○水と緑と詩のまち前橋文学館処務規程

平成28年3月30日

訓令甲第6号

前橋文学館

(趣旨)

第1条 この訓令は、別に定めるもののほか、水と緑と詩のまち前橋文学館(以下「前橋文学館」という。)の事務処理、職員の服務等について必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 前橋文学館に次の職員を置く。

(1) 館長

(2) 副館長

(3) 事務職員

(4) 学芸員

(職務)

第3条 館長は、上司の命を受けて前橋文学館の事務を統括する。

2 副館長は、上司の命を受けて前橋文学館の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

3 事務職員及び学芸員は、副館長の命を受けて事務に従事する。

(備える帳簿)

第4条 前橋文学館に業務日誌その他必要な書類を備え、常にこれを整備しておかなければならない。

(諸報告)

第5条 副館長は、毎月5日までに前月の業務状況等を文化スポーツ観光部文化国際課長に報告しなければならない。

附 則

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

水と緑と詩のまち前橋文学館処務規程

平成28年3月30日 訓令甲第6号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第6節
沿革情報
平成28年3月30日 訓令甲第6号