○前橋市学校給食費徴収規則

平成25年3月15日

規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、学校給食法(昭和29年法律第160号)第11条第2項に規定する学校給食費及び前橋市立幼稚園における給食の実施に係る給食費並びに前橋市学校給食共同調理場の給食を受ける職員に係る給食費(以下「学校給食費」という。)の徴収に関し必要な事項を定めるものとする。

(平29規則37・一部改正)

(学校給食費の徴収対象者)

第2条 学校給食費の徴収対象者は、次に掲げる者とする。

(1) 前橋市立幼稚園、小学校、中学校又は特別支援学校に在学し、学校給食を受ける幼児、児童又は生徒(以下「児童生徒等」という。)の保護者(学校教育法(昭和22年法律第26号)第16条の保護者及びこれに準ずる者として市長が認めた者をいう。以下「保護者」という。)

(2) 前橋市立幼稚園、小学校、中学校又は特別支援学校に勤務し、学校給食を受ける者

(3) 前橋市学校給食共同調理場に勤務し、学校給食を受ける者

(4) 前3号に掲げる者のほか、市長が必要と認めて学校給食を受ける者

(平27規則23・平29規則37・一部改正)

(学校給食費の日額)

第3条 前条の規定により徴収する学校給食費の日額は、別表のとおりとする。

(学校給食費の納付等)

第4条 第2条各号に掲げる者は、別表に規定する日額に、その年度において学校給食を受ける日数を乗じて得た額(以下「納付年額」という。)を11回で分割した額(以下「納付月額」という。)を納付期限までに納付しなければならない。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、納付年額の分割回数を減らすことができる。

2 前項の納付期限は、8月を除く4月から翌年3月までの各月の末日とする。ただし、納付期限が銀行法(昭和56年法律第59号)第15条第1項に規定する銀行の休日に該当する場合にあっては、これらの日の翌日を納付期限とする。

3 市長は、前項の納付期限により難いと認めるときは、別に納付期限を定めることができる。

(平29規則37・一部改正)

(学校給食費の減免等)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、学校給食費を減額し、又は免除することができる。

(1) 徴収対象者が災害等により納付の資力を失ったとき。

(2) 児童生徒等又は第2条第2号及び第3号に規定する者が病気や事故等により学校給食を受けないとき。

(3) 児童生徒等又は第2条第2号及び第3号に規定する者が食物アレルギー等により学校給食を受けないとき。

(4) 前各号に掲げるもののほか、市長が特別な理由があると認めるとき。

2 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、学校給食費を徴収しない。

(1) 災害等により学校給食を実施しなかったとき。

(2) 学級閉鎖又は学年閉鎖により学校給食を実施しなかったとき。

(3) 転出入等により月の一部の学校給食を実施しなかったとき。

(4) 前各号に掲げるもののほか、市長が特別な理由があると認めるとき。

3 第1項の規定により学校給食費の減免を受けようとする者又は学校給食費の減免を解除しようとする者は、市長に届け出なければならない。

(平29規則37・全改、平30規則22・一部改正)

(納付月額の変更)

第6条 前条第1項の規定により市長が学校給食費を減額することを認めた場合は、減額することを認めた額を分割し、各月の納付月額から減じるものとする。

2 前条第2項の規定により市長が学校給食費を徴収しないことを認めた場合は、徴収しないことを認めた額を3月(市外転出等により年度の途中に給食を終了したときは、その終了した月。以下「最終月」という。)の納付月額から減じるものとする。この場合において、市長が徴収しないことを認めた額が最終月の納付月額を超える場合は、最終月の直近の月の納付月額から順に、当該超える額を減額する。

3 前項の規定にかかわらず、市長がこれにより難いと認めるときは、各月の納付月額から減額すべき学校給食費の額を分割して減額することができる。

(平30規則22・全改)

(学校給食費の還付及び充当)

第7条 前条第1項又は第3項の規定による減額をすることができないときは、当該減額すべき額を還付する。この場合において、未納の学校給食費がある場合は、当該還付金を未納に係る学校給食費に充当することができる。

2 前項の規定は、徴収対象者の責に帰すべき事由により生じた過納又は誤納においても適用する。

(平29規則37・追加、平30規則22・一部改正)

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

(平29規則37・旧第6条繰下)

附 則

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日規則第23号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日規則第37号)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

2 改正後の前橋市学校給食費徴収規則の規定は、平成29年度以後の年度分の学校給食費の徴収について適用し、平成28年度分までの学校給食費の徴収については、なお従前の例による。

3 平成29年度分の学校給食費の納付期限に係る改正後の第4条第2項の規定の適用については、同項中「8月を除く4月から翌年3月」とあるのは、「5月から翌年3月」とする。

附 則(平成30年3月30日規則第22号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第3条、第4条関係)

(平27規則23・一部改正)

区分

日額

保護者

前橋市立幼稚園

230円

前橋市立小学校及び特別支援学校小学部

240円

前橋市立中学校及び特別支援学校中学部

290円

第2条第2号に掲げる者のうち、前橋市立幼稚園、小学校又は特別支援学校小学部に勤務し、学校給食を受ける者

240円

第2条第2号に掲げる者のうち、前橋市立中学校又は特別支援学校中学部に勤務し、学校給食を受ける者

290円

第2条第3号に掲げる者

240円

第2条第4号に掲げる者

学校給食の実施内容に応じた上記区分の金額

前橋市学校給食費徴収規則

平成25年3月15日 規則第11号

(平成30年4月1日施行)