13条 条例第14条の規定によりあらかじめ市長と協議しなければならない行為は、次に掲げるものとする。

(1) 高さが13メートルを超え、又は延べ面積が1,000平方メートルを超える建築物の新築、増築、改築(増築又は改築により新たに当該規模を超えることとなる場合を除く。)若しくは移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更

(2) 高さが10メートル(当該工作物が建築物と一体になって設置される場合にあっては、その高さが5メートルかつ当該建築物の高さとの合計が10メートル)を超え、又は築造面積が1,000平方メートルを超える工作物の新設、増築、改築(増築又は改築により新たに当該規模を超えることとなる場合を含む。)若しくは移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更

(3) 高さが10メートル(当該広告物が建築物の屋上に設置される場合にあっては、その高さが5メートルかつ当該建築物の高さとの合計が13メートル)を超え、又は表示面積の合計が50平方メートルを超える広告物(建築物の壁面から突出して設置されるものを除く。)の表示、設置、改造、移転又は表示内容若しくは外観の変更

(4) 宅地分譲を目的としない土地の区画形質の変更で、当該変更に係る部分の面積が1,000平方メートルを超えるもの

(5) 土地の区画形質の変更による法面又は擁壁の築造で、当該築造に係る部分の高さが5メートルかつ長さが10メートルを超えるもの

(事前協議の届出)

第14条 条例第14条の規定による協議は、行為届出事前協議書に、省令第1条第2項各号に掲げる図書を添付して、正副2通を市長に提出することにより行うものとする。

2 前項の規定による書類の提出は、当該協議に係る行為について建築確認の申請又は建築基準法第18条第2項の規定による通知を行おうとする日(当該手続を要しない行為である場合にあっては、当該行為に着手しようとする日)の60日前までに行うものとする。

3 第1項の規定にかかわらず、市長は、添付する必要がないと認める図書については、その添付を省略させることができる。

4 市長は、行為届出事前協議書が提出されたときは、当該行為の内容について速やかに協議を行い、その結果を事前協議結果通知書により、当該協議をした者に通知するものとする。

(勧告書及び命令書)

第15条 法第16条第3項の規定による勧告は、勧告書により行うものとする。

2 法第17条第1項又は第5項の規定による命令は、命令書により行うものとする。

(身分証明書)

第16条 法第17条第8項に規定する証明書は、身分証明書とする。

(景観重要建造物指定提案書)

第17条 省令第7条第1項に規定する提案書は、景観重要建造物指定提案書とする。

(景観重要建造物の指定の通知等)

第18条 法第20条第3項の規定による通知は、景観重要建造物指定提案不採用通知書により行うものとする。

2 法第21条第1項の規定による通知は、景観重要建造物指定通知書により行うものとする。

3 法第21条第2項に規定する標識は、景観重要建造物標識とする。

4 前項の標識の設置場所は、当該景観重要建造物の所有者と協議をした上で決定するものとする。

(景観重要建造物の現状変更の許可の申請等)

第19条 省令第9条第1項に規定する申請書は、景観重要建造物現状変更行為許可申請書とする。

2 省令第9条第1項に規定により提出する書類は、正副2通とする。

3 法第22条第4項の規定による協議は、景観重要建造物現状変更行為協議書に省令第9条第2項各号に掲げる図書を添付して、正副2通を市長に提出することにより行うものとする。

4 市長は、法第22条第1項に規定する許可をしたときは、景観重要建造物現状変更行為許可通知書により、当該申請をした者に通知するものとする。

(景観重要建造物の状況の報告等)

第20条 条例第19条第1項第3号の規定による報告は、景観重要建造物状況点検結果報告書を市長に提出することにより行うものとする。

2 景観重要建造物の所有者又は管理者は、条例第19条第1項第3号の規定による点検を年1回以上行わなければならない。ただし、市長が適当と認めたときは、この限りでない。

(景観重要建造物の指定解除の通知)

第21条 法第27条第3項において準用する法第21条第1項の規定による通知は、景観重要建造物指定解除通知書により行うものとする。

(景観重要樹木指定提案書)

第22条 省令第12条第1項に規定する提案書は、景観重要樹木指定提案書とする。

(景観重要樹木の指定の通知等)

第23条 法第29条第3項の規定による通知は、景観重要樹木指定提案不採用通知書により行うものとする。

2 法第30条第1項の規定による通知は、景観重要樹木指定通知書により行うものとする。

3 法第30条第2項に規定する標識は、景観重要樹木標識とする。

4 第18条第4項の規定は、前項の標識の設置場所について準用する。

(景観重要樹木の現状変更の許可の申請等)

第24条 省令第14条に規定する申請書は、景観重要樹木現状変更行為許可申請書とする。

2 省令第14条第1項の規定により提出する書類は、正副2通とする。

3 法第31条第2項の規定により準用する法第22条第4項の規定による協議は、景観重要樹木現状変更行為協議書に省令第14条第2項各号に掲げる図書を添付して、正副2通を市長に提出することにより行うものとする。

4 市長は、法第31条第1項に規定する許可をしたときは、景観重要樹木現状変更行為許可通知書により、当該申請をした者に通知するものとする。

(景観重要樹木の状況の報告等)

第25条 条例第21条第1項第3号の規定による報告は、景観重要樹木状況点検結果報告書を市長に提出することにより行うものとする。

2 景観重要樹木の所有者又は管理者は、条例第21条第1項第3号の規定による点検を年1回以上行わなければならない。ただし、市長が適当と認めたときは、この限りでない。

(景観重要樹木の指定解除の通知)

第26条 法第35条第3項において準用する法第30条第1項の規定による通知は、景観重要樹木指定解除通知書により行うものとする。

(書類の様式)

第27条 次に掲げる書類の様式は、別に定める。

(1) 景観づくり市民団体認定申請書

(2) 景観づくり市民団体認定(不認定)通知書

(3) 景観づくり市民団体変更届出書

(4) 景観づくり市民団体認定取消通知書

(5) 景観計画区域内行為届出書

(6) 景観計画区域内行為変更届出書

(7) 景観計画区域内行為通知書

(8) 景観計画区域内行為完了届出書

(9) 行為届出事前協議書

(10) 事前協議結果通知書

(11) 勧告書

(12) 命令書

(13) 身分証明書

(14) 景観重要建造物指定提案書

(15) 景観重要建造物指定提案不採用通知書

(16) 景観重要建造物指定通知書

(17) 景観重要建造物標識

(18) 景観重要建造物現状変更行為許可申請書

(19) 景観重要建造物現状変更行為協議書

(20) 景観重要建造物現状変更行為許可通知書

(21) 景観重要建造物状況点検結果報告書

(22) 景観重要建造物指定解除通知書

(23) 景観重要樹木指定提案書

(24) 景観重要樹木指定提案不採用通知書

(25) 景観重要樹木指定通知書

(26) 景観重要樹木標識

(27) 景観重要樹木現状変更行為許可申請書

(28) 景観重要樹木現状変更行為協議書

(29) 景観重要樹木現状変更行為許可通知書

(30) 景観重要樹木状況点検結果報告書

(31) 景観重要樹木指定解除通知書

(その他)

第28条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

1 この規則は、平成22年7月1日から施行する。

2 前橋市都市景観条例施行規則(平成5年前橋市規則第32号)は、廃止する。

3 この規則の施行の日から60日を経過する日までの間における第10条第3項及び第6項並びに第14条第2項の規定の適用については、第10条第3項及び第6項中「の30日前までに」とあり、並びに第14条第2項中「の60日前までに」とあるのは、「までに」とする。

附 則(平成30年3月29日規則第15号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第12条関係)

(平30規則15・一部改正)

行為の区分

図書

種類

縮尺

明示すべき事項

建築物の新築、増築、改築若しくは移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更

各階の平面図

200分の1以上

 

景観形成報告書

 

設計において景観形成のために考慮した事項

完成予想図

 

建築物とその周辺のまちなみの状況が分かるもの

工作物の新設、増築、改築若しくは移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更

平面図

200分の1以上

主要部分の材料の種別

景観形成報告書

 

設計において景観形成のために考慮した事項

完成予想図

 

工作物とその周辺のまちなみの状況が分かるもの

広告物の表示、設置、改造、移転又は表示内容若しくは外観の変更

意匠図

200分の1以上

仕上方法及び色彩(建物と一体のときは、建物についても記載すること。)

景観形成報告書

 

設計において景観形成のために考慮した事項

完成予想図

 

広告物とその周辺のまちなみの状況が分かるもの

土地の区画形質の変更

地形図

2,500分の1以上

 

平面図

500分の1以上

変更の前後

断面図

500分の1以上

変更の前後

法面断面図

50分の1以上

変更の前後(法面処理材を明記すること。)

植栽計画図

200分の1以上

保存又は伐採する木竹等の位置及び名称

景観形成報告書

 

設計において景観形成のために考慮した事項

完成予想図

 

変更後の土地とその周辺のまちなみの状況が分かるもの

土地の区画形質の変更による法面又は擁壁の築造

地形図

2,500分の1以上

 

平面図

500分の1以上

変更の前後

法面断面図

50分の1以上

変更の前後(法面処理材を明記すること。)

完成予想図

 

法面又は擁壁とその周辺のまちなみの状況が分かるもの

自動販売機の新設、増設若しくは移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更

平面図

200分の1以上


景観形成報告書


設計において景観形成のために考慮した事項

完成予想図


自動販売機とその周辺のまちなみの状況が分かるもの

物置(建築物に該当するものを除く。)の新設、増設若しくは移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更

平面図

200分の1以上


景観形成報告書


設計において景観形成のために考慮した事項

完成予想図


物置とその周辺のまちなみの状況が分かるもの

太陽光発電設備の新設、増設若しくは移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更

平面図

200分の1以上


景観形成報告書


設計において景観形成のために考慮した事項

完成予想図


太陽光発電設備とその周辺のまちなみの状況が分かるもの

平面駐車場の新設又は増設

平面図

200分の1以上


景観形成報告書


設計において景観形成のために考慮した事項

完成予想図


平面駐車場とその周辺のまちなみの状況が分かるもの

資材置場の新設又は増設

平面図

200分の1以上


景観形成報告書


設計において景観形成のために考慮した事項

完成予想図


資材置場とその周辺のまちなみの状況が分かるもの

前橋市景観条例等施行規則

平成22年3月29日 規則第22号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第11編 設/第5章 都市計画
沿革情報
平成22年3月29日 規則第22号
平成30年3月29日 規則第15号